FC2ブログ
「知るは愉しみなり」
本日、昼頃私はJR代行バスで相馬に向かった。目的は相馬郷土研究主催の歴史講演会に出席することである。私は例によって相馬の家紋である「繋ぎ馬」のバッジを付けて出席した。伊達に仕えた者を祖とする私にとって宿敵だった相馬に対して敬意を示すためである。

相馬の市街地中心部はは中村と言われる。中村の裏通りを行く私。その昔、このあたりには花街もあったが、今は飲み屋街と化している。

歴史講演会が開かれたのは相馬市中央公民館である。歴史研究会への出席は今回で六回目である。このあたりは藩政時代に侍屋敷のあったあたりである。

中央公民館の玄関ホールは野馬追にちなんだものが常時展示されているが、左側の旗指物が私の付けているバッジと同じ「繋ぎ馬」である。本日の歴史講演会はブロ友様の暇人ITYさんを誘い、快く同意を頂き、一緒に受講する運びとなった。暇人ITYさんは相馬の隣町である南相馬にお住まいのかたで歴史講演会には二度目の同席である。暇人ITYさんにはこの場を借りて本日の厚誼に感謝申し上げる次第である。

本日の講師は相馬市史編纂委員を務める藤原一良氏(左)である。藤原氏は自作歴史エッセイ『相馬藩士志賀直道への想い』の校正でお世話になった経緯もあり、講演前にこちらから名刺を渡し挨拶に及んだ。藤原氏は現役時代に国語の教師を勤められたとのことであった。

これが本日のレジュメをご覧頂きたい。テーマは「近世の飢饉と中村藩」である。我が国において古代から近世に至るまでの1800年間には370回もの凶作があったとされる。これはおおよそ4.8年に一回の割で発生しており、昔人にとって、台風や地震などの自然災害を上回る脅威であったことのようである。

全国的な主な飢饉としては下記の四大飢饉が有名である。

これは東北地方の四大飢饉である。全国のものとは享保と宝暦が入れ替わることになるが、このほかにも多くの飢饉があり多くの人が餓死したり、疫病を患い亡くなっていったようである。

ちなみに相馬中村藩は18世紀初頭に約9万人あった人口が1835年の天保の飢饉で3万8千人弱まで減少し、対策として越前や北陸ら闇ルートで人を向かい入れたり、女買い入れと言って他の地域から女性を買い取り相馬の独身男性との縁組にしたいきさつがあったようである。また相馬の年貢には検見取制が適用され米などの穀物の出来高に応じた年貢率が算定されていたとのことであった。

何と言っても相馬の疲弊した国力を立て直したのが二宮尊徳の「興国安民法」(相馬では尊徳に敬意を払い「ご仕法」と呼ばれる。)である。二宮尊徳は一度も相馬に足を運ばなかったが、戊辰戦争時の混乱で相馬は尊徳の子や孫を自領に招き入れている。

「知るは愉しみなり」を改めて実感した本日の歴史講演会であった。
本ブログ「相馬郷土研究会関係講座」シリーズ
南北朝時代における楢葉氏の興亡http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/33750105.html
二宮尊徳に学ぶ現代の国起こしhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/33803967.html
中村藩の成立と家格の形成http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/33907174.html
相馬塩業㈱についての研究http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/34084500.html
関連記事

コメント

No title

こんばんは。
スーツ(しかもバッジ)で向かわれたところにミックさんのスタイル、
講演会の講師、スタッフに対するミックさんの心構えが伝わってきます。
そういう心遣いをサラッとできる人はなかなかお目にかかれません。

URL | gt_yosshy ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こういう文化講演会は楽しみなものですね~。。。付けるバッジも心意気を示していますね…。。。

講演の内容も感銘を受けるものであり、なによりでした…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

飢饉には干ばつなどもあるが、冷害が多かったようです。
特に東北は冷害の影響が大きかったのでしょう。
稲や農法の改良で対処してきた歴史もあるが、温暖化により冷害が少なくなったのが第一の原因だと思われます。
40年くらい前でしたかね、冷害で米を緊急輸入したのは。
それにしても、5年弱に一回も飢饉があったとは驚きました。
明治晩年にも飢饉があり、その年に父が生まれましたが、母親は食い意地の張った親父を、「ガス年生まれ」だから、と言っていました。
ガスではなく「餓死年生まれ」だと気が付いたのは後年になってからでした。
今日もミックさんならではの、貴重な記事に接する事が出来感謝しています。
ありがとうございました。

URL | ginrin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは ミックさん

更新お疲れ様です。

歴史講演会ご出席、お疲れさまでした。

スーツを着られて、敬意を表するためにバッジをつけられるところ、ミックさんの相馬に対する熱い思いを感じさせられます。

学校の歴史で聞いた飢饉…さらりと流して聞いていましたが、すさまじいものだったんですね。
今更ながらですが、驚かされました。

「知るは愉しみなり」
ミックさんの生き方を一言で表しているように感じました。

本日もためになるお話をありがとうございました。

URL | ヤスミン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おばんです。
歴史講演会出席、お疲れ様です。

飢饉のことについて いろいろとご教示いただき、ありがとうございます。
4.8年に一回の割合で凶作があり、飢饉によって人口が半分以下にまでなってしまうことがあるとは、かなりの脅威だったんですね。
天候不順や害虫により凶作が起きたようですが、そのころに人々は、対策ができないでいたのでしょうね・・・。
このような凶作や飢饉を経験して人間は、いろいろな対策をして自然に打ち勝ってきたのでしょうね・・。
今日も有意義な記事をありがとうございました。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん

おはようございます。昨日はお誘いいただき大変ありがとうございました。また、冊子もいただきまして痛み入ります。

早速読んでみようと思います♪ありがとうございました。

URL | 暇人ity ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは。

「繋ぎ馬」のバッジが輝いていますね。
講演会にご出席される意気込みを感じます。
お話のテーマはとても興味深く・・
歴史に疎い私ですが勉強になりました。
「知るは愉しみなり」・・いつもながら伝わってきます。
ありがとうございました♪
ナイス凸!です。

URL | - ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
弥生時代以来、古来から飢饉で亡くなった人は戦闘でなくなった人の数百倍はあったと推測しています。それほど頻繁に発生していたのが農作物の凶作でした。こうした普遍性を掴んだだけで大きな収穫と受け止めております。

姫に於かれましてはいつも真摯なご対応を頂戴し大変感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
東北は古来からやませというものがあり農作物に冷害をもたらしてきました。これは北に行くほど深刻で1750年ころ、秋田や津軽から1500~1600人の難民が相馬になだれこんできたことがあったということです。

講師の藤原氏によると、飢饉の惨状は死人の肉を食べるなど当にこの世の地獄であったのが想像に難くないということでした。現代は飽食の時代になりましたが、やはり感謝しなければならないと踏まえております。

貴兄に於かれましては、いつも記事の核心に迫るお言葉を頂戴し感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
土木技術の未発達により治水の不備、天候不順などが凶作の原因にごさいます。逆に言えば現代の飽食には感謝しなければなりません。近世になっても人身売買や間引きはごく普通に行われていたと言われます。

貴兄に於かれましては、いつも暖かいご配慮を頂き感謝しております。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
現代とはまったく比較にならない藩政時代の食糧事情にごさいます。恐らく餓死や疫病で亡くなるかたの数は戦闘で亡くなる人の数百倍は居たと思われます。

二宮尊徳自身は相馬に一度も足を運びませんでしたが、戊辰戦争で危機に瀕した彼の子孫を相馬が引き取ったということです。このあたりに尊徳への限りない尊敬の念を感じます。

ご自身に於かれましては本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> gt_yosshyさん
分不相応のお言葉を頂戴し恐縮しております。若い世代で挨拶と表敬はできても謙譲の心を知らない御仁が増えてきていると聞き及んでおります。フランクも大切ですが師弟関係に於いては折り目正しい姿勢が求められます。司馬遼太郎は儒教を宗教を切り離し、中国、台湾、朝鮮、韓国、日本のイデオロギーの大御所を儒教としていますが、某も同感するところにごさいます。

本日もご厚誼を賜りました。貴兄のお計らいに感謝しております。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
相馬は武士道を殊のほか尊ぶ国柄にごさいます。その相馬をしてもむごたらしいことがあったのが近世の飢饉と受け止めております。飽食の現代からはまったく考えられません。

貴兄に於かれましては、いつも暖かいご処遇を頂き大変感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ginrinさん
西日本では害虫による被害もあったと聞いていますが、東北の飢饉の主な原因はやませと、豊作時の蓄え不足(人災と解釈可能)と聞いております。明治、大正、昭和になっても凶作はあったと講師の先生は語っていました。

貴兄に於かれましては、情報を頂き感謝しております。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ヤスミンさん
学ぶからには己の背筋を正さねばならない。教えられるほうには教えられるほうの果たすべき道がごさいます。これを果たすことで学ぶ姿勢に身が入ります。この日のバッジとスーツはその表れにごさいます。

人口の飽和状態の度数と産業の発達は密接な関係がごさいます。即ち、こうした飢饉や疫病、自然災害、戦などで多くの人命が奪われたのは過去のことで、それを乗り越えようという人類の尽力が産業革命に繋がり、多くの民族間の戦いを経て今日に至っている。こうした流れを垣間見た昨日の歴史講演にごさいます。

ご自身に於かれましては、いつも格別なお引き立てを頂き大変感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
相馬は東北では比較的暖かい地域ですがそれでも飢饉はひどかったようです。人口の推移を見ると、或る飽和点に達すると飢饉が襲い、人口が激減する。そしてまた持ち直す。これを数限りなく繰り返してきたのが実情にごさいます。

昨日はこうした普遍性を改めて知っただけで大きな収穫と受け止めております。貴兄に於かれましては、いつも真摯なご対応を頂戴し大変感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 暇人ityさん
こちらこそ昨日は大変お世話になりました。いつもは相馬駅の近くの相馬市生涯学習館という場所で開催される歴史講演会にごさいます。「生涯学習」とはなかなかいい言葉であり、一生心して、精進しなければならない姿勢と認識しております。

吉田松陰は大河ドラマ「花燃ゆ」の中で自ら起こした松下村塾を訪ねた塾生に「私はあなたに教えることはできませんが一緒に学ぶことはできます。」と述べました。

今の某は松蔭とまったく同じ考えにごさいます。然らば、またいつしか貴兄と机を並べる日が来ますことを祈念しています。重ね重ね昨日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 華さん
ここで「あなたは歴史研究会に出席して何を求めるのか?」と問われたら、「先賢諸氏の生涯学習にかける心意気から授かるモチベーションです。」とお答えします。細かい知識もそうですが、やはり歴史を枝葉に拘らず大きな視点で捉えようとする姿勢を身につけることが何よりも肝要と存じます。

そのためにはこうした講演会で先賢の話に耳を傾け、著物に貪欲にならねばならないと認識しております。ご自身に於かれましてはいつも激励のお言葉を頂き大変感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

私の地元でも飢饉はあったのですね・・・
現代は不況がどうこうであっても餓死者が出ないだけマシでしょう・・・飢饉のない時代で良かったです

URL | ぼたん♪ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ぼたん♪さん
凶作による飢饉は実に4.8年に一回の割で発生していたと言われます。東北の中でも比較的天候のよい相馬でもこの有り様でした。
我々は現代に生まれたことを感謝せねばならないのかも知れません。

ぼたんさんに於かれましては、いつも暖かいご処遇を頂き大変感謝しております。本日も御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)