fc2ブログ
自衛隊行進曲「大空」
リンク曲解説byミック
この曲に出逢ったのは数年前の福岡国際マラソンのスタート時に演奏された自衛隊の生の演奏であった。マーチと言えば外国ものとばかりと思っていた私が驚いたのは、この曲の持つ圧倒的なスケールの大きさと、何事に於いて物事に立ち向かう際、持ち合わせなければならないモチベーションであった。

私の記憶が定かであれば、過去のブログ記事には二度ほどリンクさせて頂いたことがあった。本日は或ることが動機になり、また春本番を思わせる気候のこともあり、それを百も承知で自衛隊行進曲「大空」の生演奏版をリンクに至った次第である。

息子の門出を祝う山登り
或ることとは明日から大学生になる息子の前途を祝す意味である。息子には尊敬する祖父(書庫の自叙伝【少年の日のこと】参照)のように些事に捉われない鷹揚な人物になって欲しいと思っている。

息子をJR亘理駅で出迎えたのは9時10分のことであった。ホームに降り立った息子の様子からは、いつもにも増して気分高揚を感じた。私と息子は既に到着している相馬行きのJR代行バスに乗り込んだ。

通勤で通いなれた国道6号線を南に向かうと、わずか9分ほどで浜吉田に着いた。JR代行バス用の浜吉田駅は鉄道の浜吉田駅とは別地点で2.5キロほど西に離れたところである。右側のドライブインサザエが本日昼食をとった食堂である。

息子とともに延々とした田舎道を夜討坂入り口に向かった。広大な田園、屋敷林、畑、大自然に抱かれた家屋…、全てが感性に優しい。

夜討坂入り口から心臓破りの急坂を登り阿武隈山地山中の辻に着いた。戦国時代に伊達が相馬に夜襲をかける際に通った夜討坂は3月6日に訪れて以来、25日振りの再訪である。正面方向が本日目指す黒森山、四方山方面である。

google航空写真でルートを確認して頂きたい。(約1.8倍に拡大可能)
紫:JR亘理駅
黄色線:3月6日踏破した尾根道
黄色丸:夜討坂(辻)
赤線:本日踏破した尾根道
赤丸:四方山
桃色:ドライブインサザエ(昼食をとった場所)

尾根道はこうしたなだらかなセクションもあるが、ところによっては険しいアップダウンもある。非常に変化に富んでおり、ワンダーフォーゲルの醍醐味を存分に味わえる環境である。

左側の赤いリボンに注目。里山を歩好会のご厚意で樹木にこうした目印が付けられ、けして道に迷うことはない。発起人である鈴木氏、手戸氏(東北大学ワンダーフォーゲル部OB)、登山道切り拓きに携わった有志のかたがた、亘理町町づくり協議会の関係者のかたがたには、改めて感謝申し上げる次第である。

標高255メートルの黒森山に到達すると一気に西側の視界が広がる。(角田、大河原、船岡方向)圧倒的なロケーションを前に感動し写真を撮りまくる息子。気のせいだろうか、普段は口数の少ない息子だが、本日はいつもにも増して饒舌のような気がした。

これは国土地理院の三角点である。念のため、黒森山は西側の視界は広がるものの、東側(太平洋側)の眺望は木々のブラインドになっている。(過去のインターネットでは読み取れなかった部分の情報)

黒森山から今まで踏破した阿武隈山地の北の峰々を望んだ。山肌が見えるところが3月6日に訪れた鴻ノ巣峠(絶壁)である。

黒森山から再び尾根道を南に向かい20分ほどで四方山に着いた。このスポットは過去の記事で何度か紹介したが、何れも車やバイクでの訪問であった。今回のように尾根道を踏破しての訪問は感激の度合いがまったく違う。

四方山からの360度大パノラマに感動する息子。こちらは太平洋側のビュー、正面の方向が山元町方面(南東方向)である。

春霞の中、宮城を代表する山、蔵王もはっきりと視界に捉えられた。大河・阿武隈川の蛇行の様子も手に取るようにわかる。

この後、下山からドライブインサザエ到着には一時間を要した。メニューはアジフライ、モツ煮込み定食(税込み¥950)である。カロリーから言えばすごいボリュームであったが、二人とも空腹ゆえ、何一つ残さずたいらげた。少年時代に食が細かった息子への懸念は私の取り越し苦労であったようだ。

間もなく息子は大学生になる。世には金に換えられないものが多く存在するが、そんな彼には父として最高の贈り物ができたと思っている。彼の前途が開けるのは私の生きがいでもある。その背景にはもちろん敬愛して止まない祖父母への恩返しがある。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)