fc2ブログ
パター練習の出来る岩沼市のゴルフ練習場
きょうから彼岸に入ったが、台風16号接近に伴いきょうの宮城県南部の天候はすっきりしなかった。そして時折小雨の降る天候ゆえ、バスや電車の移動では傘が手放せない一日であった。こんな日は晴耕雨読に則り、相馬図書館にでもと思った矢先、インターネットを見ていた私の脳裏に別なことが浮かんだ。

それは亘理町の隣町の岩沼市の或るゴルフ練習場のことだった。そのゴルフ場は今まで一度も訪れたことがなかった。そうした物珍しさも頭の中にあったのだが、決定的なのは、その練習場がパター練習場を有していることであった。ゴルフを経験した人はおわかりと思うが、パターの上達はスコアアップに直結するものでゴルフの技術の中では大きなウエイトを占める部分である。そう言えば、わが息子も最近、部屋の中でパター練習をしていた。従って本日はいつしか息子と訪れることも視野に入れての新規練習場の訪問、開拓であった。

そんな私を見送ってくれたのは亘理駅の看板猫(野良猫?)である。この猫は珍しく二面性を持った猫である。体を撫でさせてくれるものの、撫でる時間が長くなったり、撫で方が悪いとたちまち機嫌を損ね、爪や牙を立てるのである。(笑)やや気難しさを感じさせる性格だが、一方でプライドの高さも彷彿する。従順な猫も悪くないが、こういう自我の強い猫も私は気に入っている。単なるジンクスかも知れないが、この猫を撫でた日はささやかではあるが、私の身にいいことが起きるのである。大変幸いにもきょうは撫でることができた。何かいいことが起きそうな予感を覚えつつ、私の気分は一気に高揚に至った。恐らくこういう猫を福猫と言うのだろう。

私は岩沼駅から南長谷方面行きの市民バスに乗って根方公会堂近くで降りた。周囲は山野に囲まれ、極めてローカルな環境である。

本日訪れた練習場は「岩沼ゴルフアカデミー」である。入り口にはこのような看板が掲げられている。

練習場に向かう小路で私の目をひいたのはギリシャ芸術を思わせるレプリカ彫刻の数々であった。

私が一番気に入ったのがこのナポレオン像である。「お前は何ものだ。名を名乗れ!」とでも話しかけてきそうなリアルさである。(笑)

岩沼ゴルフアカデミーのクラブハウス、この練習場はなだらかな丘陵地帯の麓に位置しているようである。

これがインターネットに謳われていたパター練習場(使用料:1時間¥200)である。あいにくの小雨模様ゆえ、今回は誰も使っていない様子であった。

オーナーと思しきかたに挨拶し、練習場に臨んだ。小雨にもかかわらずほぼ満員の入りは良心的な使用料(一球≒7円)によるところが大きいと見た。

正面のネットまでは250ヤード、そのネットの中程には300ヤードの幕が掲げられている。非常に解放感のあるビューが気に入った。

私は主に苦手としている3番ウッドの練習をした。片山晋呉を育てた江連忠氏はロングウッドはダウンブロー気味に打ち込むべしと語っている。なるほど、彼の言う通りにスイングすると低いながらも力強い弾道の球が出る。本日は彼の言うことが、少しだけわかった気ががした。

練習を終え、市民バスに乗車して再び岩沼駅に戻った。お昼はこの店(コーヒー&カレーハウス)で食べることにした。この店はかねてから下見しておいた意中の店である。

私はオーダーしたのはランチメニューの中のキーマカレーである。ご覧の通りグリンピースとひき肉がたっぷりと入り、ボリューム、味のバランスに秀でたものであった。店内では食事をしながら、女性オーナーと常連の女性と三人で一時間近く話し込んだ。やはり人間は年とともに変わるものである。若いときは人見知りが激しく、とてもこうした社交的な指向は在り得ないものであったが、これもシニアの特権なのかも知れない。(笑)

【サービスショット】間もなく仙台に帰ります。本日もご覧頂きありがとうございました。(約1.5倍に拡大可能)

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)