FC2ブログ
魂を売ることだけが生き残り術ではない
私は少し前に現代サラリーマンの生き残り術について述べた経緯がある。本日はそれに付随する理論「人使いに於ける二通りのスタンス」について述べてみたい。

もし人様から「今までサラリーマンを長く続けてきて、一体何が得られたか?」と聞かれたら「使う側、使われる側の本来在るべきスタンスです。」とお答えするだろう。但し、こうした思考はただ漫然と日常を送っていたのでは得られない。私がヒントを得たのは論語を始めとした中国古典である。以前も紹介したが守屋洋氏(宮城県気仙沼市出身の中国文学者)の著物は実践哲学の宝庫であり、現に守屋氏は全国の企業や学校などで広く講演会に及んでいる。

但し、守屋氏の著物のほとんどは使うほう、即ち、経営者、管理者の立場に立ったものがほとんどであり、労働者側からの視点に立ったものは少ない。労働者側の視点からこのあたりに触れてみたい。

守屋氏は中国古代の思想家の言葉にスポットを当て、これを現代社会に当てはめ、ヒエラルキー構造に於いて、人を使う者の持つべき第一の裁量として「徳」を挙げている。ここで言う「徳」をもっと平たく言えば人徳のことである。但し、我が国の多くの企業にこれが浸透しているか?と聞かれたら答えはノーである。

聞くところによると、一般職から管理職になったとたんに、年上の部下を君付け呼ばわりする企業があるという。権力によって人を従わせるのを本分とするこうした考えは、思い違いも甚だしいと言わざるを得ないのである。

例えはよくないが、猿使いは初めて猿に際したとき、猿に噛み付き、「俺はお前の親分だから、これからはいつ何時でも俺に従うべし」という「特有の儀式」が存在するが、当にそれを彷彿させるのが、こうした間違った手法である。では使われる側のあなたがこうした局面に立たされた際、一体どうすればよいのか?魂を売り、使われる猿に徹するしかないのか?あなたが、もしこうした選択をした場合、このような封建時代的主従関係はずっと続くことだろう。或いは、あなたがミスすれば鞭で叩かれ、もっと強く噛まれるのかも知れない。

こうしたやり方には大きな落ち度がある。即ち、憲法14条に定める「法の下の平等」(すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。)に反するからである。この矛盾を徹底的に突いて行けば間違った人使いの姿勢を正すのは容易である。但し、これを実践に移すには権力に真っ向から向かうことに他ならない。さすれば労働組合の有無などは一切視野に入れず、先ずは自分を磨き、思想哲学によるゆるがぬ自己の信念の構築を目指すべきである。

私はこの猿使いにのみ物申すのではない。こうした管理者をのさばらせる経営者にも疑問を持つのである。人を使う真意を知らない彼らには、中途半端な帝王学を振り回す前に是非こうした著物に触れ、己の目にびっしりとこびりついた鱗を剥がしてもらいたいのである。

本日もご覧頂きありがとうございました。


自作エッセイシリーズ
人生の大きな転機を迎えてhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/folder/1020881.html
白楽天に学ぶ卯時の酒と処世術http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31934148.html
私の窮地を救ったエクアドルhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31806994.html
六十分の一のもたらす余裕http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30749355.html
群青色の無双な人生を歩むhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30889388.html
夜間飛行のジェット機に見る人の世の儚さhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30047887.html
失敗を恐れずに突き進むhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30486750.html
鬱を脱出してから見る東京の夜景http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30113901.html
とんびのように大空を堂々と舞うhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30633350.html
日食の裏に見える人生の蒼い陰http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30609947.html
自分の人生は朧げに客観的に見たいhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30558632.html
礼節と諂いの違いをわきまえ堂々と生きるhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30702596.html
怨讐を恩讐に変えたい、苦悩する私http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32008415.html
川面のさざ波のもたらす心地良さhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30678112.html
時勢とともに変わり行く街並みhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32383148.html
無頼なガンマンの精神を貫くhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30660537.html
アナログとデジタルを臨機応変に使い分けるhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31180966.html
英国式の散歩で得られるゆとりhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30998659.html
寒に屈せず自己防衛の城を築くhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32444728.html
知ってて知らないふりをする美徳http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31594249.html
ゾーンを持つことの大切さhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32075164.html
人生の分水嶺と或る上司の死http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31470309.html
うつ病で自殺しないために読むべき本http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31754128.html
名もない一本の畦道を歩むhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30642672.html
知ってて知らないふりをする美徳http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31594249.html
人の話を聞くことの美徳http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31778536.html
ブログという名の社交場http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31903913.html
関連記事

コメント

No title

ミック様へ
これは良いお話ですね。こういう経営者が多くなればと願うものであります。私がいた会社はまさにこの猿遣いでした。これ不思議なのですが。管理職のヤツ等までこれの真似をする。その喋りでどこの役員の部下だったか判ったものです。私は体育会系(野球部)出身でしたから。先輩の言葉は絶対として社会へ出ました。もちろんその先輩が年下でも従ったものです。しかしいつかはこの男を抜いてやるという気持ちで働いたものです。並んで抜いた時は天下を取った気持ちでした。でもこれは良く無いと気づいたのは大分経ってからでした。今思うといつの間にか私もミック様が仰る猿遣いになっていたのだと思います。会社にいる時は全く気付く事はありませんでした。これに気付いていれば今の私はもう少しまともな人生を送っていただろうと思う次第です。勉強になりました。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
トップバッターを切って頂き感謝しております。以前も申し上げましたが、「竹の節に上下はあれど優位性は存在しない」という禅の教えがごさいます。即ち、ヒエラルキーに於いて上下関係は欠かせないものながら有意性はない。これが何を言わんとするのかを掘り下げると人を使うには「徳」が必要となります。組織に於ける「さんづけ運動」はもちろんこの一環でごさいます。

某は今まで何度も「他人の名誉を認めてこそ、己の名誉が守られる。」と述べて参りましたが、この猿と猿使いの関係からはそうした「現代に於ける労使の在り方」が垣間見えて参ります。

貴兄に於かれましては、いつも記事の核心に迫るお言葉を頂戴し感謝しております。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは。
人には、いろいろな欲があると思いますが、権力を手に入れようとする人は、多いように思います。
権力が手に入るとそれを振りかざし、下の人を従わせようとする人も多いように思います。
上司=権力者と言うのは間違っているように思います。
確かに上司は、部下を使う立場ですが、それには責任が伴うものだと思っています。
自分はさほど仕事をしないで 部下にばかり仕事をさせ、しかも責任を部下に押し付けたりする上司が多いように思います。
ミックさんが仰るとおり、人を使う立場の人は、人徳がなくてはならないように思います。
皆に尊敬され、慕われてこそ素晴らしい上司のように思います。
今日も素晴らしい記事をありがとうございます。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
私は権力をかざし、部下をこきおろすような上司に出会った事がありませんが
職場では全て役職・年齢関係なく「さん」です。
部下をそのように考え扱う上司というものは
とても上に立つ立場の人とは思えませんね。
失敗した時にこそサポートし、やる気を引き出して
あげなければ部下はついてこないとも思います。
同じ職場で働く同士、良い人間関係とお互いの尊重を
大切にしたいものですね。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは~

人間は悲しいかな・・・自分の過去の立場を忘れ上に位置した事のみ誇示したがるものですね。
尊敬できる上司に未だ出会えていないことが残念ですが・・・他者を思いやる気持ちは持ち続けたいと思います。
ミックさん、ミックさんの記事は色々と勉強になります。とても学ぶことの多い記事を読ませて頂き今回もありがとうございます♪

URL | ミント ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
どんなシチュエーションにあっても卑屈にならない。そして広い視点を持つ。これが昨今の某の心がけるスタンスにごさいます。「心頭を滅却すれば火もまた涼し。」この言葉には随分と助けられました。最近は「斃れて後已む」も己の心に言い聞かせております。道を見据えれば己の取るべき行動は決まって参ります。
これからも日々是修行を己の本分と心得、振れない自身構築のために精進して参りたい所存にごさいます。

貴兄に於かれましては、現代社会に於ける上役の在り方について語って頂き感謝しております。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

使い使われるのは世の常ながらやはり道理を
分かった人に使われたいですね。
しかし現実はそうもいかない場合もあります。
私は仕事三分の一趣味三分の一家庭三分の一
ですので三分の二は己の意のままにいけると
思って自分を言い聞かせています。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
本日は我が国に於けるヒエラルキーの在り方について論じさせて頂きました。人を使う者は使われるほうの身になって己の采配を奮わねばならない。こんな当たり前のことが果たせない管理職が増えているのは極めて遺憾に存じます。

某はその背景に我が国の若年層に於ける儒教思想離れがあると認識しております。ここで、もし外国人のかたから「貴方の国で誇るべき思想は何か?」と聞かれたら、迷うことなく「武士道の中核を成す儒教の精神にごさいます。」とお答えします。

こうし精神を心に抱くからは絶対に倒れることはないと認識しております。これはけして希望的観測や酔狂でなく、実績にごさいます。

ご自身に於かれましてはいつも暖かいご配慮を頂き感謝しております。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ミントさん
「おごれる者は久しからず」という言葉がごさいます。従ってこうした非道を続ける上役に長いことはない。この図式が見えるまで相当の時間、代償を費やした某にごさいます。

管理者の質を低下させないためにも、現代社会の企業経営者はもっともっとこうした思想に触れ、自己啓発に勤しむべしと捉えております。己の見据えるものがはっきりとした今は心の迷いは一切なくなりました。

ご自身に於かれましては多忙中にも関わらず、本命記事にありがたいお言葉を頂戴し感謝しております。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
人生に於ける三権分立の理論、ありがたくお聞かせ頂きました。こうした分散が偏りを抑制し、充実した生き様に繋がる。
バランスは何事に於いて肝要ですが、危険回避の極意が貴兄の言葉にあると踏まえております。

貴兄に於かれましては、本日も啓発に満ちたコメントに触れさせて頂きました。重ね重ねお計らいに感謝しております。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

貴兄もおっしゃるように、世の本は、経営者、管理者の立場に立ったものがほとんどであり、上に立つ者の心得を書いたものが多い…。。。

ところが、貴兄の記事には、自ら苦しみ、学んだ末に会得した、心得が記されているのが素晴らしいと思います…。。。

世の中、上に立つものより、下でコツコツと働く者の方が多いのです…。。。そういう人たちに明確な指針を与える貴兄の記事類には敬服いたします…。。。本日も、ありがとうございました…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは ミックさん

更新お疲れ様です。

管理職が一般職の人間に対して「君」付けをする…。
私の通ってきた道にはなかったことです。
親しくあろうが、年下であろうが、格下であろうが、名を呼ぶときには「さん」付けするようにと、新入社員教育で教わりました。
「君」を付けて、自分と部下に一線を引く姿勢、気持ち悪いですね。

「他人の名誉を認めてこそ、己の名誉が守られる」
その通りだと思います。
使われる猿にも心はあるわけですから。

本日もためになる記事を読ませていただき、ありがとうございました。

URL | ヤスミン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
経営者や管理者側の啓発セミナーや講演会を見かけますが、数の上で大幅に上回る労働者側のメンタルに関するものは圧倒的に少ない。これには労働組合の存在もあると存じますが、出る釘は打たれるという国民的感情が大きく響いていると認識しております。

では打たれない釘になるにはどうするか、無抵抗、事なかれ主義に徹し自分を殺すしかないのか?某はこのテーマに一労働者の視点でスポットを投じています。以前も申し上げましたが、上役が一段上がった座敷に座っている関係にもって行こうとするのが諂いを促す行為にございます。
例えば、年上の君付け呼ばわりしたり、古参の社員が威張り散らし、さんづけを用いずにお前呼ばわりする風潮は断固阻止するべし。「臨界点、飽和点に達すると出過た釘は打ちようがなくなります。」が、ここまでやるには相当の覚悟と自己修練が必要になります。

貴兄にはいつも記事の核心に迫るお言葉を頂戴し感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

短時間のパートで働いていたので楽しかったです
最後はリストラでした、

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ヤスミンさん
サラリーマン社会と侍社会はともに縦社会(ヒエラルキー的概念)で構成されているゆえ、侍社会を分析することでサラリーマンとしての生き残り術が見えて参ります。

以前読んだ歴史書で筆頭家老が評定の席で自分の席を奪われたさい。奪った当人にその理由を確かめたうえで「その席は拙者の席ゆえ、そこを立ち退かれよ」と大喝し、それに従わない先方をつまみ出し、果し合いにまで及んだ史実がごさいました。実はこうしたことはけして珍しくなく、侍にとって己の地位を奪われるのは名誉を奪われるのとまったく同じで、命を張ってでも守り抜かねばならないことでした。この果し合いは武士道の真髄を捉えたもので主君などの横槍が入らない限り、堂々と行われるものでした。

比喩は用いましたが、これと同じこと(名誉を守り通しながら秩序を乱さない)をサラリーマン社会で履行できるか否か?このあたりがキーポイントにごさいます。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
御自身のことを語って頂き感謝しております。確かにパート社員となると大変かと存じます。

今回の記事の趣旨は「サラリーマンが秩序を乱さずに己の名誉を守り通すにはどうするか」にごさいます。今回も拝読を賜り感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは

今回も家庭にいる私にはコメントの難しい記事でありました。
想像は出来るのですよ。
世の中には そうそう立派な雇用主も雇用されるひともいないのではと考えます。
上司も部下も 人としてどうなのかと考えてしまいます。ある時期威張り腐っていても
会社を離れ肩書きが無くなるとき 人としてどうなのかの答えが明確に現れる気がいたします。

横暴だったひとは世の中の人から相手にされないような。肩書きがとれたとき あるいは退職してから
本物の人は 輝き始めるのではないでしょうか。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
皆さんのお話を聞くとさん付け運動をしている職場はしていない職場よりも雰囲気が良いと認識しております。
さんづけ運動を採用している職場は、民に模範を示すべき立場である役所や学校、医療施設に多いようです。

姫の仰せの通り、退職して肩書きがなくなってからその人の人格が問われますが、某はあくまでも現役時代に拘っています。釘はある程度出ると打たれなくなる。否打ちようがなくなるのです。これは勇気のいることですが極論すれば秩序を維持した上での名誉遂行、延いては職務遂行にごさいます。

このあたりのヒントは中国古典から学びそれを実践することで己の血肉としております。姫に於かれましては本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)