FC2ブログ
阿武隈山地からの絶景(前回未公開)
本日は、去る3月5日に登った亘理町内の阿武隈山地からの絶景をお送りしたい。読者の皆様に於いては、これまで3回に渡って掲載した記事になぜこれらの写真を含めなかったのか疑問に思われるかたもお在りになろう。敢て分割した理由はお得意様、ブロ友様への負担を配慮したためである。これはブログの一記事に於ける写真の量が多すぎると、これを見るほうが大変(スクロール操作や飽きの問題による)になるという知人の忠告を受けたものである。自分から見るといいと思うことが、他人の目から見れば必ずしもそうは見えない。私は己を抑え、その極意を掴むことこそが自己客観視へ通じる道と捉えている。

鴻ノ巣峠から丸森町方面を望む。幾重にも重なる山の稜線だが、あいにくの春霞で蔵王連峰が見え難いのは重ね重ね残念であった。

これは夜討坂の峠から少しばかり東に外れたスポット、展望台である。

一枚目の写真を撮影した場所と方向は赤の矢印
二枚目の写真を撮影した場所と方向は黄色の矢印
である。

近いうちに息子とともに、夜討坂から尾根道を南に向かい、四方山(しほうざん)に至るルート(2.8キロ)までを踏破したいと考えている。
関連記事

コメント

No title

おばんです。
確かに今の時期は、春霞で遠くが望めないのが残念ですが、素晴らしい絶景のところですね。

蔵王連峰と海が見える景色、気持ちが良いところのように思います。
また、息子さんと阿武隈山地を歩くのが楽しみですね。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

一枚目の写真は採石場の風景ですね…。。。結構大規模なものと承りました…。。。この辺りは、かっては峠越えの旧道があった辺りなのでしようか…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは
そうなんですか 今日はアウトテイク版ですね。でも登らないと見れない 多分私は、見ることのない景色を目に焼き付けておきます。

URL | みっく ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

せっかくの登山に~霞がかかって残念でしたね
あまり山の事は分らないのですが~
蔵王はスキー場で雪が有るのでは・・・

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、おはようございます。

ミックさんのブロ友さんへの心配りには尊敬しますが、
綺麗な地元の風景は地方では見られませんので大いに
写真のアップをお願いします。

ナイス!です。

URL | 好日写真 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
この美しさがあるから山歩きは止められなくなるのでしょうね。美しい映像とそのご配慮に感謝しております。また次回のご計画もある。息子様とは趣味が合い。楽しみですね。羨ましい限りです。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
力強く広大な眺めに美しさを感じますね!
頂点に登った景色に霧がかかっていたのは残念ですが、それでも素晴らしいです。
ご配慮も優しさを感じました。有難うございます。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
素晴らしい風景ですね。
広大な気持ちのよい景色は、山登りされた方だけの
ご褒美ですね♪
素敵なものを見せていただきました。
ありがとうございます。

URL | - ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
太平洋と奥羽山脈の両方が望めるスポットを紹介させて頂きました。貴兄の阿武隈山地南部のワンダーフォーゲルも楽しみにしております。

本日は貴兄との太いバイパス(第2常磐道)構築に対し改めまして、感謝申し上げます。何卒今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
ご質問に関しては軽はずみなことは一切言えない。ゆえに今後の課題とさせて頂き、精査の上報告させて頂きたいと存じます。

改めまして、貴兄との切磋琢磨に心から期待を寄せています。本日も格別なる御厚誼を賜りました。貴兄のお計らいに感謝しております。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> みっくさん
貴兄は語彙が豊富にごさいます。ゆえに「アウトテイク」なる言葉は思いも尽きませんでした。本日はご教示頂き大変感謝しております。

貴兄は関西在住、某は東北在住、距離は確かにかなりありますが、実質的な距離は親密度によってまったく違ってきます。お気づきでしょうか?昨今は益々その距離が近くなったのを…

貴兄に於かれましては、本日もご厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
蔵王は宮城県人の心の拠り所であり、誇りにごさいます。それに触れて頂いただけで感無量にごさいます。

本日も格別なる御厚誼を賜りました。ご自身のお計らいに痛み入っております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 好日写真さん
恐れ多いお言葉を賜り痛み入っております。今後も貴兄の卓越した写真技術に期待しております。

本日もご厚誼を賜りました。改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
自己客観視は永遠の課題にごさいますが、これに近づこうとするのと意識するのとしないのでは大違いと受け止めております。貴兄に於かれましては、いつも自己客観視に至るヒントを頂戴し痛み入っております。

息子との付き合いは一度離れたがゆえにもたらされた因果と受け止めております。但し、これは実現するまでは一切闇にごさいました。ゆえに、これからは息子絡みの記事が増えると認識しております。

貴兄に於かれましては、いつもスティディな対応を頂き大変感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
山に登った時の感動は標高と必ずしも比例しない。これは今回阿武隈の峰々に登った某の率直な感想にごさいます。インターネットでさほどメジャーでない分野に、息子とともに新たな足跡を刻むことができたのはこの上もない幸いと捉えております。

某はブログ運営に於けるモチベーション維持(UP)を最大課題と認識しておりますが、今回のワンダーフォーゲルでその手掛かり、足掛りを掴んだと受け止めております。{{s14}https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a708.gif">

ご自身に於かれましては、本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 華さん
ブログライフは低下しようとするモチベーションとの戦いにごさいます。但し、そうわかっていてもなかなか思うようには行きません。そんな状況下にあって、ご自身のブログからはいつも格別なモチベーションを頂戴しております。

某は自己ゾーン構築を戦国武将の築城に重ねることがよくごさいます。有体に申し上げるならば、ご自身のブログからはその極意を感じています。改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。

こちらこそ、本日はご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

見事な眺めですね~♬
子の眺めと、達成感が、山登りの魅力なのでしょうね。それに加え、ミックさんは息子さんと同じ体験ができるのですから、止められないですね。
次回も楽しみにしています。

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
仰せの通りにございます。山登りはけして机上では得られないものがごさいます。その達成感を息子と共有できるのはこれ以上望めない至福と捉えております。

布遊さんに於かれましては慈しみに溢れたお言葉を頂戴し、大変痛み入っております。本日もご厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)