FC2ブログ
エッセイ「人の心を動かす交渉術」
過去の記事で歴史と哲学の接点をいくつか述べてきた。昨今改めて、私が感じるのは歴史を如何に実践哲学とし、己に血や肉として行くかということである。言うまでもなく、歴史や哲学(範囲を広めれば文学も)は実生活を営む上でなくても生きて行ける。但し、問題に直面した際に解決へヒントをもたらしてくれるのが歴史や哲学の類である。歴史を掘り下げることで進むべき未来が自ずと見えてくるのである。問題と申し上げたのは何も自分自身のことだけではない。よそ様から相談を受けた際、問題解決に導くヒントともなりうるものと私は受け止めている。

本日述べる「交渉術」も歴史から学んだことであり、既に実生活に用いている実践哲学である。私にとって、交渉術の肝となるのが儒教の精神である。儒教の中でかいつまんで重視しているのが①礼節、②表敬、③謙譲である。例えば先方に願い事をする際は低姿勢で臨まなければならない。けして強制することなく、相手の立場を尊重しながら、一つ一つ相手に選択肢を与えながら交渉を進めて行く。これは明治維新時に薩長同盟の成立や近代日本建国に大きな尽力(議会制政治の発案者)のあった坂本龍馬や、昭和初期の金融恐慌に陥った我が国を救い、且つ日露戦争以降の我が国の軍国主義指向にブレーキをかけようとした高橋是清にもこれを感じるのである。




















但し、交渉に於いてはただ単に姿勢を低くすればいいというものではない。交渉の行方が意図にそぐわないものとなれば、妥協も見据えた上での軌道修正が必要になる。そうした際は、時に交渉の成就と引き換えに己の命さえも惜しみないものであるという腹積もりを相手に伝えることが大きなポイントである。兇刃、兇弾に倒れ、志半ばで世を去った彼らにはその最たるものを感じるのである。

ここで「己の命さえも惜しみないもの」と述べたのを現代に於ける交渉術に当てはめるのならば、「もし、私の言葉がお気に召さねば、貴方様の範疇でどうぞ私をお斬りください。(今流に言えば、縁をお切りください)」という腹積もりを相手に伝えることである。これは私の偏見かも知れないが、現代に於いて①と②の礼節と表敬は世代を問わず浸透していると認識しているが、アラフォー以下の若い世代で③の謙譲を用いているかたはかなり少ないと察している。最もこうした私の考え(謙譲は美徳)が、今の若い世代に受け入れられるかどうかの自信はまったくない。

但し、ここで若い世代に伝えたいのは「今の日本があるのは先人たちのこうした生き様があってこそのことである。」ということである。私はこうしたことを実社会で実践し今日まで生き残ってきた。従ってけして机上の空論を述べたのではない。もちろんブログでもこうしたコンセプトをもって、皆様に失礼のないように接しさせて頂いているのである。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
皆さん、本日も粗文をお読み頂きありがとうございました。

自作エッセイシリーズ
人生の大きな転機を迎えてhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/folder/1020881.html
白楽天に学ぶ卯時の酒と処世術http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31934148.html
私の窮地を救ったエクアドルhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31806994.html
六十分の一のもたらす余裕http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30749355.html
群青色の無双な人生を歩むhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30889388.html
夜間飛行のジェット機に見る人の世の儚さhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30047887.html
失敗を恐れずに突き進むhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30486750.html
鬱を脱出してから見る東京の夜景http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30113901.html
とんびのように大空を堂々と舞うhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30633350.html
日食の裏に見える人生の蒼い陰http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30609947.html
自分の人生は朧げに客観的に見たいhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30558632.html
礼節と諂いの違いをわきまえ堂々と生きるhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30702596.html
怨讐を恩讐に変えたい、苦悩する私http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32008415.html
川面のさざ波のもたらす心地良さhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30678112.html
時勢とともに変わり行く街並みhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32383148.html
無頼なガンマンの精神を貫くhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30660537.html
アナログとデジタルを臨機応変に使い分けるhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31180966.html
英国式の散歩で得られるゆとりhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30998659.html
寒に屈せず自己防衛の城を築くhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32444728.html
知ってて知らないふりをする美徳http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31594249.html
ゾーンを持つことの大切さhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32075164.html
人生の分水嶺と或る上司の死http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31470309.html
うつ病で自殺しないために読むべき本http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31754128.html
名もない一本の畦道を歩むhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30642672.html
知ってて知らないふりをする美徳http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31594249.html
人の話を聞くことの美徳http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31778536.html
ブログという名の社交場http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31903913.html

関連記事

コメント

No title

こんにちは

今日のお話も私には少し難しいですね。
人の心を動かす。。。という交渉などした経験に乏しいからだと思います。
反対に考えて 自分はどんなときに人のために動くか考えてみました。
それは相手のお人柄に惹かれている時だと思います。
無い力を振り絞っても何とかしようと考えますね。

世代で大まかに分かれてくる面もあるかもしれませんが
謙譲の心を持つのは年齢では無く
お人柄によりけりのような気もいたします。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
人の心を動かす、という交渉術と言うのは難しいですね。
私の仕事も自分の倍も生きた高齢な方や親と同じ世代の年齢の家族の方達と接する中で色々と感ずるものがあります。
歴史と哲学、儒教の精神は、多くのヒントが含まれ
実践にいかせる事が多くありますね。
参考になりました。ありがとうございます。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
日本人が元々持っていた良いものが失われている・・
忘れられている今日、寂しく思います。
幼い頃、祖母が言っていた言葉を思い出します。
ミックさんのおっしゃる通り、歴史から色々なことを学ぶことができますね。
私もそう思います。
心を動かす・・そのような人をとても尊敬します。
今日のお話をとても勉強になります。
ありがとうございました♪
ナイス凸!です。

URL | - ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

交渉というものは難しいものですね。
やはり人の考え方をゆっくりと引きだす
中で自分との違いを理解することのような気がします。
無理に違いを埋めようとすれば角が立ち、何もしな
ければ平行線のままでしょうか。
わかってはいますが切羽詰まらないとそこまで行きつ
けないですね。
故人から学ぶことは多いのですね。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミツクさんの歴史から学び、実践で身に付けた交渉術の極意の披露ありがとうございました…。。。

①礼節、②表敬、③謙譲と、その上に身を切る腹積もりとのこと、なるほどと承りました…。。。

私は、それにプラスして、相手を喜ばせる(プラスになる)点を一つでもチラつかせることが重要と考えております…。。。本日もありがとうございました…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今晩は。

人の心を動かす、その様に人となりに成りたいと思いますね
礼節、表敬、謙譲、どれ一つとっても大切な言葉…
ブログでお会いする皆様、めいめいのお考えがお有りになり
私自身は、ころばぬさきの杖何事もその方の失礼の無い様にと心づもりは
していても、年寄りの早とちりで失礼な事も有ろうと思います
ミックさん、あらためて礼節、表敬、謙譲を心に留めたいと強く思いました。
ブログにてはミックさんより格別の高配にあずかり誠に有難うございます
此れからも何卒宜しくお願い申し上げます(^^https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s326.gif">
くれぐれもお体にはお気を付けてくださり、いっそうのご活躍を、ナイスです

URL | きく枝 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

わたしは歴史に精通していないので、学ぶと言う段階まで達していませんが、今の大河ドラマを見ていて、真田幸村の生き方、人柄はいいなと思ます。
交渉におきましては、「winwinがだめなら、取引を止める」と言う選択肢があることを、最近特に意識しています。

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

難しい事は分りませんが~
いつもミック様のコメントには感謝とhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s376.gif">
教えられる事で有りがたいですねhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s316.gif">

未熟な私には有りがたい存在です
これからも宜しくお願い致します。

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
貴重なご意見を賜り痛み入っております。貴兄のそういうお話を拝し、某に今一歩踏み込みが足らなかったような気が致しております。
改めまして、人様との交流は早合点することなく、膝を交えて話し合うことが如何に肝要かを認識した次第です。
同時に貴兄の視点の広さ、度量の大きさには尊敬を通り越し、畏敬さえ感じます。

某も「怪力乱神を語らず」のみの対応でなく、そこから一歩進んで貴兄のような「「官には針をも容れず、私には車馬をも通す」の境地に至りたいと考えます。

貴兄に於かれましては、本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
ブロ友様から①~③の三つの要素の他に「人にとって自分の得になることをアピールできる裁量」を指摘され、某の思慮不足、筆力不足を感じています。

高橋是清については貴兄の分野であられる我が国の政治経済の魁(ブレイン中のブレイン)とも捉えております。然らば、彼の仕事振りと武士道振りは如何にございましょうか?

重ね重ね貴兄には感謝申し上げます。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ヤスミンさん
今回のエッセイはやや「練り」が甘かったと認識しております。即ち、交渉ごとの成立には「交渉相手にとって、どういうメリットがあるのかを訴える力」も必要であり、偏に某の筆力不足、思慮不足を恥じております。

ヤスミンさんには「良薬口に苦し」と何度も述べましたが今回の失態には、某自身これを認識しております。ブログを修行の場と心得、これからも日々精進して参りたいと存じます。

こちらこそありがたいお言葉を頂戴し感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
ブログは某にとっての「自己鍛錬の場」と認識しております。同時にブロ友様からご意見を頂くことは「神の声」を聞くに等しいものと捉えております。

貴兄に於かれましては、いつも慈しみに溢れた対応を頂き大変感謝しております。本日も追い風になるお言葉を頂戴し痛み入っております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
とんでもございません。先賢の姫に於かれましては某のほうこそいろいろと勉強させて頂いております。

然るに「独眼流政宗」の一シーンに於いて政宗の家臣である片倉小十郎が会津攻め初陣に及んで、主君の政宗を諌めた言葉がごさいました。
それは「いくさには駆け引きがござる。 押すべきは押し、引くべきは引くが当然、成算 なくして猪突猛進するはこれ匹夫の勇にあらずして何ぞや」にごさいます。
この時に小十郎は「お気に召さねばこの場で小十郎をご成敗ください」と申しています。即ち、己の命を投げ出す覚悟があったからこそ、政宗は彼の進言を聞き入れたと捉えております。

本記事では是と同じことを述べたかったのです。答えになっておりますでしょうか?何卒宜しくお願い申し上げます。

本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
恐れながら、joeyさんに於かれましては、仕事柄様々なかたに接し、独自のノウハウを持たれて精勤されているものと察しております。

さて、或るブロ友様より、この三つの他に「交渉相手に何がメリットをもたらすかアピールする力」の不足を指摘され、画龍点睛欠くを知り、己の力不足を恥じています;
これからもつならない見栄や意地を捨てブロ友様からご鞭撻を頂戴したいと存じます。

改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 華さん
今の若い世代を見ますと、徐々に謙譲という美徳が失われつつある現状を再認識致します。
但し、これはけして強制するべき筋合いでない。悟って頂きたいと感じる昨今にごさいます。
但し、そういう某もまだまだ発展途上の身の上にごさいます。然らば、ブログを通じた皆様とのお付き合いで学ばせて頂きたいと存じます。

ご自身に於かれましては改めまして、宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
歴史に名を残した人のほとんどは交渉術に長けていたと認識しております。以上の三項目の他に「人に対して魅力を感じるものをもたらす」というのを追記したいと存じます。

貴兄に於かれましては、いつも格別なお引き立てを頂き大変感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

PS:本日更新された貴兄の記事には明日訪問&コメントさせて頂きますので宜しくお願い致します。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
御意にございます。当に画龍点睛欠くにごさいます;改めまして、修行不足を自覚する今回の舌足らずにごさいます。

貴兄に於かれましては、今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。本日もご厚誼を賜りました。お計らいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> きく枝さん
とんでもございません。いつも慈しみに溢れた対応を頂き大変感謝しております。こちらこそ恐縮しています。

改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
目から鱗の落ちるようなお言葉を聞かせて頂きました。恐れながら、ご自身は見るべきところをしっかりと見据え、非常に内容の濃い豊かな人生を歩まれておいでです。これにはいつも畏敬を感じています。

ブロ友様・布遊さんに於かれましては本日も格別なる御厚誼を賜りました。お計らいに感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
とんでもございません。ご教示頂いているのは某のほうにごさいます。ブロ友様・ともたんさんにはいつも癒しを頂戴しています。同時にご自身のボランティア活動にはいつも畏敬の念を以って記事を拝見させて頂いております。

恐れながら、ともたん様ご夫婦は「真のエキスパート」でいらっしゃいます。即ち、社会に報徳の心を向け、実践しなければ真のエキスパートとは言えないと認識しております。

先賢のともたんさんに於かれましては、改めまして今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)