FC2ブログ
  読者の皆様へ
「深読みは禁物」という言葉がごさいますが、私は微妙な問題に触れるに際し、但し書きをつけるなど、なるべく深読みをさせるような記事を書かないようにしています。即ち、深く読むほうだけの問題でなく、そう読ませるほうの筆力にも問題があると考えるからにごさいます。但し、深読みと早合点(記事を熟読する前に、結論を出す)は似ているようで異なります。両者の違いについて多くは語りませんが、何卒お察しのほど宜しくお願い申し上げます。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
  鹿狼山への憧れ
さて、去る日曜日、私は気分転換のつもりで福島県新地町の駒ヶ嶺地区を訪ねた。時刻は朝の七時を過ぎたばかり、正面に見えるのは相馬共同火力発電所である。半袖の二の腕に薫風を感じながら、名もない田舎道を進んだ。

このあたりは自然林と屋敷林の区別がつき難い。極めてローカルなロケーションだが、ここに限りない魅力を感じるものである。

正面に見えるのは鹿狼山(かろうざん)である。この山は400メートル超でブロ友様の暇人ITYさんが登られた山である。私は昨年の秋から息子と阿武隈山地のワンダーフォーゲルを楽しんでいるが、次回のターゲットがこの山である。

本日もご覧頂きありがとうございました。


関連記事

コメント

No title

こんにちは

深読み。。。
ミックさんの言われていること 後になって気がつくことが多いのですが 記事を読ませていただくとき
どうしても自分が理解しやすいように読んでしまう傾向があります。気をつけたいと思います。

鹿狼山 名前からして興味が湧いてくるお山ですね。
近いうちに登られることでしょう。♪

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おばんです。

鹿狼山は地元の高校生も学校の行事で登るそうです。
お気をつけていってきてください♪

URL | 暇人ity ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
私は察する事の能力が乏しいと思いますので
失礼と感じられるコメントが多いかと思いますが
とても申し訳なく感じております。
鹿狼山、次回、登られるのが楽しみですね。
息子様と登られた際には、また記事も楽しみにしております。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

散歩に出かけて次のターゲットを確認ですね。
やはりどう攻略するのか事前の下調べも楽しみ
の内ですね。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 黒猫のママさん
掛け替えのない思い出の一こまを語って頂き痛み入っております。鹿狼さんは眺望も良さそうですね。
本日はご厚誼を賜りました。お計らいに感謝しております。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
岩山との考察に貴兄の鋭い洞察力を感じます。本日はありがたいお言葉を頂戴し感謝しております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 華さん
昨今はブロ友様との対話を重視する記事を心がけております。昔で言えば文通にごさいます。これによって古き善きアナログ時代を偲んでいます。
野山はそろそろ深緑の候、いい季節になってきましたね。ご自身の更新も楽しみにしております。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
ブログというSNSで全国のブロ友様との愉しい交流をさせて頂いています。貴兄に於かれましては、いつも格別なお引き立てを頂き大変感謝しております。
本日もご厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ヤスミンさん
とんでもございません。ヤスミンさんに於かれましては、いつも慈しみに溢れた対応を頂き、寸分もそういったことはございません。

某のブログ観念にごさいますが、記事内容を二の次とし、単なる媒体としてブロ友様とのコミニュケーションを楽しみたいと存じます。それには人様に不快感を与えないことが肝要と心得ます。

これからも、NHK「その時歴史が動いた」のラスト場面の松平定知氏の頭を下げる気持ちで皆様に接しさせて頂きたいと存じます。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
いつも慈しみに溢れた対応を頂き大変感謝しております。某を含めたサラリーマンブロガーの多くは週末に本命記事を週の中ごろにリリーフ的な記事を書く傾向にあると分析している昨今にごさいます。

貴兄に於かれましては、このようなリリーフ的な色合いの強い記事にコメントを頂き痛み入っております。本日も格別なる御厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
滅相もございません。姫にはいつも的の中心を射るお言葉を頂戴し大変感謝しております。
最近は人様の言葉を忘れないようメモしておく習慣ができつつごさいます。姫のお言葉で思い起こすのは昨年末の「ブログでの言葉遊びを云々」というフレーズにごさいます。大変素晴らしいお言葉と受け止めております。

改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 暇人ityさん
いつも慈しみに溢れた対応を頂き大変感謝しております。同時に貴兄のブログから素晴らしい情報を頂き痛み入っております。

改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日もご厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
とんでもございません。ご自身にはいつもストライクゾーンへの投球を頂き痛み入っております。
ご自身のブログを参考にさせて頂きながら、多くのかたに愛されるブログを目指しています。このあたりの加減は敷居の高低の問題もあり大変難しいですが、日頃の修練を重ねながら修得して行きたいと存じます。

改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
ブログという媒体を通しての貴兄との交流に改めまして、御礼申し上げます。まだまだ修行が足りない某にごさいますが、改めまして、宜しくお願い致します。

本日も真摯なお計らいを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、おはようございます。

それ程高くない山ですが憧れの有る山は有るものですね、次回はご子息との計画との事ですがコミニケーションとしては最高な場所ですね。

ナイス!

URL | 好日写真 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます
再度息子様との登山の下調べですね

緑がいっぱいの田舎道を散策は心もいやされて・・・
私は大好きですね

ミック様と息子様のいつも素敵な関係を羨ましく思っております

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
息子との山登りのことを覚えて頂き感謝しております。田舎道はやはり気持ちいいですね。初めて400メートル級のワンダーフォーゲルに挑戦する初心者にごさいますが、改めまして、宜しくお願い致します。
本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 好日写真さん
貴兄の仰せの通りにございます。一時は接点を模索した息子にごさいますが、昨今は友達のような付き合いを致しております。

貴兄にはいつも慈しみに溢れた対応を頂き大変感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

仙台近郊も、すっかり田植えが終わりました。
若葉の緑と相まって、日本の田舎の原風景ですね。
減反による草ぼうぼうの休耕田が多くなってきているのには、複雑な思いがいたします。

鹿狼山、昔は舘などあったのでしょうか。
名前と相まって、ミックさんの探訪記が待たれます。

URL | ginrin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ginrinさん
鹿狼山にちなんだ名水に「右近清水」がごさいますが、本ブログでは昨年の11月28日にこれを取り上げ、翌日に貴兄から心暖まるお言葉「ここで取れる米はさぞかし美味いのでは?」を頂戴した由、これには改めまして感謝申し上げます。

さてご質問の件にごさいますが、この時の記事http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/33869670.htmlに伊達政宗の孫(伊達宗実)がこの地に住み、この水を愛飲したと書いてごさいます。然らば伊達宗実の館が鹿狼山の麓にあった?と推測しています。新地町役場隣接の図書館に足を運び、本件が解明に至った際は貴兄のもとに報告に上がりたい所存にごさいます。

本日は感想、並びに音大提起を頂き、大変感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)