fc2ブログ
十月二度目のショートコースゴルフ
今日の仙台地方は快晴とは言い難いものの、時折青空に恵まれ暑くも寒くもない天候であった。私と息子はいつもの仙台市内唯一のショートコース場である青葉山ゴルフ練習場に向かった。打ち放し練習場のほうは週末ともあってご覧の通りの盛況ぶりであった。

打ち放し練習をする私。今日はいつもよりダフリ(クラブが地面をつくショット)が多かった気がする。私の場合、ダフリはどうしてもグリーンに乗せたいと思うときに出やすい傾向にあるようだ。

息子は最近握り方をインターロッキングから一般的なオーバーラッピングに変えた。インターロッキングは両手の一体感を出しやすいが、反面リストが使いにくく、どちらかと言うと非力な人や女性に向いているとされる握り方である。

息子がオーバーラッピングに変えた理由はリストを使って飛距離を出すためである。握りを変えた割にはまあまあのショットであったが、時折トップ(ボールの上を叩くショット)が出るようで、まだ完全に板についているとは言えないようであった。

40分ほど打ち放しで練習した後にコース(9ホール)に出ることにした。前の組とそのまた前の組は初心者らしく、進行がややゆっくりであった。

一番ホール(100ヤード)でティーショットを放つミック。グリーンを外し道の上に転がったが第2打をピンそばに寄せパーで上がった。

七番ホール(82ヤード)でティーショットする息子。息子前半の2ホールで大叩きし、ややスコアを落としたが、後半は踏ん張って持ち直した。

本日のスコアを公表する。私の38は凡庸なスコアであるが、息子の41は10月2日にマークした43を、2ストローク上回りベストスコア更新となった。以前にも増して実力伯仲となってきた感じがする。(笑)

息子のベストスコア更新を祝して、帰りがてらいつもの食堂(さわき)に立ち寄った。

私が頼んだのはオムそば大盛り(¥720)である。

息子が頼んだのはエビ玉入りお好み焼き(¥700)である。どちらも味も量も満足であった。

ミック挨拶
皆さん、ゴルフは一筋縄では上手くなりません。専門書などを読みますと、足腰を鍛えることはゴルフ上達には極めて有効なことと聞いています。私は今二つの地下鉄の路線を乗り継ぎ、これに自転車を組み合わせて通勤に及んでいますが、地下鉄はなるべくエスカレーターを使わず、階段を登り下りしています。また登りの際は階段を二段飛ばしして登っていますが、これはスクアットに近いトレーニング効果があるようです。足腰を鍛えることは健康維持にも有効なことなのでこれからも続けて行きたいと思っています。

ウインターシーズンとなる12月からは、ほとんどのゴルフ場が格安で利用できるので、息子とのラウンドする機会も増えそうです。私は今からそれを楽しみにしています。健康増進とゴルフ上達の二つを心の拠り所とし、日々の通勤で足腰のトレーニングに励みたいと考えています。本日もご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)