fc2ブログ
相馬郷土研究会「相馬塩業株式会社についての研究」
私が相馬郷土研究会に初めて出席したのは昨年秋のことだった。今回の出席で四度目になる。今まで出席した講座はをまとめると
第一回「南北朝期における標葉一族の興亡とその系譜」(講師:泉田邦彦氏、H27・9・26開催)
第二回「二宮尊徳の思想と仕法」(講師:大藤修氏、H27・10・24開催)
第三回「中村藩の形成と家格の形成」(講師:岡田清一氏、H27・12・19開催)
である。従って本日は三ヶ月ぶり、四度目の相馬郷土研究会出席となった。



会場となったのは相馬市中村「相馬市生涯学習館」である。



本日の私の「こだわり」についてお伝えしたい。胸のバッジに注目。相馬の代表的家紋である「繋ぎ馬」である。但し、これは相馬研究会のバッジではない。私が自主的につけた自家製のバッジである。

バッジをつけた理由を説明したい。これは伊達と相馬はかつて敵対した同士だが、伊達に仕えた者を祖に持つ私にとって相馬の敷居は殊の他高いと感じたためである。何度か出席し、出席者のほとんどは相馬の先輩諸氏ということがわかったため、「郷に入れば郷に従う」という意志を示したいと思ったのである。

少し考えすぎでは?と思う方もおありになるかも知れない。しかし或る著物によると相馬では昭和の頃まで「仙台の人には気をつけろ」との言い伝えがあったというのである。私は相馬の年輩のかたの中には、今でもこうした考えを持っているかたがあると捉える同時に、自分自身のモチベーションを揚げるという意味でこの自家製バッジをつけて、研究会に出席したのである。



相馬市街地の中村では、歩道のインターロッキングの装飾に「繋ぎ馬」が施されている箇所がある。



右側の「相馬郷土」という本(相馬郷土研究会が一年に一回発刊)に他のかたの著物とともに、私の歴史エッセイ『相馬藩士志賀直道への想い』が掲載されている。

内容について興味のあるかたは書庫の「歴史エッセイ【志賀直道への想い】」を御覧頂きたい。この本は市販もされている。値段は一般価格が¥1500、会員価格が¥500である。



講座が始まる前に講師の紹介があった。左から東北大学名誉教授(歴史経済学者)の岩本由輝氏、本日講師を務める東北文化学園大学非常勤講師の佐々木秀之氏、司会の猪狩正志氏。



講師を務める佐々木氏は晴れて、この4月から宮城大学の准教授となられる。岩本氏から彼の前途を祝する言葉が述べられると、会場からは惜しみない拍手が寄せられた。佐々木氏は笑顔が似合うおかたであった。私は気さくでありながら諸先輩に気を使われる彼の謙虚な姿勢に殊のほか好感を感じた。



さて、本題の「相馬塩業株式会社」について説明する。設立が昭和19年ということは戦時下のことである。塩は人の生命を司る大切な物質であるが、物資が不足したこの時代において、その入手、摂取には切迫感が伴ったという。そういう事情でにわかに相馬で塩を作る工場が計画され、操業するに至ったのである。



この建物が相馬塩業株式会社である。終戦が近づくと敵機の機銃掃射の標的にされるなど、操業は困難の連続だったという。



佐々木氏の相馬塩業株式会社の研究はまだ途中である。創作に携わる者は常に好奇心を保ち、且つモチベーション獲得について多くの策を講じなければならない。もちろん私もそうありたいと思っている。従って次回の彼の講演がとても楽しみである。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)