fc2ブログ
3月に入っていよいよ春らしさに拍車が掛ってきた感がある。本日は昨日の朝のJR代行バスの車内の様子をお伝えしたい。いつも私は亘理発相馬行きの始発に乗って勤務地に向かうが、1月1日に初日の出を見に行ったときは亘理駅は真っ暗であった。それが3月ともなれば、この変わりようである。

暗い中での雪の日の通勤は、やや足取りを重く感じたこともあったが今は違う。出発地の明るい亘理駅に際し、心に高揚を感じながら車窓からの眺めを楽しむ。そんなシチュエーションが多くなってきた昨今である。

出発から2、3分。町道から国道6号線に出る辺り、左側が相馬方面である。

県境を越え、通過駅の最終である福島県新地町の駒ヶ嶺駅。元日はこの辺りで日の出を迎えたが今ではすっかり太陽が高くなり日が差している。

相馬駅到着は7時10分頃、バスの中では風景が7割、読書が3割といったところで列車とは違った配分(揺れで活字を追い難い状況)である。

これから春分の日に向け益々日が長くなる。私はその過程をとことん楽しみ己のゾーン構築に活かしたいと感じている。今は「兵法入門」(松井茂著)を読んでいる。振り返れば戦いに明け暮れたサラリーマン生活ゆえ、今更「兵法入門」を読んでも遅い気がするが、別な視点でサラリーマン生活を振り返るには良書と受け止めている。


関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)