fc2ブログ
えおぴっぷすへの初投稿
私の歴史エッセイ「伊達と相馬の相克シリーズ」の作品四作のうちの一つが「えおひっぷす」(相馬郷土研究会の月刊誌)に掲載された。この作品は1年前に書庫の「伊達と相馬の研究」に発表した作品で、はな祭壇という葬儀社の季刊誌に既に掲載されたものであるが、私の元請である㈱今野印刷・せんだいっ子編集室のご厚意で相馬郷土研究会の「えおひっぷす」への投稿を許可頂いたものである。㈱今野印刷様にはこの場を借りて、改めて御礼申し上げる次第である。

尚、掲載されたエッセイの原作は過去に更新した『丸山城を巡る伊達と相馬の攻防』である。



エオヒップス(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より引用)
北アメリカと ヨーロッパの新生代古第三紀始新世の地層から産出するウマの祖先の化石。体は キツネぐらいの大きさで前足には 4本、後足には 3本の指趾をもつ。アケボノウマ(曙馬 )ともいう。

化石からこうした馬の始祖とも言える小動物が見つかったとされるが、「えおひっぷす」相馬の歴史を研究するということを連想させるなかなか気の利いた命名と受け止めている。馬の始祖がキツネぐらいの大きさとはそれにしても小さい気がする。



えおひっぷすの裏側には3月の郷土研究会の案内が掲載されている。明後日3月26日(土曜)の講座は『相馬の塩業(2)』(講師:東北学院大学文学部 佐々木秀之教授)である。当日はもちろん私も受講するつもりである。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
相馬郷土研究会では新たなかたの入会も募集しています。(年会費¥3,000)志あるかたは事務局に取り継ぎたいので私まで一報頂ければ幸いです。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)