fc2ブログ
亘理町阿武隈山地北部踏破シリーズ第2弾「鴻ノ巣峠の絶壁」
本日は亘理町阿武隈山地北部踏破シリーズ第2弾「鴻ノ巣峠の絶壁」として、昨日更新の記事の続きを紹介する。

阿武隈山地の割山峠からアプローチした私と息子は最初の急斜面を一気に登り尾根道に入った。平面上で説明すれば、左廻りに大きな弧を描きながらアップダウンを繰り返す。坂の多くはなだらかであるが、地質学的には「亘理地塁山地」と呼ばれるだけあり、様々な高低差を有する塁(基盤or野球で言えばベース)を登り坂、下り坂が繋いでいるような概念である。

多くの坂はなだらかであるが、中には急斜面な坂もあり、変化に富んでいるのがこの地塁山地の特徴のようである。登山口から700メートルほど来るとこのような愛宕沢の分岐標識がある。恐らく愛宕沢からのアプローチも可能と思われる。

遂に鴻ノ巣峠に出た。一気に視界が開けた。私も息子も感動に浸った。
※下のサイトはFCブログ(安全なサイトを確認の上でリンク)である。

丙午紀行を旅する

このサイトによると昔はこの亘理町内からこの峠に至る道があったとされる。春霞が掛かっていて蔵王が薄っすらとしか見えないのが残念である。

正面に見える盆地が角田市である。どうやら、この広大な崖は砕石を採った跡地らしい。

鴻ノ巣峠の通過はスリル満点。崖っぷちを歩くだけでなく、中には蟻の門渡的な形状(鋭角に尖った形)をしているセクションもある。身がすくむ思いであるが、自分の身より後から来る息子のことのほうが心配である。

峠に山神三社と馬頭観音を祀った石碑があるが、崖側を向いており彫られた文字を判読するのが難しい。

これは亘理側(東側)の崖であるが、ロープに掴まらないと転落するリスクを含んだセクションである。ワンダーフォーゲルとは言え、当にアドベンチャー的な要素の強いルートである。これらは昨日紹介した亘理歩好会の尽力で整備されたものである。2010年からの整備で以前は危険だったセクションが初心者でも行けるようになったわけであり、改めて歩好会の功績の大きさに敬服する次第である。

崖に沿ってしばらく行くとつつじの森がある。

つつじのさく季節ではないが形のいい松が一本立っていた。砕石を採取する以前のこの峠において、昔人が峠を越す際、或いはこの松の木の下で休憩してたのかも知れない。正面に見えるのは恐らく船岡方面と思われる。

鴻ノ巣峠から数百メートル南に行くと閑居山(かんきょやま)に着いた。ここで私は水を飲んで息子と休憩した。

本日紹介したセクションは黄色の区間である。
橙色:鴻ノ巣峠
青色:つつじの森
紫色:閑居山

そして、いよいよお目当ての夜討坂(ようちさか)に向かう。夜討坂の模様については次回の更新でお伝えしたい。

参考までに、夜討坂は黄色で囲んだセクションである。


関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)