FC2ブログ
Radetzky March-Karajan
リンク曲選曲に至った動機byミック
本日このカラヤン指揮のRadetzky March(ラデツキー行進曲)をリンクしたのに理由は二つある。一つはこの動画に登場するカロヤンのように70を遠に過ぎても矍鑠としていたいからである。やはり人間は己の一番好きな道(職業にしても、趣味にしても)に勤しんでいる時が一番輝いて見える。この様は晩年近くを迎えた孔子に弟子たちが「師匠は食事をとるのも忘れるほど学問に没頭し、自分が年を重ねた憂いなど微塵も見せなかった。」と語ったことにも酷似している。私は俗物ゆえ、カロヤンや孔子の足元にも及ばないが、せめて老いてもその姿勢だけはこの二人を見習いたいと思っている。

もう一つの理由は自分がリンクしたこの名曲をヘッドホーンで聞きながら、価千金と言われる春宵を愛でながら酒に酔いたいためである。李白は月下独酌の中で自らの春の酒を「酔ったあとは天も 地もない。何もわからずに一人枕について寝てしまう 。自分の存在すらも 忘れ果てる。これこそ酔後の楽しみの最たるものである。」と詠っているが、私も彼のような心境に至りたいのである。極論すれば良質の音楽と酒があれば何も要らないほど至福を感じるのがこの「黄金の組み合わせ」である。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
山元町坂元地区のポタリング
そんな私が本日向かったのは新しくできたJR常磐線の新坂元駅である。駅の隣にはコンビニエンスストア(ローソン)も新設(去る2月末に開店)され、12月末の新駅開通を今や遅しと待ちわびている。

ほぼ完成した坂元駅である。位置は以前の旧坂元駅よりもやや内陸側に移されている。これには山元町町長の意向が強く関係したと聞き及んでいる。

新常磐線のほとんどはこのように高架橋でかさ上げされている。

国道6号線を横切り西に向かうと新たに造成された土地に住宅が建設されていた。まだまばらだが、旧市街域を中心にしてコロニー(集落)を彷彿させる立ち並びようである。

Google航空写真で本日のルートを確認して頂きたい。
:坂元駅、:山元町役場
TOTAL走行距離≒8キロ

本日走行したルートの約四分の一はこのような長閑な田園地帯である。雄大なロケーションであるが、ブログへのリンク曲にクラシックを選択するのもありとも感じている。

緩やかなアップダウンの田舎道を通ると小集落があちこちに点在しているのがわかる。その小集落の中にこのような古い神社があった。何と由緒は8世紀に遡る。史跡も点在しこの界隈が歴史に彩られた土地柄なのは間違いないようだ。

これはヤマツツジだろうか?花にレンズを向けることが少ない私だが、思わずペダルを漕ぐ足を止めて見とれてしまった。紅一点とはよく言ったものであるが、それにしても可憐な咲き様である。

しばらく進むとT字路に差し掛かった。右が6号線方面、左が旧道の東街道である。帰路には遠くなるが、私は連休真っ最中ということもあり、迷うことなく左(東街道方向)に向かった。

二つ目の神社のそばで茶色の野うさぎを見つけた。最初は猫と思ったが、近寄ると耳が立っているので見分けがついた。野うさぎは私が30メートルほどに近づいたところで逃げていった。珍しい野うさぎを見かけ、何かいいことがありそうな予感がする。(笑)

この後、東街道を山側(西)に向かった。旧道らしくところどころ曲がっていて、中にはこのようにS字状になった地点も見られた。

これは常磐自動車道との立体交差である。この先のゆるい右カーブを道なりに進めば帰りのバス停がある山元町役場方面である。

山元町役場から代行バスに乗って亘理に帰った。私はトランクから折りたたみ自転車を取り出して組み立てた。小さな旅はこうして終わった。

ちなみにまだ酒は飲んでない。あまり早く飲みすぎると早く寝てしまうからである。今宵は李白のように「自分の存在すらも 忘れ果てるほど酒に酔いたい…」とは思いつつも量をわきまえながら、亘理の閑を仙境に見立てつつ、心行くまで連休の夕刻の酒を愉しみたいと思っている。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
皆さんはどんな酒の飲み方、愉しみかたをされておられるでしょう?但しこの質問、下戸のかたには何卒ご容赦願いたいと存じます。
関連記事

コメント

No title

こんにちは

カラヤン指揮ですね。
振っているカラヤンも 手拍子をしている聴衆も
楽しそうで良いですよね。♪

田園風景のなかサイクリング。そろそろ田植えが始まりそうですね。昨日の新潟平野は田植えがされていました。
自転車は帰りは畳んでバスでの帰宅なのですね。
良いですね。♪

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

やはり、一日の終わりは酒で締めくくりですね…。。。もろもろの憂さがあっても、すばらしい喜びがあっても、締めくくりは酒で緊張感を解きながら、それらを反芻するのが私の夕刻の酒なのですよ…。。。

そして、余力があれば、ブログをつらつらと書くのですよ…。。。

したがって、休肝日は設けておりませんが、加減をしながら日々を送っております…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
カラヤン良いですね。観客を巻き込んでの指揮をとっているのですね。何とも乗りの良い曲です。こちらまで高揚してくる気がします。所で己自身を忘れるほど酒を飲み寝てしまう。これは究極の飲み方かも知れません。こういうお話をお聞きしていると。酒飲みは良いなあと私などは思ってしまいます。下戸にはその楽しみが無い。ミック様、今宵はタップリとお酔いになり。その境地に達して下さい。まだ休みは終わっておりません(笑)。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
風薫る5月、よい天気になって自転車で巡る小さな旅にも
いろいろな発見や出会いがありましたね。
途中で出会った野うさぎは、幸せの野うさぎだと私も感じます(笑)
よいこときっとありますね♪
今日は飲まないと決めていましたが・・
ミックさんのご質問に刺激されて一口だけいただくことにします(^^;
今なら冷酒・・芳醇な地酒が大好きです。
一日を振り返りながら明日の楽しみも見つけながらです。
ナイス凸!です。

URL | - ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
カラヤン指揮のRadetzky Marchは一緒に手拍子や
足でリズムをとりたくなるような軽やかさと強さが
ありますね。
新駅開通にそなえ、少しずつ変わっていってるのですね。
野うさぎのシャッターチャンス、逃さず撮されて
良いことがあると思います♪
お酒は休みの前の日しか飲みませんが季節の果実を
絞って入れて楽しんでいますhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s281.gif">

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは ミックさん

小旅行、お疲れさまでした。

野兎に遭遇するとは。幸運でしたね。
あちらのうさぎさんも、ミックさんに会えて良いことがあるかもと考えているかもしれません。

以前は、毎晩ビール一本の晩酌を欠かしませんでした。去年の秋にそれを止め、今は外に出た時にだけ飲んでます。
ミックさんのように、酒を味わって飲めたら一人でも楽しめるんでしょうね。

ブログの更新お疲れさまでした。
今日も楽しく拝見させていただきました。
ありがとうございます。

URL | ヤスミン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

歴史のある場所なんですね。野ウサギも珍しい出会い
ですね。車ではなく自転車ならではの出会いですね。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おばんです。
山元町でのポタリング、お疲れ様です。
水の張られた水田、咲き誇るヤマツツジを眺めながらのポタリングは、気持ち良さそうですね。
すばしっこい野ウサギをよく写真に収められましたね。
ほんと何か良いことがあるといいですね。

私は、毎日ビールの350缶を1本くらい飲んでいます。
ビールを飲むと一日が終わったような感じがしますし、一日の締めくくりにビールを飲むようにしています。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは~

なにかドキドキ感があって楽しそうなルートですね。
ミックさん、ピーターラビットに出会ったのですか~ルン♪ ((o'∀'o)) ルン♪
とっても羨ましいです。
そちらには自然がいっぱいで散策が楽しいですね。

坂元駅は立派に出来ましたね。
とてもステキな駅舎です。
ミックさんの自転車も軽快に走りそうで良いですね♪

URL | ミント ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

仙台近郊でも兎は見なくなりました。
子供の頃はよく見たものですがね。
阿武隈山地の里山は、まだ自然が残っているという事でしょうか。
自転車はバスの荷物室に格納してくれるんでしょうか?

URL | ginrin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
遠くに行かなくても散策は身近なところに転がっています。これが田舎暮らしのアドバンテージと認識しております。
もっともこういった考えは歳を重ねて実感してきたことにごさいます。

最新の記事を拝見させて頂きましたが、姫に於かれましては、いい連休を過ごされている由何よりと察しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
貴兄らしいこだわりをもった酒の嗜み方をお知らせ頂き感謝しております。酒はやはり浮世の憂さを晴らすという意味で大きな意味があると捉えております。量のほう、適量ならば休肝日は不要と察しております。

貴兄に於かれましては、本日もご厚誼を賜りました。コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
リンク曲への感想痛み入っております。酒飲みの危ういところは酒に飲まれそうになることがある点にごさいます。即ち、もう少し飲みたいという煩悩と常に戦わねばならない。これを考えればいっそのこと飲まないほうが…と考えることもごさいます。(笑)
中国の漢詩で酒を詠ったものが多くごさいますが、逆の意味(量を弁えるべしという暗示)で酒の飲み方を教わることもごさいます。

貴兄に於かれましては、本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 華さん
ご自身の酒に関するお話、恐れ入っております。予期せぬ出逢いと申しますか、見慣れた長閑な風景の中で、昨日ピーターラビットのような野うさぎに出逢えたのは殊のほか嬉しかったです。

いいことがあればいいのですが(笑)華さんには、本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
リンク曲への感想を頂き感謝しております。昨日の野うさぎは本当に驚きました。記事には載せませんでしたが「田舎暮らし研究会」という一風変わった看板があり興味を引かれました。(笑)

季節の果実を絞って入れる飲み方は季節を味わえ、体にも良さそうで大変参考になります。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ヤスミンさん
昨日の野うさぎは愛らしくてとても可愛かったです。然らばいいことがあると捉えたいですね。(笑)

御自身のことを語って頂き感謝しております。酒は量を控えるべしと知りながら、某は俗人ゆえ連休中はどうしても増えてしまいます;本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
確かに野ウサギと出逢えたのは自転車ポタリングのお陰と受け止めております。昨日は感性に優しい小旅ができて心地よい余韻を感じております。

貴兄に於かれましては、本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
以前野ウサギを見かけたのは二十数年前に仕事で原町(現南相馬市)を訪れた時と記憶しています。それだけに目撃は嬉しかったです。

貴兄に於かれましては、大変参考になる飲酒指向(量を抑えれば毎日でもまったく問題なし)をご教示頂き感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ミントさん
ピーターラビットに出会って一気に気分高揚に至った童心の某にごさいます。(笑)道端の花への興味はミントさんのブログからの影響が強かったです。

坂元駅はそれにしても小奇麗で立派になりました。今から開通を楽しみにしております。ミントさんはきょうはお仕事でいらっしゃいましょうか?本当にご苦労様です。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ginrinさん
このあたりの阿武隈山地は山というより丘陵という印象が強いですね。昨日は野生のうさぎを久し振りに見かけ、カメラにも収められ、未だに感動に浸っております。ご質問の件にごさいますが、仰せの通り(収納スペースが左サイドに二室あり)にごさいます。

貴兄に於かれましては、本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)