fc2ブログ
ブログ レスキュー承ります
数年前、或る知人から私のブログを「攻撃的なブログ」と言われたことがある。私は敢えてそれを否定しないし、それを自分の個性と受け止めている。攻撃的と言われるのは、ほとんどの人が内面に留める範疇のことを、敢えて発言に及ぶからであり、人間心理の本質に迫ることをタブーとせず、隠すことなく記事にする所以と察している。またある程度ブログの敷居を高くしないと、招からざる者が突然訪れ、「このブログは何を書いてもいいんだ…」という観念を与えるからである。言葉を換えればこうした人物への牽制と受け止めてもらって結構である。

然るに、記事をほとんど更新しないブロガーはともかく、或る程度の頻度で更新するブロガーにとってどうしても避けられないことがある。それはブログに招かざる客が来ることである。その多くは
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
①売名目的で自分のブログを見に来て欲しいという内容のコメントを残して立ち去る者。(これを多くのブロガーに行えばヤフーで禁じている「スパム行為」に当たる。)
②からかい、愉快犯的な発想で心無いコメントを残していく者。(これも限度を超えれば誹謗中傷となり、ヤフーの規約違反となり、摘発の対象となる。
③思想的背景や組織背景があるように見せ掛け脅迫、威圧してくる者。
④ブロガーのゲストブック欄に見るに耐えない猥褻な写真を貼り立ち去る者。
などが挙げられる。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
規約に違反すればヤフーに通知して、書き込んだブロガーのサイトを閉鎖することもできる。(ブロ友様の中には、既にこれを経験されたかたがいらっしゃると聞いたことがある。)また脅迫に至った場合は警察に捜査を依頼することもできる。

但し、ここで問題がある。①、②、③に関してはあくまでもコンプライアンスの問題を範囲としており、マナー、モラルに関する行き過ぎに対しての効力が及ばないという点である。それゆえ、これは非常に難しい問題である。客観に及べば、ほとんどの人は人の争いごとなどに首を突っ込みたくないし、巻き込まれないために見て見ぬ振りをして通り過ぎるのが実情と察している。

しかし、私は違う。私はブロ友様、お得意様がこうした窮地に至った際にはけして傍観せず、レスキューを心がけている。

※これはゴルフクラブのユーティリティクラブ(アイアンとウッドの中間的な性格)で商品名は「レスキュー」と呼ばれるものである。ユーティリティを和訳すれば役に立つとか使い易いという意味があるが、ここで私が言う「レスキュー」とはユーティリティクラブのように、潰しの効く、且つ人様の役に立つブロガーでありたいと思う所以である。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
過去の主なレスキュー実績

一昨年、或る女性のブロ友様に心無い書き込みがあった際、そのブロ友様に適切な助言を行った上で、誹謗中傷と見られる部分をコピーし、証拠を保管し、その後の推移を見守り事なきを得た。

2チャンネルでの誹謗中傷を発端とし、或る男性ブロ友様にトラブルが発生した際、事態の沈静化に向けて何度も助言を行い、そのブログを救うべくレスキューに及んだ。(そのブロ友様のブログは現在休止状態)

昨年、或る女性ブロ友様がつきまとい行為(ストーカー被害)を受けた際に、そのブロ友様に応援と激励を行い。ブログが閉鎖に至るのを阻止した。(そのブロ友様のブログは現在、別な事情で休止状態)
etcである。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
現在抱えている問題
最近或るブロ友様(男性二名)が意図的なコメントをされ、ゲストブック欄に内緒投稿で連絡を受けたので、お二方にはレスキューを申し出た。(一人は解決、もう一人はコメント欄を閉鎖中)
コメント欄を閉鎖されたブロ友様には求めに応じて、様々な尽力したいと考えている。
レスキュー方針表明byミック
他のブロ友様に於いて、このような不測の事態が発生した際は遠慮なく相談願いたいと思っております。その節は今までの経験を活かして適切な応援、助言をしてゆく所存ですので宜しくお願い致します。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)