FC2ブログ
相馬の本城があった小高城址を訪ねて
去る7月16日、私はかつて相馬氏の本城があった小高城址(現:小高神社)を訪ねた。小高神社では毎年、相馬野馬追の最後に行われる野馬懸(のまかけ)が開催される場所である。今回小高を訪問した目的の一つが小高城跡(現小高神社)探訪であった。相馬野馬追を一週間後に控え、己のモチベーションを更に高揚に至らしめるのがその狙いである。

これは西側(前川上流)から見た小高城址の遠景である。周囲との比高は20メートルとそう高くない。

小高城址の石碑を左手に見ながら石段を登ると神社の境内に至る。

航空写真で小高城址(小高神社)をご覧頂きたい。(約1.7倍に拡大可能)

小高城は1326年(嘉暦元)の築城で原ノ町の牛越城に数年城を移した時を除いて、1611年まで相馬氏の本城として使われた城である。
小高城の概念図(東西約180メートル、南北130メートル)である。(陸奥の城様のサイトより引用)城下の南側を流れる川が航空写真の前川になる。

現在の小高神社の鳥瞰図と比べて頂きたい。

小高城の由来は古く築城は1326年(嘉暦元)に遡る。

小高神社の鳥居と本殿。野馬懸が行われる日にはこの鳥居の前が馬場になる。

相馬郷土研究で知られる岩崎敏夫氏によると相馬には六つの大きな危機があったと言われる。
①南北朝時代、北朝につき奥州相馬氏6代当主重胤と次男の光胤が南朝方の戦いに敗れて相次いで死んだこと
②隣国の伊達氏からたび重なる侵略を受けたこと
③関ヶ原の戦い後西軍(石田三成)に味方した疑いによる領地没収の危機
④18代当主大膳亮義胤公急死に伴う一家断絶の危機
⑤天明の飢饉による人口の激減(餓死、病死により人口は以前の三分の一となった)
戊辰戦争で相馬領地が焼け野原になる懸念

奥州相馬氏の家系図をご覧頂きたい。

岩崎氏は相馬が滅亡を免れた理由を次のように語っている。
A君主から家臣隅々に至るまで武士道と質素倹約が行き渡っていたこと
B兵農を兼ねた体制が整えられていたこと
C小藩であるがゆえの結束力
D優れた家臣の輩出
E二宮尊徳の御仕法導入(相次ぐ飢饉からの立ち直り)
F慈隆和尚の迎い入れ(戊辰戦争時の危機を回避)


本城が敷かれた小高に於いても相馬はかつて家の存亡を賭けるほどの重大な危機を迎えることがあった。
それは
1、南北朝時代の小高城落城
2、戦国末期の伊達政宗による領地侵攻時の玉砕覚悟の集結
であった。

これについて詳しく説明したい。
1、南北朝期の危機
1336年(建武3)北朝側についた相馬重胤(6代当主)は鎌倉で北畠顕家を相模国片瀬川に迎撃したが敗れ、一族の岡田胤康らが討ち死にし、重胤もまた鎌倉の法華堂下で自害している。同年、重胤の次男相馬光胤は小高に城を築き、宇多郡熊野堂城の中村広重と黒木城の黒木大膳亮正光を攻撃したが、そのすぐ後南朝方の北畠顕家が大軍で小高城を攻撃し落城させた。光胤はこの時、縁者や家臣とともに討ち死にする。
(但し、翌々年の1338年(建武5)重胤の孫・胤頼を擁した相馬が反撃に及び、小高城奪還に成功)


2、戦国時代末期の危機
1590年(天正18)伊達政宗から新地領を奪われ、窮地にたった相馬家中は和戦派と抗戦派の二つの意見に分かれた。この時隠居していた盛胤(15代当主)伊達の旗下となるの止むなしとの意見を述べたが、義胤(16代当主)伊達へ附随することなく断固抗戦を主張した。この時居合わせた一族郎党は一様にそうあるべきと同意し、感涙にむせび泣いたと言う。そして、その様子に心打たれた盛胤もこれに同意し、討死のお供をしようとして小高城に集まった者五百人近く(侍五十余人、町人百姓四百三十余人)になったと言う相馬は当に玉砕を覚悟しての結束であった。集結した者は妙見の神水を飲んで討ち死にの覚悟を誓い合ったという。

果たしてこの時、折しも豊臣秀吉による北条氏への小田原征伐が下され、伊達政宗を始め、相馬義胤も参陣を果たした。ここに相馬氏と伊達氏との積年にわたる抗争にようやく終止符がうたれ、相馬氏は危ういところで滅亡の危機を回避することができた。そして、小田原参陣を果たした義胤は豊臣秀吉に謁見し、「奥州仕置」の結果、宇多・行方・標葉三郡四万八千七百石を安堵されるに至ったのである。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
最後に南側の城下を見下ろしてみた。奥州相馬氏の祖とされる相馬重胤は下総(今の千葉県北部、茨城県南部)から下向してきたゆえ、彼はこの眺めをどんな気持ちで見たのか、興味の尽きないものがある。野馬追まであと五日と迫ったがモチベーション高揚に大きな成果を果たせた今回の小高城址探訪であった。

本日もご覧頂きありがとうございました。
関連記事

コメント

No title

こんにちは

相馬野馬追にとっては
大切な小高城址。時を選んでの訪問ですね。

小高城は山というより こんもりとした丘の上に
あったのですね。
そしてここで幾つもの試練を乗り越えていたのですね。

ほんとに小藩ながら 相馬藩の結束は素晴らしいですね。家臣をここまで結束させていた倫理は
何だったのだろうと考えますね。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
相馬野馬追が近づき小高城址の訪問、感極まるものが
ありますね。
時代の流れの中で多くの苦境や困難にぶつかり
その中でも屈せず結束を固めた心意気ににも
感動を覚えます。
大きな行事が地元に長年伝わり、それを観るために
多くの方の見物、そして地元の方の参加は
その意思が気持ちの中にも伝わっているからなのでしょうね。
当日の相馬野馬追、お天気で楽しまれる事を祈っています。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
先にも仰っておられましたが。相馬って小藩でいながらやる事が男らしいですよね。伊達政宗を討てた所を『相馬は決してそういう汚い事はしない』という言葉にこの藩が生き残った全てがあるのかも知れません。確かに運もある。しかし土壇場でいつも正々堂々と戦う気構えがいつもあったという気がしてなりません。それがこの地に住む人間の良さでもあるのではと思います。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

確かに城址としてその当時の築城の様子がはっきり
と残っていますね。
苦難のなかでも団結によって戦国時代をしたたかに
生き伸びたのですね。見習うことが多いです。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

やはり、現場を訪れると当時の様子の想像や、昨年の祭の様子が、臨場感を伴って彷彿とされますね…。。。

当日のお天気と貴兄のご活躍をお祈りしております…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

この時代、滅亡から免れることが、一番大切なことだったのでしょうね。
運もあると思いますが、↑に書かれているような、堅実な体制や思想の積み重ねなのでしょうね。
歴史に疎い私ですが、大河ドラマを見ているおかげで、時代背景が少しは分かるようになっていました♪

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ヤスミンさん
縦に長い日本列島にごさいますが、九州のブロ友様からそうおっしゃって頂き大変痛み入っております。

某はブログに於いて文化のシャッフルを期待しています。即ち、東西文化交流による切磋琢磨にごさいます。
改めまして、西国にお住まいのご自身とのホットライン構築に感謝申し上げます。

これといったものもない相馬地方にごさいますが、それだけにこの野馬追には特別な意味(相馬人の誇り)が込められています。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
同じ常磐でも貴兄のお住まいのいわき地方は南北東西に広く開けています。但し、相双地区は西側に阿武隈山地が控えていて、細長い中で発展を模索するしかございません。

これはデメリットでありながら、戦国期では西方からの侵略を抑えたとも受け取れましょう。但し、岩崎氏(郷土史研究の故人)によりますと、この地方は東を海に面していることもあり、他方からの人を暖かく受け入れるような「開放性」も備えているということにごさいます。

相馬の生き残りを考えると、こうした地域性(飢饉に於ける移民の受け入れ、二宮尊徳の興国思想の受け入れetc)も大きく関与したのかも知れません。

貴兄に於かれましては、いつも格別なお引き立てを頂き大変感謝しております。本日も御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
ご質問の件にごさいますが、お答えするには某では役不足ゆえ、郷土史研究の大家であられる岩崎敏夫氏(故人)に語って頂きましょう。

相馬では飢饉に瀕した際に一番先に飢え死にするべきが君主(殿様)継いで家臣そして民という順であったと聞いております。即ち、君主自らが食事に於いて一菜一穀の質素振り、そういう気風が、この時期に他国に見られた一揆の抑制に繋がったとのことです。

こうした殿様のお姿は、当に今の政治家に見習って欲しいくらいにごさいます。これが相馬の団結力の源にごさいます。如何にございましょう?答えになっておりますでしょうか?

姫に於かれましてはいつも真摯なご対応を頂戴し大変感謝しております。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
野馬追は動の祭りとも言われますが、それは表面上のもので深層部には武士道の最たるもの(国のため、主君のために命を張る侍魂)を感じます。

某は2014年から二年続けて中村神社の出陣式を観ていますが、何度観ても飽きないものを感じております。メインは二日目の神旗争奪戦や甲冑競馬とよく言われますが、某の中ではやや異なります。それは厳粛な出陣の儀式(固めの盃、相馬流山の斉唱、大将や軍師の口上)に侍の真たるものを感じるからにごさいます。

某は本当にこの地域に転勤になってよかったと思うのが、この野馬追への傾注であり、相馬郷土への研鑽にごさいます。ご自身に於かれましては本日も御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
いつもながら、貴兄の洞察力には大変恐れ入っております。貴兄は相馬の真髄を見抜いておいでです。相馬の殿様の食事は庶民よりも粗末であり、岩崎氏によると、相馬益胤公(1796~1845:相馬氏第27代当主)などは誕生日に鰻を出そうならば「こんなものを出していいのか」と家臣を叱ったと聞いています。やはり国を治める者は自身の身上を悟り、襟を正さねばならない。これは現代の政治家にも見習わせたい姿勢にごさいます。

幕末に至るまでの相馬の稀なる生き残りの背景には、君主と民を問わずこうした血の滲むようなものがあったと某は受け止めております。即ち、「東奥の君子国」たる所以にごさいます。けして君主ではございません。本日は相馬の殿様がなぜ君子と言われるのかについて述べさせて頂きました。

貴兄に於かれましては、本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
以前、相馬郷土研究会で「相馬を襲った飢饉」について学ばせて頂きましたが、相馬の生き残りの背景には血の滲むような尽力があったと認識しております。

「東奥の君子国」と言われるのは君主自身の徹底した質素倹約にごさいました。これによって相馬には一歳、一揆や取り壊しが行われなかった。これは同時期に於ける他国の様相と、まったく異にするところにごさいます。某はこれだけで熱いものを感じます。これが毎年相馬野馬追の出陣式に行く大きな理由にごさいます。

貴兄に於かれましては、いつも暖かいご処遇を頂き大変感謝しております。本日も御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
初めは表面的なもの(勇壮な戦国絵巻)に目が向き勝ちだった某ですが、相馬の郷土史を知ってから徐々に変わって参りました。ものを書くからにはいつも内面に熱いものが求められますが、相馬武士道にはその最たるものを感じています。
相馬が多くの右往曲折を経て奇跡的に生き残ったことについて某はペンを執らなければなりません。この日はそういう意味で大きな収穫があったと認識しております。

貴兄に於かれましては、いつも格別なお引き立てを頂き大変感謝しております。本日も御厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
武士道はどこの国にもあったと察しておりますが、では相馬武士道は他国の武士道とどう違うのかについて述べさせて頂きたいと存じます。
それは君主と臣、民に於ける一帯にごさいます。藩政期に於ける相馬の殿様の食事は一穀、一菜と極めて質素なものでした。従って臣や民の信認(信任とも)は極めて厚い。従って戦国期を除いて一揆や謀反の類が非常に少なかった。このあたりが「東奥の君子国」と言われた所以にごさいます。

大河ドラマを観ているというだけでご自身は立派な歴史通と存じます。

布遊さんに於かれましては、本日も御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様
こんにちわ ^^ 豊臣秀吉の北条攻めは
少し前の「真田丸」で観ました。
この時相馬氏も参戦されてたのですね。
それによって伊達氏との争いが収まった
とは知りませんでした。今日も一つ勉強
させていただき有難うございます。

URL | まゆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こういった史実を抑えてから野馬追を見られるとロマンが一層広がりますね~

残念なことに当日は私はいけませんが、天気が良すぎることも、悪いこともないよう祈っています。

URL | 暇人ity ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは、

小高城址への取材旅行お疲れ様でした。
こじんまりとした城だと拝見しましたが、これで大藩の伊達に対抗していたのですね。
ミックさんの言うように、並外れた団結力があったからでしょう。
相馬武士の後裔には、その誉れが流れているのとお見受けしました。
それが今につながる相馬野馬追の連綿と続く原動力となっているのだと思います。
本日も、ミックさんの現地探訪記に接し、新しい見聞を得させてもらった事に感謝です。
ありがとうございました。

URL | ginrin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> まゆさん
山椒は小粒でもピリリと辛うごさいます。これを地で行くのが小国・相馬と受け止めております。
脅威であった伊達との相克を乗り越えて今の相馬がごさいます。そして野馬追もごさいます。
小田原攻めが領国の行く末に大きな影響をもたらしたわけですが、改めまして、天下人・秀吉の圧倒的な存在感を思い知った気が致しております。

ご自身に於かれましては感想をお寄せ頂き感謝しております。本日も御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 暇人ityさん
相馬のことをもっと知ろうとするならば、小高での史実は欠かせないものと受け止めております。
野馬追の件、承知しました。わざわざの連絡に感謝申し上げます。

本日も御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ginrinさん
伊達をもっと知るには相馬を知らなければならない。某は最近そう考え、相馬郷土史に更なる興味を見出しています。また相馬の稀なる生き残りが現代人へメッセージを発しているように思えてなりません。
このあたりは今後の執筆意欲にも繋がるものと捉えております。

本日は、先賢の貴兄よりご自身丁寧な対応を頂き痛み入っております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)