FC2ブログ
仙台藩士幕末世界一周

今、或る仙台藩士の本を読んでいる。その本は『仙台藩士幕末世界一周』玉蟲左太夫(たまむし さだゆう)外遊録である。訳者の山本三郎氏は玉蟲左太夫の子孫に当たる人物である。

玉蟲左太夫(1823~1869)
仙台藩士玉蟲伸茂の末子として生まれる。1846年(弘化)に江戸の湯島聖堂で学び、その塾長となる。1857年(安政)に箱館奉行堀利煕と共に蝦夷地を調査し「入北記」を著す。1860年(万延元年)日米修好通商条約の批准書交換使節団の一員として渡米した、帰国後大番士となり、のちに養賢堂(仙台藩藩校)指南統取となった。1868年(慶応)戊辰戦争が勃発すると奥羽越列藩同盟の成立のため尽力し軍務局副頭取となった。1869年(明治)敗戦後捕縛され獄中で切腹

1860年に日米修好通商条約の批准書交換使節団を運んだのはポーハッタン号と咸臨丸で咸臨丸は勝海舟、福沢諭吉、ジョン万次郎らも乗船していたが、太平洋で嵐に遭い、損傷も激しく修理の後に日本に引き返している。

この船が玉蟲左太夫らが乗ったポーハッタン号である。蒸気船と帆船の機能を併せた船であった。

赤線がポーハッタン号の航路である。咸臨丸がサンフランシスコに直行したのに比し、ポーハッタン号は燃料補給のためハワイ経由の航路となっている。

玉蟲らはその後キューバ経由でワシントンやニューヨークを周り大西洋からアフリカ最南端の喜望峰、東南アジアを経て日本に帰国している。

これはポーハッタン号の甲板での、出港を祝うパーティーの絵である。(横浜開港資料館所蔵)

これは1860年5月26日付けのフランク・レスリー・イラスト新聞に掲載された使節一行でパナマのアスピンウォールからローノーク号に乗船する絵である。(東善寺所蔵)下向き加減に日本の侍たちが、かしこまった表情をしているのが印象的である。左太夫はその行程を膨大な量に上る日誌に記録しているが、日誌では日本側の使節がアメリカ側に諂い、へりくだる様子を歯痒い思いで見ていたことが窺える。

太平洋で壮絶な嵐に遭遇する咸臨丸。日誌では左太夫の乗ったポーハタン号も何度か嵐に遭い、生きた心地がしなかった旨の日誌を残している。

ワシントンの海軍造船所を訪問する渡米使節一行。造船所で最先端の造船技術に接するのも大きな使命の一つであった。

玉蟲左太夫は下級武士出身であったが、有能だったがために、帰国後に戊辰戦争で会津藩主との交渉を託され、敗戦後は仙台藩の早とちりで切腹に処せられた悲劇の人物である。私はこの本を読み、彼に対しての興味が一層深まってきたので、今後の歴史研究のテーマに是非取り入れたいと思っている。
関連記事

コメント

No title

おばんです。
咸臨丸の名前は、聞いたことがありますが、ポーハッタン号の名前ははじめて聞きました。
この時代に世界一周をしていたんですね、凄いことだと思います。
そして玉蟲左太夫の名もはじめて聞きますが、凄い人のよいうですね。
このような人物に興味を抱き、歴史研究のテーマに取り入れることは、素晴らしいことだと思います。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
お名前も船の名前も初めて知る方ですが
多くの功績を残され、そして長い時をかけて
世界一周された方なのですね。
壮絶な最後の死は悔やまれてなりません。
日頃、知る機会がなくとも、このような機会に
歴史を知る事が出来るのは素晴らしい事です。
今後の歴史研究も楽しみにしています。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

後の新政府にとっても、宮城県にとってもかけがえのない人を失ったと残念でなりません。
もう少し顕彰する必要を感じました。
その手始めをミックさんがされた事を有難く感じます。
今日も有意義な記事に接し感謝しています。
ありがとうございました。

URL | ginrin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

世界一周まで出来ませんが・・・・
横浜から~何度か短い期間の船旅に行きましたけど~


今から150年も前に行かれた人には~すごい事ですね
とても興味がもてます

若くして命を無くされて〰とてもかわいそうです。

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
生まれた時代が悪かったと言えばそれまでですが、賊軍とされる側にもこうした優秀な人物が居たことを知って頂きたいと存じます。
落ち度がなくてもこういう不遇な人生を歩むのは支倉常長にも共通します。

フィラデルフィアでは日本側が自由外出とされたのに、これに乗ってこない上層部を批判した記述も見られ、彼の積極性が窺えます。強いて言うのならば彼に英語が話せたら随分違っていたのかも知れません。

先賢の作家星亮一氏は既に彼のことを書いています。星氏にははるかに及ばぬ某にごさいますが、せめてエッセイを書いてみたいと察しております。貴兄に於かれましては、いつも激励のお言葉を頂き大変感謝しております。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
英雄も悪くないのですが、やはり悲劇の主人公に焦点を合わせたいと考えております。同じ仙台藩に江戸時代の初期、末期の違いはあれ、欧米に飛び出した者が居たのは因果とも捉えております。前者はもちろん支倉常長のことにごさいます。

玉蟲左太夫の頭の片隅には藩祖・伊達政宗公のグローバルな視点があったのかも知れません。それを思うだけで熱いものを感じます。幕末の仙台藩に傑出した人物が居ないとはよく言われることですが、玉蟲左太夫は例外と受け止めております。

彼にもし語学(英語)があったならば榎本武揚のような人物に匹敵するのではないか?とも察しております。姫に於かれましてはいつも暖かいご配慮を頂き感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> みっくさん
勝海舟は有名ですが二宮金次郎を批判していたことがわかり、驚いております。また坂口安吾は伊達政宗を痛烈に批判しています。こうしたことで人物に好き嫌いを生ずるようになる。これも歴史探求の普遍性と受け止めております。

某は郷里にちなんだ人物で、脚光を浴びなかった人物に日の目を浴びせたいという気持ちが強うごさいますが、玉蟲左太夫はその最たる人物と認識しております。

ヴァスコダガマ(ポルトガル)が喜望峰を回ってインド航路を開拓したのが1497年ゆえ、玉蟲左太夫はその363年後に似たような航路をとったことになります。この年月が両国のグローバル的な視点の時間差とも感じています。

貴兄に於かれましては、本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
幕末に於いて新政府軍側は優秀な人物を多く輩出しました。しかしながら、こうした優秀な人物が賊軍側に居たことを是非知って欲しいと考えています。

玉蟲左太夫の素晴らしいところは抜群の筆力で使節団の偉業を残したことにごさいます。但し歴史は都合のいいように改ざんされる。咸臨丸のほうばかり脚光を浴び、玉蟲の偉業はひたすら隠された。ここに某はメスを入れたいと考えております。

貴兄に於かれましては、いつも格別なお引き立てを頂き大変感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
支倉常長が伊達政宗公の命により船出したのが1613年。ゆえに玉蟲左太夫が東京湾品川沖を船出したのはその247年後のことになります。奇しくも彼らは二人とも仙台藩士にごさいました。その時、玉蟲左太夫の脳裏には恐らく政宗公の描いた海外への壮大な夢が再来したのでは?と受け止めております。

左太夫に関してはまだまだ序の口の知識ゆえ、今後研鑽を深めたいと考えています。貴兄に於かれましては、いつも真摯なご対応を頂戴し大変感謝しております。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
夜に「生みの苦しみ」という言葉がごさいますが、新生日本とともに多くの優秀な人材が花と散っていったのが明治維新と受け止めております。玉蟲左太夫には土方歳三のような華やかさはございませんが、古風で真摯なしっかりとした芯を持った侍と捉えております。

彼を知ることで幕末の仙台藩への興味が大幅に増すのを感じています。また彼のような侍を追うことが武士道の真髄への道標になるとも察しております。

ご自身に於かれましては、いつも慈しみに溢れた対応を頂き大変感謝しております。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ginrinさん
玉蟲左太夫に関しては星亮一氏が既に本に著しておられます。ゆえに先ずはこれを読み、左太夫に関する認識を更に深めたいと察しております。こうした史実に際し改めて感じるのはどうしても地元贔屓にならざるを得ないということにごさいます。

このあたりは先賢の貴兄に大いなるモチベーションを頂いております。改めまして貴兄の御厚誼に感謝申し上げます。本日はコメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

歴史を変えた昔の人達の勇気には感心します。
味知の海原へ乗り出し嵐の中を進んで行くなんて
。。。先人のこうした勇気があったから日本の
発展があったのですよね。

URL | まゆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
玉蟲左太夫のような優秀な人材が多く失われたのが明治維新にごさいます。新政府軍の人材ばかりが脚光を浴びがちな昨今、仙台藩の侍を祖に持つ某は是非仙台藩側の人物にスポットを浴びせなければなりません。

それだけに彼との出会いはモチベーション高揚を感じております。ご自身に於かれましてはいつも記事の核心に迫るお言葉を頂戴し感謝しております。本日はコメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> まゆさん
坂本竜馬や高杉晋作など、上方の人物ばかりもてはやされる昨今にごさいますが、奥羽越側にもこうした傑出した人物が居ります。何卒お見知りおきのほどお願い申し上げます。

まゆさんに於かれましてはいつもありがたいお言葉を頂戴し感謝しております。本日も格別なる御厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今晩は。

仙台藩士、玉蟲左太夫、日米友好通商条約調印に
渡米「江戸時代に世界一周の苦難の記録を24歳にて」書き遺した。
前途有望な人物が幕末の動乱に47歳で散ったと言う
だが、しっかりと歴史上に名を残された立派な人物、玉蟲左太夫を
今後の歴史研究をされるのですね、くれぐれもお体にお気を付け
ご研究にご精励され、今後のご活躍を楽しみにしております。
ナイス(^^https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s326.gif">です

URL | きく枝 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

新たなる研究テーマが見つかって良かったですね。
また、ミックさんの研究テーマにふさわしい人物のようですね。その時代に世界一周ってすごいです。
資料がたくさん見つかるといいですね。
楽しみにしています~♬

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> きく枝さん
仙台藩に仕えた祖を持つ某にごさいますが、このような人物が藩に居たことを誇りに思います。それを執筆のモチベーションに換えたいと考えています。本日もいつも激励のお言葉を頂き大変感謝しております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
玉蟲左太夫に対し藩祖伊達政宗公のグローバルな視点を重ねるかたは多いと感じています。ただ見たままを綴るだけでなく、侍としての視点で使節団の姿勢を的確に批評する彼のスタンスに共感を感じています。

ご自身に於かれましては本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今日は、連日の勤務お疲れ様でした、

すっかりと新しい職場にも従業員の方にも馴染まれた事でしょう
週の途中からでしたので明日は良いお休み日ですね、

さて、上記の記事を読ませて頂きました、
今から思えば1860年代に太平洋を渡ってアメリカに行く
航海技術が有ったのも凄いと思います、
現在の航海計器や大型化した船なら僅か10日~12日程度で
行きますが蒸気機関と帆走の時代ですから大変な冒険だったの
でしょうね、

仙台藩士 玉蟲左太夫なる人物を初めて知りました、
いい勉強になりました、有難うございます。

URL | 雲MARU ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 雲MARUさん
西国にお住まいの貴兄から仙台藩士・玉蟲左太夫をお褒め頂く。これ以上の名誉はないと察しております。
ブログを通じて貴兄と知り合え、本当に良かったと思います。これからも貴兄との情報交換に期待しています。

本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)