fc2ブログ
Van Halen Jump
リンク曲解説byミック
百人百様という言葉の通り、人の趣味趣向は多岐に渡っている。中には洋楽はどうも…、ロックはどうも…、というかたもいっらっしゃることだろう。なのになぜ洋楽をリンクするのか?本日はこれについて述べたい。

私は過去の記事で自分の更新する記事と人様のブログにおじゃましたときのスタンスはまったく違うと述べてきた。(ヘッダーからリンクしている【ホームとビジターの違い】参照)従って自分が更新した記事はプロ野球で言えばホームグランドである。

私はホームグランドでは堂々と自己主張己を行うが、人様の記事(ビジターグランド)での自己主張はなるべく抑え、聞き役に徹して人様の領域に深く立ち入らないようにしている。考え方はいろいろあるだろうが、私はこれがブロ友様と長くお付き合いできる極意(気配り)と認識している。

然らば、ホームグランドで自己ゾーンを構築しいる以上、自分のブログは城に匹敵する。従って更新した記事では、誰にも気兼ねすることなく自分のカラーを思いっきり出すのである。但し、そんな私でもブロ友様への負担を考えている。一日に数記事を更新することは在り得ない。また一記事に於ける掲載写真の枚数を適度な範囲に留める。これが私のブロ友様への思いやりである。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
前置きが長くなったが、このVan HalenのJampは精神を解放しモチベーションを高揚に至らしめる曲ゆえ、私のゾーンに近い曲でもあり、私の持ち球の一つである。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
満開を迎えた相馬中村城址の桜
本日午前中、私は相馬の中村公園(中村城跡)の桜を見に出かけた。お堀には満開の桜がせり出している。このあたりは、3000本の桜を誇る青森の弘前城跡の「ひろさき桜祭り」のイメージとも似ている。

この鳥居の先は中村神社である。ところでブロ友の皆様は昨年7月の相馬野馬追を覚えておられるだろうか?この鳥居をくぐって宇多郷の相馬武者が野馬追に向けて出陣したあの熱い日のことを…。中村神社参道にはこのような出店も出ていた。

世に「花道」という言葉がある。人生の花道、大相撲の花道…、けして日の当る道を歩んでいない私だが、当に本日のこの参道こそが花道に相応しいシチュエーションではないのだろうか?私はそんな取りとめもないことを考えながら、この道を心躍る思いで通り抜けた。そう言えば、仏教の教えに「この世の出来事は全て幻」というものがあった。さすれば今日通った此の花道も幻と言えないこともないのかも知れない。

左方向が中村神社、正面が相馬神社である。

相馬と言えばやはり馬を連想するかたが多いと捉えている。白馬は総大将が乗る馬でもあるが、やはりオーラが違う。

そういえば相馬の家紋の一つの「繋ぎ馬」も白馬であった。

最後に相馬神社に隣接する天守閣跡に向かった。当に春爛漫の趣、多くのかたが花見に興じておられた。

今年も早いもので既に27パーセントの日々が過去のものとなった。相馬野馬追まで、後三ヶ月半である。間もなく一年で一番いい季節を迎えるが、今年も相馬人の魂の燃焼である相馬野馬追を確と見届けたいと思う昨今である。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)