FC2ブログ
昨今のブロガー事情とトラブル対処方法
短期間(ここ一ヶ月)の間に私のブロ友様、数名様が相次いでブログを休止されたり、閉鎖(コメント欄のみを閉鎖されたかたも居られる)されたりしている。多忙、体調不良などの不可抗力はともかく、本日はなぜこうした事態が起きるのかを分析し、皆様とご一緒に、良好なブログ運営について模索したい。

尚、以下のデータは第一学習者様の「エディクト」2009年VOL10より引用させて頂いたことを最初にお伝えする。ここでいう炎上とはブログに批判や誹謗中傷の書き込みが殺到することである。

お断りしておくが、私のブロ友様のサイトはけして炎上したわけではなく、一部のかたからの批評、批判を受けたものである。ここにハインリッヒの法則(労働災害に於いて、1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するというもの。)を適用するのならば、数百の個人間のSNSトラブルが存在する中で、炎上に至るのは一つという確率になる。

建設業や製造業の職場では、ハインリッヒの法則を用いたKYK(危険余地活動)やヒヤリハット(日常業務で危険を感じた体験を将来起こりうる災害への対策として掲げ、注意喚起を促す手法)が朝礼などで行われている。私はこうした手法をブログ運営にも応用しこうした事態が起こらないように、自己ブログを客観するようにしている。

炎上した事例を掲げるとこのようなものになる。それを個々に分析したい。

コンプライアンス、マナー、モラルに反するもの
コンプライアンス(法)に反することは論外であるが、マナーやモラルとなると難しくなる。以前、過去の記事にマナーとモラルの違いについて書いたことがあったが、ほぼ世界共通と言っていいマナー(倫理感)に対してモラル(良識)は地域や宗教、思想などで異なってくる。

不適切な発言
これは、必ずしも書いた内容が正しいかどうかで決まるわけではない。書かれた側に利害関係があれば、例え書いたことが正しくても時として批評や批判を受けることがある。

微妙な問題への発言
これも
と同様である。

嘘ややらせを書く
これは言うまでもないことである。




に重複を見るため省略。

ミックのブログトラブル対策

、人はけして神仏に非ず。従って自分だけが正しいと思った時点で既にリスクのあるスタンスとなっている。従って一方的な観点に陥らないよう、常に自己客観視を怠らないよう配慮したうえで記事を書いたり、己のコメントを述べる。

、儒教思想だけがモラルではないが、我が国の今日の倫理感は儒教から多大な影響を受けて形成されたものである。即ち、礼節、仁愛、信義、誠実、忠恕、謙譲を己の本分とし、人様に不快感を与えないものとなるよう努める。

、「武士の情」という言葉があるが、別れ行くブロガーにはけしてダメを押すことなく、表敬、謙譲を持ってまたの再会を期す。


の仁愛にも関係するが禅の教えに「官に は針を入れず、私に車馬を通ず」( 表向きは針も通さないほどの穴と思っていたら、実は車でも馬でも通ってしまうほどの大きな穴だったという姿勢)というものがあるが、それを地で行くものでありたい。即ち、自分に厳しく、他人に優しいというスタンスをブログコンセプトとして掲げたい。
ミック挨拶
皆さん、私は今後も上記のことに配慮しながらブログ運営を行い、皆様と楽しいブログライフを分かち合えるよう努めて参りたい所存です。改めまして、今後とも宜しくお願い致します。
関連記事

コメント

No title

ミック様へ
私はその不適切な発言をブロ友様の所でしてしまいまして。それを読んだ方から抗議がありました。私は間違っている発言をした訳では無いと確信しておりますが。先ずいけなかったのが。ブロ友様の所で発言した事が拙かったです。抗議した方が私を罵倒するのは良いのです。しかしブロ友様が閉鎖状態になってしまい。今も承認制となっております。ブロ友様からはお許し頂いたのですが。それが本当に申し訳ない事をしてしまったと反省しております。私の不適切な発言は私自身のブログでするべき物でした。それが一番間違っていたと感じております。今回のミック様の記事を拝見してあらためて勉強させて頂きたいと思います。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは。
ブログの中で自分と相手だけではなく
コメントに訪問されている方達が不安や嫌な気持ちに
なるようなケースは避けたいですね。
実際に過去に自分ではない方達が言い合いになるようなケースもありましたが
節度や思いやりがあれば、空気は読めるのでは無いかと感じます。
実際にそのような事があったブロ友さんは
謝罪をされてお付き合いがなくなりました。
顔が見えないとは言え、言葉を交わす場は何を書いてもいいという安易な気持ちでは
お付き合いは続かないものだと思います。
逆に顔が見えなくても何年もお付き合いが続き
個人的にお付きあいをして、そこから更に信頼がおける間柄になった方もいます。
ブログでは色々な問題がおこる事がありますが
ルールを守り楽しく続けて行きたいですね。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは。
ミックさんから客観視と言う考え方を教えて頂いてから、ブログ上だけでなく、日常生活や仕事の上でも物凄く自分に役立ってるなあと感じてます。
ブログ上の様々な問題も究極はそのあたりに集約されるのではないかと思っています。
今回も人として大切な気付きをありがとうございます。

URL | gt_yosshy ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、こんにちは。

これからも変わらず、よろしくお願いしますね~!
ブログ生活は、楽しくありたいですよね。
私もミックさんの様にありたいです^^

ナイス!

URL | Rain ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは

他人にされていやなことは
自分も人様にしない。。。ということを肝に銘じて。
これは本当は難しいことですよね。
ひとりひとりの感性が違うのですから。

ミックさんの言われていること 最近よく理解できます。
最近 私が気になるのは不平等な人。
そんな人には 近づかないでおこうと 最近思うようになりました。そうすると少し自分も楽になりますね。

ミックさんのブログ道は王道をいっていらっしゃいます。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

私も、ちょっと気を許すと、悪気はなくとも人様の気分を害するようなことを書いてしまう傾向があります…。。。ミックさんの自分を客観視して、そうならないよう、ゆめゆめ気をつけたいと思います…。。。本日もありがとうございました…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、このたびはお忙しいのに、本当にありがとうございました。
ミックさんのお陰で、気分が楽になってきました。

ブログや掲示板による誹謗中傷は、スルーしないと
いけないですね。
正義感でムキになってしまったら、相手の思うツボです。


本日のトラブル対処法も、大変勉強になりました。
これからも、よろしくお願い致します。

URL | yoko ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
SNSでのトラブルは実社会のトラブルと質が違います。ここに礼節や仁愛、忠恕の重要性を痛感しています。
貴兄の今回の件はけして他人事でなく、自分の身に起きたことと思い真摯に受け止めております。
さすれば、既に貴兄がされておりますように、今は沈静化を待つのが寛容と存じます。
本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
フランクはお互いの信頼関係があって初めて成り立ちます。それで食い違いを生ずるケースは多いと受け止めております。某はブログで礼節を取り入れるようになってからはリスクは確実に減ったと捉えております。

儒教精神のブログ導入は見方によっては堅苦しい印象を人様に与え自ら敷居を高くするということは否めませんが、代わりに安全性を獲得できるメリットが大きいと認識しております。

きょうは御自身のことを語って頂き感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> gt_yosshyさん
鈴木健二さん(元NHKアナ)の書いた『きくばりの進め』のようなお気持ちを皆さん一人一人が持ち合わせて頂ければいいのですが、なかなかそうも行かないのが昨今の時勢にごさいます。

リスクを考え、こうした儒教路線に落ち着いた某のブログスタンスにごさいますが、礼節をご教示頂いたのが貴兄のブログにごさいました。これには重ね重ね御礼申し上げます。

改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日もご厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> Rainさん
安全性、安定性をブログに持たせるために今のような儒教重視のスタンスを取り入れました。
こうした事情でコメント数はけして多くございませんが、安全性との引き換えゆえ、これで良しと思っています。
Rain さんに於かれましてはいつも暖かいご配慮を頂き感謝しております。改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。

本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
SNSの怖さは宇宙空間に漂う隕石や小惑星衝突のリスクと酷似しています。そうした中で如何に安全に楽しくブログを運営できるかを日々模索しております。

世には価値観が違う人も多いですが、合う人も多い。某は後者のかたとお付き合いさせて頂ければ十分と受け止めております。それには儒教精神を持って失礼のないようお仕えしたいと存じます。

姫に於かれましては改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
顔の見えない世界は実世界以上に人づき合いが難しいと捉えております。
従って安全側に出るのが某のスタンスにごさいます。本日は御自身のことを語って頂き感謝しております。

貴兄に於かれましては、今回も御厚誼を頂戴しました。改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> yokoさん
初期状態ならまだ手のうちようもごさいますが、一度沸騰に達したサイトは放置するしかございません。
このあたりはSNS特有のものであり、各運営者が覚悟しなければならないリスクと受け止めております。

正義感はマナーというよりもモラルに属する性格が強く、人によって価値観が異なるものゆえ難しい領域と認識しております。予防策としてはやはり記事に書いた点が肝要と心得ます。

yokoさんに於かれましてはいつも真摯なご対応を頂戴し大変感謝しております。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)