fc2ブログ
本日の春探し
後一週間で節分である。この時期になると全国に散らばるブロ友様から続々と花便りが届く。特に温暖な地域にお住まいのかたからはヒヤシンスやパンジーや梅の開花などが届いている。残念ながら、我が仙台に於いて梅の花が咲くのは3月ゆえ、まだまだ先である。

それでも何か春の兆しを感ずるものはないか…片鱗でもいい。私はそんな思いに駆られて愛車に跨った。足元は建設現場用のブーツである。バイクに乗るとき、心の隙は油断となり装備にも現れる。従って、ほんの近場以外はプロテクター(肘宛、膝宛)は欠かさないようにしている。

私がバイクでやってきたのは北山五山の一つ輪王寺である。輪王寺の日本庭園に春
の兆しを探すのが本日の目的である。

庭園の北側には東屋があるが、木で葺かれた屋根がわびさびの風情を醸し出しており、私は暫し目を奪われた。

白い小石が敷き詰められた庭(枯山水)は水辺を模したもの(見立て)であると聞いたことがある。見立ては茶道にもあるが、枯山水も我が国の古き良き財産と受け止めている。

日なたぼっこする野良猫。頭を掻く仕草が可愛い(笑)恐らく、動物的な勘で春が近いのを察しているのだろう。

これは杉苔である。但し、苔は一年を通して緑色なので必ずしも春の気配とは言えない気がする。

ミック挨拶
本日は入場料¥300を払い、輪王寺の日本庭園に行きました。大変残念ながら植物からは春を感じることは出来ませんでした;冬至を一ヶ月以上過ぎ太陽高度が高くなってきたのはひしひしと感じる昨今ですが、それ以外で春を身近に感じたのが、唯一野良猫
ののほほんとした動作でした(笑)

ブロ友の皆様に於いては、もし宜しければご自身の地域で春近しを感じることがごさいましたら、どんな些細なことでもいいのでお知らせください。尚、北国、雪国にお住まいのブロ友様に於かれましては、私の本日の記事がやや能天気な指向となったことを何卒御容赦ください。本日もご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)