fc2ブログ
Van Halen - When It's Love

リンク曲について
もし人から「あなたが命を代えてまでも守らなければならないのは何か?」と問われたら、迷わず私はこう答えるだろう。「掛け替えのない家族です。」と。我が国の歴史を振り返れば、多くの武将が主君や国(藩)、或いは名誉、そして己の家を守るため、儚い命を華と散らしていった。

サッカーのワールドカップに出場したゴールキーパーは国の名誉に代えても自らのゴールを死守しようとする。自分で語るのも何だが、私が自分の家族を守ろうとする気持ちはこれらに酷似している。家族がピンチに瀕すれば身を挺してでも、これを救わねばならない。これは私が敬愛して止まない祖父母にできるたった一つの恩返しとも捉えている。

本日この曲(Van Halen - When It's Love)をリンクした理由は、ラブソングと思しきメロディーからそんな想いを彷彿したからである。妻子がピンチに陥れば身を挺してこれを救う。これが私にとっての「ゴール死守」であり、己の目が黒いうちにずっと心がけていかねばならないものと認識している。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
息子との太白山登山
前置きはこれくらいにして、昨日私が息子と訪れたのは仙台市西部(太白区)の太白山(たいはくさん)である。ちなみに「太白」という言葉には、(1)きわめて潔白なこと (2)宵の明星( 金星)という二つの意味がある。太白区という区名は、太白星(金星)が落ちてできあがった という伝説をもつ太白山に由来している。(仙台市ホームページより)

そういえば、己の仙境を歌い上げた中国の詩人李白も字は太白であった。我が息子も太白の名にあやかり、高潔な人物を目指して世に羽ばたいて欲しいと願っている。長町駅東口から息子と宮城交通バスに向かって太白山の麓にむかった。終点の宮城交通の山田自由ヶ丘車庫の一つ前のバス停で降りた。写真中央の住宅の屋根の上に突き出て見えるのが目指す太白山である。



住宅地を通り抜け、人来田中学校東の側道を大きく回りこんで宮城交通の山田自由ヶ丘車庫の北西部に差し掛かった。早くも眼下に山田自由ヶ丘の住宅地が広がる。息子のテンションも一気に上がったようである。ちなみに私がこの山に登るのは今回で二度目である。



google航空写真で太白山の位置を確認して頂きたい。
:太白山
:JR長町駅
長町駅東口からのバス乗車時間は片道約30分である。



麓の生出森八幡神社経由で登山道に入る。五合目を過ぎたあたりからは、ご覧のように見上げるような急勾配が続く。「落石危険」の立て札があちこちに掲げられ、緊張感が漂う。さほど暑くはなかったが、息子と何度も休み、水分を補給しながらチェーンやロープに掴まり頂上へと向かった。



いよいよ頂上が近づいた。頂上に達する少し前に下山する幼稚園児の集団と擦れ違い、「気をつけてね!」と声を掛ける。貴船神社鳥居が見られ、霊験あらたかなるものを感じるシーンである。



頂上には祠が立っている。頂上に達し、絶景を目の前にして感慨に浸る息子。



太白山は標高約321メートルである。



頂上に滞在した時間は約20分ほどであった。これは仙台都心方向である。やや春霞が掛っているが絶景である。



村田町、蔵王町、遠刈田方面である。画像には映っていないが、蔵王には残雪も見られた。



下りは登りよりも気を使う。下からは次々に登山者が登ってくるからである。ところによっては、足場のよくない岩場もあるので、自らが落石させないように細心の注意が必要である。



この後、無事に下山してバスに乗って長町駅に向かい、息子とともに食堂で空腹を満たした。いい思い出となった昨日の太白山登山であった。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)