fc2ブログ
久しぶりのショートコースゴルフ
本日はホームグランドの青葉山ゴルフ練習場に行った。今年に入ってこのコースでラウンドするのは一ヶ月ぶりである。1番ホール(100ヤード)でティショットする私である。雪が融けたばかりで、芝生はたっぷりと水を吸っていて、あまりいいコンディションではなかった。

2番ホール(161ヤード)でアプローチショットする息子。この日の最高気温は6度ほどでウインドブレーカーが欲しい寒さであった。

4番ホール(121ヤード)でティーショットする私。この時はグリーン左に外してしまった。寒さの為か?今ひとつショットにキレがない;

8番ホール(70ヤード)をティーショットする息子。

この後、青葉区川内のまんじゅえんという中華料理屋に行った。息子が頼んだのはカニチャーハンである。

私が頼んだのはマーボー飯とラーメンセットである。ボリュームも味も及第点であった。

本日のスコアを公表する。初めて息子に先を越されてしまった(笑)

ミック挨拶
私のブロ友様には北海道や秋田、庄内、石川、富山にお住まいの方もいらっしゃいます。従ってそういうかたがたに雪のない写真をお見せするのは、何か申し訳ない気が致します。本日は三寒四温で言えば三寒のほうに入る日でしたが、我が仙台では、日もすっかり長くなり早春の趣を十分に感ずる一日でした。私は執筆活動や読書とウォーキングなどの運動をバランスよく組み合わせて定年後を過ごしていますが、ウォーキングで足腰を鍛えることはゴルフを続ける上で欠かせないことです。従ってウォーキングも目的意識を持ってすることができます。

このような生活リズムと室内暖房をしないこと(凍えた手先を時たま電気ストーブで温める程度)で、風邪をひきにくい体質が得られました。冬を制するというよりも冬に親しむという表現のほうが近い気が致します。或るブロ友様は「風に折られる喬木よりも風になびくしなやかな柳を目指したほうがいい」と仰せになりました。ここ、二三年の私の冬場の過ごしかたはそのかたの言葉からヒントを得た気が致します。寒波は来ているものの、それが過ぎ去れば、三寒四温のうちの温のほうが来て、少しは春らしくなるのではないでしょうか?早春という言葉が日増しに相応しくなることに心ときめくものを感じる昨今にごさいます。本日もご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)