fc2ブログ
ミック流・全国のブロ友様への応え方
もし、人様から突然「あなたにとっての宝物は何か?」と聞かれたら、迷わずに「全国にお住まいのブロ友様です」と答えることだろう。私は高いモチベーションをキープしつつ、ブログを運営するにはブロ友様の存在は不可欠と受け止めている。幸い、今の私には北海道から九州に至るまで多くのブロ友様が居られる。嬉しいことに、最近まで一人だった四国のブロ友様が、また一人増えて二名様となった。私は、そのかたから入ってくる情報を毎日心待ちにしている。
※現在のブロ友様の所在地

そんな折に、ブロ友様かたがたに厚誼を尽くすために取り組んでいることがある。それが本日紹介する司馬遼太郎著作の「街道をゆく」シリーズの読書(敢て読破とは言わない)である。ブロ友様との親睦を一層深める為には、相手様の土地柄をよく理解することである。本書はそれを把握する上で恰好の著物と認識している。孫子の兵法に「彼を知り、己を知らば百戦危うからず」と言う言葉があった。然らば、自分のことをああだこうだ述べる前に、先ずは相手のことを知るのが一番と感じている。

さて、もう一つだけ今の私がブログで心がけていることを率直に述べたい。それは司馬遼太郎が述べているように、日本人には特有の倫理観(武士道に礎を発したもの)があるということである。

日本人にとっての「特有の倫理観」とは果たして何なのだろう?これは欧米に代表される個人主義とは異なり、公の中の個人の在り方を問うものと私は考えている。これをSNS(ブログを含めたインターネット社会)に反映するならば「己を控えることで人様の名誉を損じないこと」と認識している。フランクに走るのも悪くないが、その前に為すべきことは「人様との信頼関係を築く」ことである。私はこれを己のブログのポリシーに掲げ、皆様とともに快適で愉しいブログライフを満喫したいと思っている。

ミック挨拶
読者の皆様、そしてブロ友様、冒頭でも述べましたが、ブログの運営のモチベーションはけして受動からだけでは得られません。然らば能動的に人様のブログを訪問し、己の知らない分野に於いて、様々な教えを被りたいと存じます。私は「自ら打って出るスタンス」即ち、武士道的指向を心がけ、理想的なギブ&テイクの関係を構築して行きたいと考えています。改めまして、宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日もご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)