fc2ブログ
第7回ブログ棚卸
初めに
私は三年前から半年毎に、自分のブログの棚卸を履行し、これを公開している。棚卸をする期間は①二月中旬と②八月中旬である。恐らくYahoo blogで棚卸をやっているサイトは本ブログのみと察している。(他にも見かけたかたはお手数ですがお教えください。そのかたとコンタクトを取りたいと存じます。)

棚卸の動機
趣味の分野にあるブログであるが、読者様、ブロ友様の中にはなぜ手間と時間を掛けてまで、ブログの棚卸しをやるのか?と疑問に思うかたもお在りになることだろう。私はその大きな理由として
1、自己のブログを客観的視点でを捉えたい。(自分のブログがどういう傾向になってきているのかはなかなか見定めが難しい。)
2、私はブログを「大河の如し」と述べているが、現在に於いて己を贔屓にされているかたを把握し、その分析結果を今後の運営に活かしたいと考えている。
以上の2点を挙げたい。

最近半年間に更新した記事数
2016年8月14日から本日2017年2月15日まで新たに更新した記事数は1707-1583=124記事である。一日当りの平均更新数=124÷185=0.67記事となり、ほぼ三日に二回の頻度である。前回が0.58回なので0.09増えている。原因は昨年末に定年退職を迎えてブログと向かい合う時間が増え、更新頻度が増したものと捉えている。

お気に入りとファン管理

現在のお気に入りの数(自分が人様に行うもの)であるが、189人で半年前の180人よりも9人増えている。

現在のファン(人様が自分に対して行うもの)は、192人で半年前の189人よりも3人増えている。

書庫別更新回数の分析
これは本日に於ける書庫別累計である。

自作エッセイが22記事、ショートコースゴルフが19記事、ブラミックが15記事、Blogテクニックが11記事、仙台平野探検隊が6記事などとなっている。


カテゴリー別更新回数の分析
これは本日に於けるカテゴリー別累計である。

ここ半年に於ける記事のカテゴリー数では、ノンフィクション、エッセイが24記事、ゴルフが19記事、歴史が7記事、宮城県が7記事、福島県が3記事などとなっている。


訪問者数、コメント数の推移
※左が2016年8月14日のカウンター、右が本日2017年2月15日のカウンターである。

ここ半年間の訪問者は484,023-449,226=34,797人、一日平均訪問者=約188人

ここ半年間のコメント数は33,472-30,480=2,992コメント、一日平均コメント=16.2コメントである。











一日当りの平均訪問者数の推移は

2016年2月~8月が188人
なので訪問者に関してはここ一年半はほぼ横這いである。


また一日あたりの平均コメント数に関しては前回が13.8コメントなので一日あたり約2.4コメント増えたことになる。
一記事あたりの平均コメントは2,992÷124≒24だが、実際は古い記事へのコメントもあるので、実際は22コメントくらいと察している。即ち、凡そ22(22のうち、人様のコメントは半数の11)が、多い、少ないという基準(分水嶺)となる数字と受け止めている。


最後にブロ友様別コメントランキング(ここ一年間)
1位~17位のブロ友様

18位~35位のブロ友様

ミック挨拶
読者様、常連様に於いては日頃のご愛顧に感謝申し上げます。

ヤフーブログに於いては、昨今旧ガラケー式携帯電話からの閲覧が出来なくなるなどの逆風もごさいました。また昨今はフェイスブック、ツイッター、ラインの普及などでSNSの手段が広範囲に散らばった経緯もごさいました。こうしたことがヤフーブログの停滞に繋がっているのは残念ながら認めざるを得ません。

しかしながら、私はヤフーブログのメリットも捨て難いと認識しております。即ち、私は時折、自分のブログに創作物や読書感想などを掲載していますが、これはどうしても長文でDEEPなものとなるゆえ、他のSNSにないアドバンテージを感じているのです。今後はこのアドバンテージを活かして自分のやりたいことの良きパートナーとして行きたいと考えています。

ブロ友様と誼を通ずることは己のモチベーションに直結する。これは私の強い信念にごさいます。ここで言う「誼を通ずる」とは単に表面的な社交辞令を指すものではございません。私のブログはあくまでも持ちつ、持たれつのスタンスを貫くことを意味します。然らば、万一ブロ友様が誹謗中傷などを受け、窮地に陥った際は今度は私が助ける側に回ります。

その節は最善を尽くしブロ友様をお守りするいことをここに表明致します。私は既に窮地に陥ったブロ友様数名に対してレスキューに回った経緯がごさいます。また自分自身も8ヶ月前に誹謗中傷を受け、揺るがぬ信念と倫理観をもってこれを跳ね除けて参りました。ブログ倦怠期を迎えられたブロ友様にも、何か少しでもお役に立つことがあればと考えております。そういう際は忌憚のないご意見を賜りたいと存じます。

どうしても価値観の合わず別れた皆様、私の未熟さ、不徳のために別れとなり大変申し訳ございません。但し、人間は年とともに変われるものと認識しております。従って修行を積んだ数年後には、皆さんに今の自分と異なったミックをお見せできるかも知れません。その節は改めまして、宜しくお願い申し上げます。最後に、お得意様、ブロ友様のブログが益々発展することを祈念し、7回目の棚卸を迎えた私の挨拶と致します。本日もご拝読を賜りありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)