fc2ブログ
 2007 日本シニアオープン 青木功 エージシュート達成! 
リンク動画について
ゴルフをしないかたには大変申し訳ないが、私はこの動画に登場する青木功(往時65歳)が好きである。2007年の11月のシニアオープンでエイジシュート(年齢と同じ以下で18ホールを廻ること)を達成した際の彼は正に光り輝いていた。特に1分30秒~2分10秒くらいにかけての彼のドライバーショットは今の自分の手本となるショットである。彼のワッグル(体を左右に動かして力を抜く動作)をイメージすることで力みが抜け、自分でも驚くほどのショット(方向性を重視したショット)が実現できる。これは去る12月26日に角田市民ゴルフ場で経験したことである。

ゴルフと言うのは大変不思議なスポーツである。力いっぱい打ったショットよりも6割~7割くらいの力で打ったほうが断然飛距離も出るし、方向性もいいのである。2007年のシニアオープンで青木功のこのショットを見ると、改めてその普遍性を痛感するのである。彼はワッグルで力を抜いて、勝負どころの18番ホールで非常にいい場所にドライバーショットをもってきたのである。

ブログ村へのリンク





仕事においてプライベートにおいて、自分は以前から力が入りすぎるきらいがあった。(ブロ友様から指摘を受けたこともあった)然らば、ようやくこの年になって脱力することの大切さがわかってきた気がするのである。昨年の12月26日の角田市民ゴルフ場では、スコアにこそ繋がらなかったが、大きな手ごたえを感じたラウンドが出来た気がする。これを新たなテーマと捉え、自分への追い風として行きたい所存である。

1月5日現在人気ブログランキングにおける順位


人気ブログランキングへのリンク




宜しければクリックをお願い致します。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
横町挨拶
65歳までまだ少しございますが、それまで青木功のような心境になりたいと心得ます。それは公私に及んでということです。「老いて盛ん」という言葉がございますが、65歳時にエイジシュートで優勝した青木功にはその言葉を思い浮かべます。スコアではとても及びませんが、自分も2007年のシニアオープンで優勝した青木功にあやかり、その境地に近づいて参りたい所存です。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)