fc2ブログ
今月更新した二つの記事への反響に関する分析
以前はバイクブログだった私のブログの現状は歴史、文学、創作などに趣向が移ってきた。これによって他のサイト(観光の促進を目的とする地場に密着したホームページなど)からリンクされることがほとんどなくなった。これによって爆発的に訪問者が増えることは滅多になくなった。このあたりは少し寂しい気がするが一方では真のコンテンツ(底力)が求められるものとも感じている。

さて、下のデータはこれは一昨日に於ける拙ブログのアクセス解析の中の訪問者数とPVの推移である。今月の訪問者数を見ると二つの山(頂)が確認できるが、これについて本日は話を進めて行きたい。

※今回の記事に掲載した画像が見難い際はすべて拡大可能です。

先ずは最初の山のほうである。この日(8月19日)の訪問者数の合計は270人であった。記事アクセスランキングを見ると「除雪車とりんご畑農薬散布車」となっている。この記事は何と7年以上も前にアップした記事であった。年代的には40代~60代以上、性別では男性が大半を占めるようである。

これは2009年頃、仕事で津軽に行った際の朝の散歩で撮影した除雪車とりんご畑、農薬散布車を掲載した記事であった。77ヒットは最新記事の「田園に囲まれた長閑な常磐太田駅」の60ヒットを上回るものであった。誰が何の目的でアクセスしたか不明だが、運営者冥利に尽きる訪問者トピックスである。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
次に後半の山について分析したい。8月24日のアクセス(292HIT)で多かったのが佐藤為信(戦国時代に相馬から伊達に身を転じた一武将)に関するものであった。検索ワードの多くを閉める言葉(キーワード)は「佐藤為信」であった。この記事も年代的には40代~60代以上、性別では男性が大半を占めるようである。

これが佐藤為信の討ち死にを扱った記事である。アクセスしたのは歴史研究をされているかたなのか?それとも戦国物のゲーマーかは不明である。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ミック挨拶
観光地やグルメを取り上げることが少なくなり、大衆性から離れつつある本ブログにごさいますが、その分地道な精進が求められるものと捉えております。いつも記事をお読み頂いている常連様には大変感謝申し上げますが、こうした不特定のかたからのイレギュラーなアクセス(トピックス)も大いなる追い風となります。

私は更新した記事への反響に、都度一喜一憂することなく、視点をずっと先に見据え、長きに渡って人様に有効な情報を提供するブログを目指して参りたいと存じます。即ち、比熱の高いブログ(物質で言えば水のように熱しても冷め難いもの)にごさいます。

皆様、改めまして今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日もご覧頂きありがとうございました。


関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)