fc2ブログ
 小山本家 蔵そだち 20180629 
リンク動画について
自分は日本酒党だが、本日は愛飲している「蔵そだち」を動画投稿者に語ってもらうことにした。この酒はアルコール度が14パーセントとけして濃い酒ではない。それでも魅力を感じるのは安酒に有り勝ちな'旨み'を失ってない点である。投稿者は「香りが穏やか」と言っているが、ここで言う香りはフルーティという意味ではない。わかりやすく言えば癖がなくて、多くの人に満足感を与えうる酒ということである。

ちなみに投稿者は2リッター入りの紙パックの値段(マミーマートで購入)を¥678(リッター当たり¥339)としているが、自分は3リッター入りの紙パックを¥915(リッター当たり¥339)でドン・キホーテで購入している。この価格(一合:180CC)当たりの単価の¥61は驚異的である。


1月10日現在(19位/734サイト中)
大変お手数ですがクリックお願い致します。



横町挨拶
1891年生まれの自分の祖父は日本酒をこよなく愛した人物でした。自分はそんな祖父を深く敬愛しています。窮地に追い込まれて、真っ先に想い浮かぶことは「この局面なら、祖父はどう対応するのか?」ということです。知る限りに於いて、自分は祖父が声を荒げたり、取り乱したことを一度も見たことがございません。これが祖父の全てとまでは申しませんが、少なくとも自分の前では絶対に弱みを見せることのない人物でした。幼少期の自分は毎日晩酌している祖父を見たわけですが、自分には祖父の笑顔しか思い当たらないのです。それだけで祖父の鷹揚且つ強かな生き様が偲ばれます。

※生家横町前(2010年5月撮影)

間もなく自分が幼少期だった頃の祖父の年齢に近づきますが、自分もそんな祖父に恥ずかしくないような年相応の人物で居たいと認識しております。これは自分の想像ですが、祖父は高祖父T(1835~1900)や曽祖父G(1863~1935)から気丈さを受け継いだものと推察しております。父が早世したとき、祖父は少しも取り乱すことがなかった。又、庭で飼っていた鶏を潰す時、自分にその刹那を見せることは絶対になかった。自分はここに祖父の武士のような強さと孫への優しさを彷彿とするのです。

大変遺憾ながら、自分は50を前にして欝を発症し、社会の藻屑となり消えようとしたことがございましたが、これに流されなかったのは’祖父から受け継いだ気丈さのお陰’に相違ないと受け止めております。自分はそんな偉大な祖父に永遠に追いつけないのかも知れません。それでも自分は今宵「蔵そだち」のもたらす心地良い酔いに己の心情を委ね、祖父の境地に少しでも近づくことを祈念して瞑想に浸りたい所存です。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。





大変お手数ですがクリックお願い致します。(1/10現在20位/122サイト中)

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)