fc2ブログ
 Carlos Kleiber -Johann Strauss II "Die Fledermaus" 
リンク曲について
曲はヨハン・シュトラウスの「こうもり」である。クラシックを聴いて非日常のゾーンに入り、自己を客観視する。自分はそんな心境で御用納めの済んだ今日一日を振り返っている。

現役時代、自分は人間関係で悩んだことがあった。然るに、セカンドライフとなった今はすっかり肩の力が抜けてきた気がする。それだけ丸くなってきたのかも知れない。早いものでセカンドライフも丸二年が過ぎた。「光陰矢のごとし」と言われるが、これからは益々その速さに加速がついて行くことだろう。完全リタイヤまではまだ少しあるが、いざとなってその時を向かえて過去を振り返れば、あっという間なのかも知れない。

逆に言えばセカンドライフだからこそ、濃密な時間を過ごしたいと考えている。今の自分にとって濃密な生き方とは、史跡を巡ったり随筆や小説等に己の作品を残すということである。その為には知識を得ねばならない。自分はその為に毎朝出勤の前に1時間ほど、出入りのカフェに寄って行く。この時間は極めて至福である。先日永井荷風の生前のゾーン(毎日同じ店で同じ時間にカツ丼と日本酒を嗜む)を紹介したが、自分も荷風と似た拘りを持っている。

サンマルクカフェ仙台一番町店では、自分はいつもこの席に座っている。ここは店のほぼ中央に当たるが、周囲からの視線など殆ど感じない。それだけ読書や執筆に集中している証なのかも知れない。今は自分のルーツのことや若かりし頃の伊達政宗に勉学を教えた虎哉宗乙(こさいそういつ)和尚のことについての知識を仕入れている。

横町挨拶
仕事を抱えながら、一日一回ブログを更新する。これはけして容易ではございません。セカンドライフとなった今は週休三日ですが、休みの日はともかく、勤務のある月・火・木・金にステディに記事を更新するのは、結構根気の要ることです。それでも自分は記事を読んで頂けるかたの為にも頑張っています。

いよいよ今年も残すところ後三日となり、大詰めとなりました。目指すのは12月のブログ皆勤賞(31回更新)です。然らば明日からの六連休を一日たりとも無駄にすることなく有意義に過ごして参りたい所存です。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)