fc2ブログ
 The Who ''You Better You Bet'' (Album Version) from "Face Dances" March 16,1981 
リンク曲について
気に入っていながら、題名のわからない曲というのは未練が残るものである。ならば、もう二度と聞けないと思っていた曲に再び出遭うことは奇跡であるとともに、正に歓極まることである。自分はそんな不思議な体験をここ半年ほどの間に二度も経験した。
一曲目はE.L,QのTwilight(トワイライト:洋楽ロック)二曲目はシベリウスのフィンランディア(クラシック)である。二度あることは三度あると言うが、本日は80年代初頭にHITしたThe Who(フー)の意中の曲と出会った。You Better You Betである。曲は1981年3月に演奏されたものだが、この頃の自分はバリバリだった(笑)

それはさておき、新年早々縁起の良いことだと思っている。夢を見ることのほとんどない自分だが、この意中の曲を夢とするならば、縁起のいい初夢なのかも知れない。初夢で縁起のいいのは昔から、一富士
、二鷹
、三茄子
となっている。なぜ三に茄子が来るのか全くわからないが、You Better You Betは自分の中では富士か鷹に匹敵するほど長年待ちわびた曲である。記事をUPするまでに晩酌を始めるつもりだが、今宵は元日早々、最高の合わせとなりそうな予感

である。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
元日の私の放浪癖は以前にも紹介したことがあったが、本日は雪がないのを幸いに、性懲りもなく放浪に至った。最初に向かった場所は昨年と同じ青葉区一番町のサンマルクカフェである。この店は朝カフェの店でもあり、すっかり顔馴染みのカフェだが、元日でも休みにならないのは大変有難いことである。

8時開店で到着時刻が8時15分ということもあり一番乗りこそ逸したが、それでも店内はガラガラであった。読書や執筆には最高のシチュエーションである。

本日は普段の倍の2時間滞在した。オーダーしたのはピザ風パンとアメリカンコーヒー(Sサイズ)である。アメリカンコーヒーをお代わりしたのでTOTALコストは¥800ほどとなった。

本日は元日ということもあり、肩の凝らない本を読んだ。作家の酒(平凡社)は井伏鱒二(1898~1993)の酒豪ぶりが紹介されていて、写真(出入りの居酒屋、好みの酒、肴)も多く大変面白かった。尚、この本には井伏鱒二以外にも数人の酒好きの作家が紹介されている。ここで井伏鱒二の酒事情について語れば長くなるので、後日、記事を改めて紹介したい。

10時15分頃店を出て一番町通りを南に向かった。着物姿のペアが歩いていて、なかなか微笑ましい。そう言えば井伏鱒二も着物を羽織ることが多い作家だった。

Google3D立体画像で本日の歩行ルートを確認して頂きたい。
赤:往路
黄色:復路
TOTAL歩行距離≒8キロ(歩行時間より推定)

ここは文化横丁と言って帰宅途中のサラリーマンが立ち寄る場所である。井伏鱒二もこういう庶民的な居酒屋や屋台を好んだという。

ビル街を更に南に進み、閑静な住宅地(米ヶ袋)を通って向かったのは縛り地蔵(烈士と言われた仙台藩士・伊東七十郎を祀った神社)である。
伊東七十郎についてお知りになりたいかたは拙記事(2014.5,27更新)をご覧頂きたい。

横町挨拶
本日は雪のない元日のメリットを活かしたウォーキングが出来ました。雪の多い地方に住んでいらっしゃるブロ友様には、大変申し訳ないと思っています。そろそろ晩酌を始めたいと思いますが、もちろん音楽つき(三十数年ぶりに出遭ったフーのYou Better You Bet)です。

然らば元日早々幸先のいいSTARTが切れたと思っています。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)