fc2ブログ
亘理町阿武隈山地北部踏破その1
昨年の秋に息子と山元町の阿武隈山系・深山に登ってから約5ヶ月が経つ。この間私は新たな阿武隈山地登山について準備を重ねた。準備とは登山口の下調べや登山用の杖の用意などである。そして本日その想いをついに果たす時が来た。

ここは県道14号線、亘理方面から角田方面に向かう割山峠である。右側の建物(中古自動車販売店)に着目して頂きたい。登山道の入り口に向かう幹線道路はこの建物の真向かいからのアプローチとなる。インターネットを調べたところ、この入り口がなかなかわかり難いとのことで、見つけるまで二、三回往復したとのことであった。割山からのアプローチを希望されるかたは、この車屋が目印なので見落としのないようにお願いしたい。

これが割山峠の登山道入り口に向かう幹線道路である。

200メートルほど西に行くと道が「く」の字に右に折れ曲がっているが、この場所が登山口入り口である。ここに車を駐車しての入山も可能である。

ガードレールの脇に、このような入り口を示す標識が立っている。

念のために、google航空写真で登山口入り口をご確認頂きたい。赤丸が入り口である。

ここで亘理の阿武隈山地の尾根道の整備に関わった功労者(発起人)を紹介したい。
左が亘理歩好会会長の鈴木氏、右が副会長の手戸氏である。2010年5月から伐採を始め、5年に渡る大事業であった。改めてお二方のご助力に畏敬の念を表明し、快挙達成に惜しみない拍手を送りたい。

それでは、本日の私と息子が歩んだルートをgoogle航空写真でご覧頂きたい。黄色の部分が本日のお目当ての夜討坂(戦国時代、伊達がこの坂を通って宿敵の相馬を討とうとしたロマンを感じる峠道)である。

ありがたいことに所々の木々にこのような赤いリボンがつけられている。このリボンによって道に迷うことはなかった。

登山口に入るといきなり急斜面の登り坂が目の前に現れた。相当気合を入れていかないときつそうである。

これだけ勾配のきついところを登ろうとするならば登山用の杖は必需品となる。これは息子の登山杖である。

これが私の登山杖である。(長さは90センチで木枯し紋次郎愛用の長脇差とほぼ同じ長さである。)
但し、バスや電車に乗る際は武器にも見えかねないので注意が必要である。(笑)

急勾配の登り坂を登り詰めると、このようななだらかな尾根道が続く。

間もなく高圧鉄塔(no,20)が視界に入る。

本日踏破したルートは掲載したい写真があまりにも多いのでブロ友様、お得意様に迷惑を掛けることが予想される。従ってこの続きは明日以降の更新としたい。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)