fc2ブログ
ミス仙台 二葉あき子 バージョン1
リンク曲「ミス仙台」について
「ミス仙台」は宮城県仙台市のご当地ソングとして、1936年( 昭和11年)に西條八十が作詩し、古関裕而が作曲した流行歌。通称「仙台小唄」。 歌い 出しの「森の都の花乙女」により、仙台の雅称「杜の都」を世に広めたものである。
この歌が流行した当時の仙台は戦前ゆえ、戦後生まれの私は知らない。本日は記事にちなんでリンク曲を「仙台七夕」もしくは「青葉城恋歌」としようと思ったが、YOU TUBEで「仙台を代表する歌」を検索したところ、この曲がTOPでヒットしたためリンクに及んだ次第である。

戦前の古き善き時代の情緒が戦後の歌である他の二曲を凌いだからである。画像には空襲に遭う前の仙台も登場するゆえ、宜しければご覧頂きたい。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
仙台七夕第二日目ダイジェスト版
仙台七夕二日目を迎えた本日、私は家族に所用を頼まれJR常磐線の二番電車で仙台駅に向かった。自宅に帰る前に繁華街に寄り道した。まだ混雑の始まらないうちに仙台七夕をカメラに収めたいと思ったのである。仙台駅構内には鐘崎の笹かまぼこの七夕飾りが掲げられていた。駅の玄関口を飾るに相応しい豪華な飾りつけである。

時刻はAM6時45分、目覚めたばかりの仙台駅であるが建物の前にはテント造りの店舗も設営されているが、残念ながら開店にはまだ早いようだ。

七夕祭りのメインは中央通りと一番町である。ここは中央通り(パピナ名掛町)で仙台駅側からもっとも近いスポットである。

パピナ名掛町の東二番町側から西に入るところのスポット。早朝ゆえ閑散としているが、昼間になれば大変な混雑となるのは必定である。

ミス仙台 二葉あき子 バージョン2
どうしてもこういう歴史物に興味が行く私である。(笑)これは今放映されている大河ドラマ「真田丸」にちなんだ飾りと見られる。左が真田雪村、右が片倉小十郎影綱(伊達政宗重臣)である。もちろん二人とも仙台では英雄である。

ポケモンGOが一世を風靡している折、ピカチュウの七夕飾りも見られた。若年層に圧倒的な人気があるようである。

仙台と言えばやはり伊達政宗公である。彼の甲冑と家紋の竹に雀は伊達藩の三つの家紋のうちの一つである。

ミス仙台 島倉千代子
ミック挨拶
お暑うごさいます。いよいよ盆休みも近くなりました。明日から3日出勤し、12日に有給を入れて11連休とされるかたもお在りかと察しております。盆休みと言えば先祖供養、里帰りが多いと存じますが、皆様に於かれましては、くれぐれも暑さと交通事故にはお気をつけになり、充実した盆休みを過ごされますことを祈念しております。本日もご覧頂きありがとうございました。


関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)