FC2ブログ
前書き
今まで本ブログでは、他であまり取り上げない「ブログに於けるモラル」に触れてきた。(但し、ブログのマナーを扱ったものは結構ある。マナーとモラルの違いについては過去の記事を参照して頂きたい。)最近も或るブロ友様からトラブルに関する相談を受け、助言を行った経緯があった。本日はブログの盲点とも言えるリスクの多様性にせまりながら、皆さんとご一緒にこの問題について考えてみたい。

最初にお断りしておくが、私のブログは数あるブログの中の一スタンスに過ぎない。従って、ブログの本流はフランクである。何も私のようにブログをそんなに真剣に考えなくても…というかたには読み飛ばして頂きたい。但し、これだけは言っておきたい。それは私のブログは昨今安定してきて荒れることは滅多になくなってきたことである。本日は私が「荒れないブログ」を作るために、今までどのようなことを心掛けてきたかについてもお話して行きたい。
 
A、ブログに於けるトラブルの種類
先ずはブログ上でどんなトラブル(トラブルまでに至らずとも不快感を感じるコメント)を羅列する。但し、大前提として更新した記事のコンプライアンスや倫理において特に問題がなかったと仮定する。
1、相手が更新した記事に対して、当初は突っ込みやフランクな言葉掛け程度に考えた言葉が予想に反して相手を傷つけてしまう。
2、その人の持っている思想や信条に突っ込むコメントをすることで相手の面子を潰してしまう。(人が自分と違った考えを持つに至るのはよくあることであるが、こういう際は無理にコメントせず黙って流すことが無難である。仮に、突っ込みを入れるにしても、内緒投稿とそうでない投稿は雲泥の差がある。即ち、内緒投稿でないと、他人の面前で己の考えを否定されることに等しくなる。)
3、相手の記事の内容などどうでもよく、とにかく自分のブログを見に来て欲しいというコメントを書かれてしまった。(これを無差別に行えば禁じられているスパム行為になる。)
4、女性に接近するために行うストーカー行為。
5、悪意をもって人をトラブルに巻き込み、陥れようとする行為。(即ち、ブログ荒らし)
etcが考えられる。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
B、トラブルに対する対応策
1、孫子の兵法に「無用な争いは避けるべし」という言葉がある。従って、この相手はどうも…と思った際は自分から離れていけば(相手のブログにコメントをせず、訪問しなければ)自然消滅に至るケースが多い。
2、上記と異なり、この相手とはこれからも付き合いたいが、スタンスだけは改めて欲しいという際は、相手に対して、直接姿勢の変更を求めるような口調(命令口調)ではなく、「私は○○の際は○○のようにしています。」という口調で、相手に自覚を促す口調で述べてみる。これを相手のゲストブックに内緒モードで書込み様子を見るのである。これに対して返答がなければ潔く別れる。何らかのアクションがあれば関係が続くことが多い。但し、一方的な押し付けは避けなければならない。

仮に、こちらに二つの言い分があったとしよう。そのうちの一つが通ったらもう一つは妥協してやるくらいの寛容な姿勢が必要である。交渉事で自分の言い分が100パーセント通ることなどは有り得ない。従って「完全」を求めてはいけない。まったく融通が効かないと自ずとその人物には人が寄り付かなくなる。兵法に於いて敵を包囲する際、敢えて四方を取り囲まず、三方のみの包囲に留めて、わざと敵に逃げ道を作ってやるという戦術がある。

四方を取り囲んで逃げ場を失った敵は必死の思いで刃向かってくるため、リスクが多くなるからである。大切なのはこうした相手との交渉を成就させるには自分の主張することが倫理に照らし合わせて正しくなければならないことである。そうでなければ説得力に乏しいものとなる。私の場合は己の倫理の拠り所を儒教でいう五常(仁、義、礼、智、信)に求めている。

3、2では今後も交際を続けて行きたい相手との解決策を述べたが、ここでは別れたい相手となかなか縁が切れなくて困っているケースについて話したい。このパターンにおいても話しかける方法は2と同じである。即ち、最初は尊敬語、謙譲語を多用し、物腰低くが前提となる。但し己が伝えなければならない要点(別れたい、これ以上の接近を控えて欲しい…)は外してはならない。

言葉遣いは物腰低くても心の中は毅然としたものが求められる。毅然としたものがないと相手に流されかねないのである。これで相手が悟ってもらえば問題はないが、それでもしつこく付きまとうとなると話は難しくなる。或る時点でここで無視すると逆上に及ぶことがあるからである。こうした場合は思い切って頼れそうな他人に相談したり、明らかな違反行為であればブログ運営サイトに通報することである。本人に非があればブログ停止(撤去)となることもある。また脅迫などの犯罪性が認められれば警察に届けることをお勧めする。

ミック挨拶
今回相談を受けたブロ友様はAの1、または4にあたるケースでしたが、相談を受けたかたにはBのような助言を行い、幸いにも相手が引いて事なきを得たようです。皆さん、今後このようなことが起きた際は一人で悩まず、是非私に相談してください。それでは皆さん快適なブログライフを!
関連記事

コメント

No title

自らの経験を踏まえた適切なアドバイスをブログで解説されるケースは少ないと思います…。。。これも、貴兄が過去に被った不快を、ブロ友さんに味あわせないための思いやりと存じます…。。。

さいわい、私のブログは、過去に不愉快な思いをしたケースはほとんどないのですが、本日もいろいろ勉強させていただき、ありがとうございました…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは ミックさん

私のブログの場合、まだ幸運にも荒らしには遭ったことがありません。
しかし、中には頭の痛くなるような方も出入りしています。
もう少し様子を見て、判断したいと思ってます。
こじれそうなときは、相談に乗ってください。
よろしくお願いします。

この世界にもミックさんのような救世主がいらっしゃることで、安心できそうです。

本日もためになるお話を聞かせていただき
ありがとうございました。

URL | ヤスミン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
先ほどコメントをしたのですが。削除しましてあらためてコメントさせて頂きます。ミック様の記事に私事を書くという事はミック様にご迷惑がかかる可能性がある事に気付きました。そもそもブロ友様の所で発言した事でブロ友様にご迷惑をかけた私です。今回ミック様がこれほど丁寧にブログでのトラブル回避を書かれているのに安易に私は同じ事を繰り返していたようです。申し訳ございませんでした。そしてその節はミック様には本当にお世話になりました。感謝しております。その失礼を何卒お許し下さい。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
わかりやすく、実践的なノウハウと感じました。
相談された方はミックさんを信頼し、ミックさんなら助けてくれると確信されたのでしょう。
それに応えたミックさんの力量恐れ入ります。
本当に他人の立場に立ち、他人の力になるというのは相当に難しいことだと思います。

URL | gt_yosshy ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

私のブログは日記の様なものですね

ミック様にとってつまらないことでしょうが😭
いつも優しいコメントを頂き感謝致しております🎶

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます

いつも申していることですが
ミックさんのブログを読ませていただくことがなかったら 私のブログは川の底に沈むか 流されてしまっていたことでしょう。
ブログ運営は簡単なようで奥が深いのですよね。

これからも倫理観をもって更新して行きたいと思います。どう頑張ってもかみ合わない人には近づかないことも最近学びまして 自分を楽にしているところです。

いつもご指導ありがとうございます。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、こんにちは。

色々と参考になるアドバイスを頂きありがとうございます。

今のところトラブルも有りませんが有った時は思い起こして対処したいと思います。

ありがとうございます。 ナイス!です。

URL | 好日写真 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
ブログでのトラブルは一人で悩んでる方も多いと思います。心強いブロ友さんがいたり、悩みを相談できる事で気持ちの切り替えが出来る事もありますね。
書かれてある事のように何かの時には
対応として読んでいると気持ちが楽になります。
ありがとうございました。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。

色々な人との出会いはとても嬉しいけれど
悩むこともあって難しいと思っている私ですが
とても参考になります。
いつも熱心で温かなお心遣いにとても感謝しております。
ありがとうございます。ナイス凸!です。

URL | - ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
人は百人百様、ゆえにブログ運営スタンスは大変幅広いものがごさいます。そのなかで避けて通れないのが人様との軋轢にごさいます。兵法に「無用な争い事は避けるべし」との言葉がごさいますが、然らば、人に不快感を与えないことこそが何よりも肝要と心得ます。

さすれば、目指すべき方向は自ずと定まって参りましょう。世に「言ったもんが勝ち」という言葉がごさいますが、これは必ずしもそうでない。やはり言われたほうの心情は察しなければならない。これは多くの場数を重ね、右往曲折を繰り返した私の信念にごさいます。

貴兄に於かれましては、度重なる寛容なる対応を頂き感謝しております。改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ヤスミンさん
人様のお役に立てることが某の何よりの幸いにごさいます。ご自身のブログに何かございました暁には是非お役に立ちたいと存じます。某は奇人と言われていますが、礼節と仁義、忠恕の心だけは持ち合わせています。

出陣依頼があればいつでも駆けつけたいと心得ます。改めまして、今後ともよしなにお取り計らいほどお願い申し上げます。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
とんでもございません。以前も申し上げましたが貴兄とは既に堅牢な信頼関係が構築されております。従って従来どおりのお付き合いを願いたいと存じます。
コメントを書く上で記事内容から逸脱するのは某にもごさいますが、私事を書いてどうかというのはお互いの親密度や内容にもよります。
内容と申し上げたのは礼節や謙譲、慈しみの気持ちが含まれているか、どうかということになります。
但し、これがないからと言ってすべてNGとはなりません。人によっては「フランク」の範囲で留まるからです。
※※※※※
ここからは私のブログ方針にごさいます。三者(良好な関係、微妙な関係、NG)の境界は非常に微妙であり、まして言語がなく文章のみのSNS上でのやり取りでは、誤解やすれ違いが多い。さすれば、石橋を叩く方法を採用するしかないということです。

改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> gt_yosshyさん
自分のブログだけで精一杯の某がなぜ人様のブログに?と自問自答した時期もごさいました。しかしながら対話式ブログを運営する以上、相手様とは膝を交えたお付き合いにしなければならない。

トラブルがあって、ブログを止めたい。休みたいと思っているブロ友様が周囲に多く居られる以上、これを傍観することはできない。これが某の出した結論にごさいます。貴兄のブログは8年前の創設時から強靭な一貫したポリシーが貫かれており、某の心配するところでないような気も致しますが、何かごさいましたら、お声掛け頂きたい所存にごさいます。

改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日もご厚誼を賜りました。コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
とんでもございません。ともたんさんのブログではいつも癒しを頂戴しております。

さて、ブログは海で言えば外洋にごさいます。或いは宇宙空間に浮かぶ惑星にごさいます。さすれば、様々な訪問者が訪れます。ご自身のブログ運営で何か困ったことがごさいましたら、遠慮なく連絡願いたいと存じます。

改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
某は人様を指導するような身の上にございませんが、報徳の精神に則り、人様が困ったら救いの手を差し伸べたいと存じます。某は人様に不快感を与えないことに重きを置いていますが、反面、周囲から堅苦しいブログと受け止められることを敢て否定しません。即ち、安定した運営を続けるにはこうしたデメリットにも目をつぶらなければならないからにごさいます。

姫に於かれましては、堅苦しい某にいつも暖かいご配慮を頂き感謝しております。改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 好日写真さん
トラブルがなくて何よりと存じます。貴兄にはいつも素晴らしい写真で感動を頂戴しております。万が一何かごさいましたら、一報頂きたい所存にごさいます。

改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
礼節、仁愛、忠恕、至誠、叡智…、サラリーマンとしての生き残りと良好なブログ運営の根底に多くの共通点を見出す昨今の某にごさいます。これには歴史小説、時代物、中国古典などが大きなヒントになっております。これを自分の身につけることが延いては城(ゾーン)の構築となり、いざという時に己の身を守ってくれる。これを強く実感しています。

ご自身のブログに何かごさいましたら、遠慮なく一報頂きたいと存じます。改めまして今後とも宜しくお願い致します。本日も格別なる御厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 華さん
デメリットを百も承知の上で、ブログの敷居を揚げている某にごさいます。このスタンスに落ち着くまで低迷期、右往曲折、黎明期を経てきております。歴史ドラマなどに登場する侍の会話(相手を諭す口調)は大変参考になりました。従って現代に於いての武士道はけして死語でないと心得ます。

昨今、日本人の倫理観の根底が儒教(武士道の核を成す部分)にあるのがわからない人が増えてきました。但し、これを嘆いてばかりいても始まらない。先ずは、自らが履行することが肝要と心得ます。

ご自身に於かれましては、万が一の有事がごさいましたら、ご連絡頂きたい所存にごさいます。改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)