FC2ブログ
NHK歴史ヒストリア「漱石先生と妻と猫」
リンク動画解説(時間のないかたは30分過ぎの黒猫の登場するシーンからご覧ください。)
YOU TUBE版のNHK放送のリンクは何れ消去される運命になる。「今が旬」という言葉があるが、読者様に於いては消去される運命の儀、何卒ご了承頂きたい。
本日私がリンクした「歴史ヒストリア 漱石先生と妻と猫」夏目漱石が処女作『吾輩は猫デアル』を発表し、文壇にデビューしたころの逸話である。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ミック近況
十連休も今日で終りである。あっと言う間の十日間であったが、今は心地よい余韻を感じながら、連休の一日一日を思い起こしながら、少し早めの晩酌を嗜んでいる。十連休最後の今日は文豪・夏目漱石にどっぷりと浸りながら春宵の一刻を心行くまで愛でたいと思っている。

実は昨日、相馬図書館から「その時歴史が動いたVol,3」を借りた。

文学者の夏目漱石がなぜ歴史を動かしたのか?「その時」とは1907年春のことである。それまで二葉亭四迷や森鴎外らの先例はあったが、往時の小説家はやくざな商売であり堅気の人間の仕事ではなかったのである。そんな時に漱石は安定した職業である東大教授に就くことを蹴って小説家になった。これは当に画期的なことであった。

動画の中で漱石の病気が出てくるが彼の精神の病は躁鬱病であったとされる。躁鬱病を患った作家としてヘミングウェイ、北杜夫などが知られる。完治が難しいと言われる躁鬱病の漱石にとって、作品執筆は何よりの薬となったようである。実は私も躁鬱病を患った身である。

モチベーション低下と戦わねばならないのは創作家の宿命である。1900年、33歳時のロンドン留学とエリートコースの最先端を歩んだ漱石であるが、モチベーション低下は漱石にも訪れることになる。ロンドンで彼は孤独感を募らせ神経衰弱に陥った。

そんな漱石を救ったのがこの黒猫であった。動画中に「福猫」という表現が出てくる。この黒猫こそが漱石を低迷から救った立役者であった。この黒猫は43歳のとき血を吐いて危篤に陥った漱石を救うことになる。

漱石の妻鏡子は繊細な漱石とは異なりおおらかであったと言う。確かに漱石にとって、福猫(「吾輩は猫デアル」のモデル)の存在は大きかったが、私は鏡子の良妻賢母振りがあってこそ稀代の文豪があったという気がする。

読者の皆様へ
今年のゴールデンウイークも今日で終わります。今月は風薫る五月ですが、一方で五月病という言葉もごさいます。もしそんな窮地に陥ったとき、漱石の妻・鏡子のように「ようござんす。そのうち快方に至ります。」と言えるかどうか…今の私にはまったく自信がございません。(笑)

志賀直哉にしても、山本周五郎にしても、司馬遼太郎にしても、その活躍の陰には内助の功があったとされます。単独では到底成し得なかったことが「男女のつがい」という絆によって成就に至る。二宮尊徳は世の男女の存在は昼と夜の如く「表裏一体のもの」としています。やはり夫婦はいいものだと思います。私も是非先賢諸氏の歩んだ道にあやかり、妻を慈しみたいと存じます。

然るに、読者の皆様には本日も最後まで読んで頂き痛み入っております。一年中で一番いい季節を迎えた皆様にとって、今年の五月がいい月になりますことを心より祈念しています。
関連記事

コメント

No title

> ミントさん
今振り返るに、疾風の如くあっという間に過ぎ去っていった連休にごさいます。(笑)
最終日くらいは遠出せず、文学にでもどっぷりと浸りたいと思い、一昨日相馬図書館で借りた「その時歴史が動いたの夏目漱石etc版」を読みました。残念ながらYOU TUBEにはその動画はございませんでしたが、歴史ヒストリア版がごさいました。

尋常ならぬ文学への熱意、夫婦の固い絆、猫からのヒント…改めまして、一芸に秀でた人物は学ぶべきことが多いと認識しております。

ミントさんに於かれましてはいつも暖かいご処遇を頂き大変感謝しております。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
この夫婦を客観するならば、内助の功を無駄にしなかった漱石の仕事振りが大きかったと認識しております。空気や水に感謝しなければならないのと同じように配偶者には感謝に及ばねばならない。漱石にとってこれを忘れての成功はなかったと察しております。

逆に言えば平凡なる日常積み重ねにして、けして稀代の作家は在り得ない、生みの苦しみを乗り越えての多くの名作誕生とも受け止めております。

貴兄に於かれましては、いつも真摯なご対応を頂戴し大変感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
当時の大学教授は今とは異なり、ほんの少人数しかいませんでした。従って東大教授就任の誘いを蹴った漱石には新鋭作家として歩むべき道の先駆者的な意味があったと捉えております。朝日新聞社お抱えの作家となった彼は、当に英断のときであったと感じています。

但し、一方で迷い、戸惑いもあったようで、ここに却って漱石の人間らしさ、魅力を感じています。この番組に登場するだけで、漱石の圧倒的な存在を彷彿します。

貴兄に於かれましては、昨夜のご自身の更新記事との酷似について語って頂き痛み入っております。本日もご厚誼を賜りました。コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> マルコメさん
昨年のことでしたが、相馬で二宮尊徳に関する歴史講演会が開催されたとき、男女の存在は昼夜の如く、或いは天地の如く、一体であり切り離せないものであるという思想(表裏一体思想)を知りました。

漱石はそのアドバンテージ(内助の功)を最大に活かして己の執筆に活かしたと受け止めております。ご自身にはありがたい感想をお寄せ頂き痛み入っております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
偉大な仕事を成しえた多くの人物の陰に内助の功ありとは山本周五郎の作品『松の花』に登場する数々の良妻賢母のシチュエーションと察しております。動画を見て、夏目漱石の偉業もこの先例に類したことに他ならなかったと感じております。

貴兄に於かれましては、いつも暖かいご配慮を頂き感謝しております。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
やや近寄り難いというイメージを抱いていた漱石が身近に感じられたこの動画にごさいます。成功する人物はどこが違うか?これを改めて認識したような気が致します。

スポーツ界で活躍した人物(鶴岡一人氏、横綱栃錦…)は「成功へのはグランド(土俵)にいくらでも落ちている。それを気づくも気づかないも君次第だ。」と述べていますが、当にその通りと受け止めております。

joeyさんに於かれましてはいつも激励のお言葉を頂き大変感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ginrinさん
わたくし事で大変恐縮ですが、この福猫(黒猫)、昨年の9月3日に新寺緑道で見かけた猫によく似ていて、某自身大変驚いたものにごさいます。それはさておき、貴兄の仰せの通り、福猫と奥さんの存在が漱石には大きかったと察しております。

先賢の貴兄にそのような感想をお寄せ頂き恐縮しています。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> きく枝さん
慈しみに溢れたお言葉を頂戴し痛み入っております。もう立夏を迎えたのですね。お知らせ頂き感謝しております。連休の最終日であった昨日は少し落ち着こうと思い、このような文学にスポットを当ててみました。

夫婦に関する貴姉のお考えをお寄せ頂いた由、大変参考になるものと受け止めております。先賢の貴姉に於かれましては、本日も格別なる御厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> gt_yosshyさん
貴兄のお住まいの松山は漱石が赴任した土地柄にもごさいます。ここに因果を感じております。バイクにこそ乗っておりませんが、何かと気ぜわしく、ばたばたと過ごした連休にごさいます。

拙い記事に感想をお寄せ頂き感謝しております。こちらこそ御厚誼を頂戴しました。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> yokoさん
ハッピィくんにはいつも癒されております。(笑)確かに漱石の意外な一面が見えた今回の動画にごさいます。内助の功なくて文豪夏目漱石はなかったとも受け止めております。

ご自身に於かれましては本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ヤスミンさん
先人から多くを学び実生活に活かす。これぞ実践哲学と認識しております。一見とっつき難そうな漱石にごさいますが、この番組を見ることで彼の存在が近くなった気が致します。

ご自身に於かれましてはいつも真摯なご対応を頂戴し大変感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
漱石は同じ躁鬱病を患った身ゆえ、大変参考になる動画にごさいました。夫婦に関してのお考えをお聞かせ頂き感謝しております。水や空気のような存在ですがなくてはならないのが夫婦と受け止めております。

本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは。
充実した連休を過ごされたようで何よりです。
夏目漱石のことをいろいろと教えていただき、ありがとうございます。
やはり、人は一人では生きて行けないものですね。
素晴らしい伴侶があって 充実した人生を歩むことができるように思います。
今日も素晴らしい記事をありがとうございます。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

私も、もう少し賢かったら良妻賢母に
なれてたのになあ。。。って思います。
賀か強いばかりに殿方より前に出ようと
してしまう自分の性を悔やむばかりです。
ミック様の記事を読んで反省してます。

URL | まゆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは。
GWも充実した時間を過ごされたこと・・
とてもよく伝わってきました。
夏目漱石のお話も興味深く拝見いたしました。
生きている間に色々なことがあり支え合い
一生寄り添える・・理想です!
ナイス凸!です。

URL | - ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

10連休だったのですね。
漱石は学生時代によく読みましたが、黒猫に助けられたことは知りませんでした。周りの人(猫)の存在が、ありがたいですね♪
ネコブームの昨今、我が家にノラネコちゃんが住み着いたのも、偶然でしょうか~笑~

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
動画では病名に触れていませんが、一説によると彼は躁鬱病であったとされます。この病は感情の起伏が激しく、気分の落ち込みも著しかったと察しております。

そんな漱石に福をもたらしたのがこの福猫にごさいます。才能もごさいましたが、良妻と福猫の存在を考えるとき、彼は「強い運」を持ち合わせていたとも解釈しております。

貴兄に於かれましては、いつも格別なお引き立てを頂き大変感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> まゆさん
とんでもございません。ご自身のブログタイトル「なんだかんだあって今。。。」の「今」は十分に光り輝いている。さすれば今までのことは「無用の用」と解釈できます。人と人との巡り合わせほど不可解なこともございません。
及ばずながら、ご自身にとっての「今」が更に光り輝くことを心より祈っております。

感想をお寄せ頂き感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 華さん
「男女はつがいがそろってこそ、自然な姿である」とは尊敬して止まない二宮尊徳の思想にごさいます。
夏目漱石の言葉ではやはり「情にほだされれば云々」が己の心に強く残っています。これを本分としながら、知を追求し永遠のテーマであるところの「角が立つ」、「流されない自分」の矛盾に取り組みたい所存にごさいます。

ご自身に於かれましてはいつも暖かいご配慮を頂き感謝しております。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
確かご自身も二匹の猫を飼われており、一匹は黒猫だったと記憶しています。この動画に登場するような福猫とご自身の猫を重ねています。やはり福を呼び込むには何らかの因果(この人物にして福猫来る)がある。そう思う昨今の某にごさいます。

ブロ友様・布遊さんに於かれましてはいつも真摯なご対応を頂戴し大変感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)