fc2ブログ
息子との県南部ドライブ
2月最後となった昨日、私は息子を誘い県南部へと車を走らせた。最初に訪れたのは亘理町の鳥の海(内潟の地形を活かした港)である。写真は一昨年の秋から再開した亘理温泉鳥の海である。次の目的地があるので温泉には入らずに、広大なロケーションを楽しんだあとで港に向かった。

港で一匹の野良猫を発見。大きさからいってまだ、成猫になりきっていない若猫である。この若猫
は人に慣れており、大変可愛い。そして我々が移動してもしつこく付きまとってくる(笑)私は息子とともに、後ろ髪を引かれる思いで次の目的地に向かった。

鳥の海の次に訪れたのは第三セクター運営の阿武隈急行の丸森駅である。非常にローカルな雰囲気とゆるキャラのイラストの入った列車には癒される。


昨日訪れた地域をgoogleの地図で仙台との位置関係を確認して頂きたい。
赤:亘理町鳥の海
黄色:丸森町
仙台~丸森の距離は約50キロである。

昼食は丸森町の目抜き通りにある「まんま亭楽」でとることにした。時刻は既に13時を回っていたが、大部屋のほうは法事と見られる客で満員であった。

私と息子は別室のほうで郷土料理を頂くことにした。手打ちの田舎蕎麦はなかなか仙台では食べれないような歯応え、風味であった。鰻の煮付けや天婦羅も絶品である。この地は宮城県の最南部の辺地でありながら、昔から物資の集まる地域で、この郷土料理「お任せ御膳」からはそんな丸森の豊かさを感じる気がした。

この後、まんま亭楽の向かいにある斎理屋敷に行った。その様子は長くなるので次回以降に回したい。

ミック挨拶
いよいよ今日から三月、三月は春の足音に心ときめく時節であると同時に、別れの季節でもごさいます。そして月初めと終りではまったく気候が違うのも特徴です。イギリスの古い諺に「三月はライオンのようにやって来る」というものがごさいます。イギリスは海流の影響で北緯の割りに雪が少ないものの、春には嵐がつきものと聞いております。

我が国の三月に於いても、時に春の嵐が吹き荒れる印象がごさいます。やはりいい季節はいっぺんにはやって来ないし、そういった試練や後戻りがあるから、本格的な春の訪れには一層魅力を感じ、感動に至るのだと思います。全国にお住まいのブロ友様の皆様からは、今から春三月の便りを心待ちにしております。本日も個人的な記事にお目通しを頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)