FC2ブログ
昨日(2月22日)の河北新報(宮城県の地元新聞)の文芸欄に私の書いた歴史小説が紹介された。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
歴史小説『金色の九曜紋とともに』粗筋
1613年、最後の戦国武将と言われた伊達政宗は生涯最後の天下取りの野望を夢見て、慶長遣欧使節団をヨーロッパに派遣した。使節団を率いた支倉常長は多くの苦難を乗り越え、スペイン国王やローマ法王との謁見を果たす。しかし支倉を待っていたものは…
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
※みちのく春秋の購入を希望されるかたは下記の電話番号(編集者・井上康氏)に直接連絡してください。(バックナンバーもございます。)

私の作品である『金色の九曜紋とともに』が文芸誌みちのく春秋に連載されたのは一昨年の秋からで、今回発刊された2016年新春号で6回目となる。内容についてはブログに発表した原作に幾分訂正を加え、見直したものとなっている。

最初に目次1を御覧頂きたい。

次に、目次2を御覧頂きたい。

ちなみに『金色の九曜紋とともに』は宮城県図書館(仙台市泉区紫山1-1-1 TEL:022-377-8441(代表) FAX:022-377-8484)で所蔵され、郷土関係論文目録に登録されている。

※検索方法インターネット検索場面で”宮城県図書館””金色の九曜紋とともに”と入力するとこのサイトがトップでヒットします。

ミック挨拶
皆さん、今後とも、私ともども、文芸誌みちのく春秋を宜しくお願い致します。
関連記事

コメント

No title

おはようございます。
やっぱり取り上げる出版社がありましたか。ここまできっちり調べあげられていてblogで終わるのはもったいないと思っていました。もちろんblogの方が不特定多数の目に触れるチャンスがありますがhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/013.png">
書物として後世に残る偉業を果たされたことで更なる飛躍を期待いたしております。

URL | みっく ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは。
新聞に載ることで、更に多くの方が読まれる機会が
増えますね。
書物という形が残ることで
ネット環境がない方にもとても興味のある内容だと
思います。素晴らしい大作を書き上げたミックさんの
気持ちがもっと多く広まることを望んでいます。
おめでとうございます。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

すごいですね!
しかもこの取り上げられ方は、雑誌の中でも「目玉」になっているということですよね。素晴らしいです!
ミックさんのブログの文章も、とても読ませるものですから、雑誌でも多くの読者が待っているのでしょう。
今後も期待しています。

URL | ミューズ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック殿
お邪魔致します。
ミック殿の着実に前へと進まれるパワーに感服致しました。今立ち止まっている自分に叱咤激励をいただきました。ありがとうございます。

URL | 103 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今日は。

お勤めされながらの創作活動、両立されると言う事は
ミックさんの逞しい精神の強さが有ってと思いす
歴史上の人物伊達正宗公を、知る上で数々の資料を要しまた知る方が
居られれば行き見、お話を聞く大変な努力を積み重ねられた事と存知ます
歴史小説として刊行、宮城県地元新聞文芸欄にて、発表された事は
我が子が独り立ちして飛び立つに等しい喜びの事と思います
この度の吉報を受け、誠に心よりお祝い申し上げます。
さらなる持ち前の知識と能力を存分に発揮されると共に
ご健康に留意されて
今後なおいっそうの、ご活躍されますよう、楽しみにしております
ナイス(^^https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s326.gif">です

URL | きく枝 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、おばんです。

己の創作活動結果が世の中に広まる・残る、、、というのはモチベーションがすごく上がりそうですね♪

実家に帰ったら河北新報を見てみます。

URL | 暇人ity ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
慈しみに溢れたお言葉を頂戴し痛み入っております。貴兄の暖かい配慮が某の励みになったことに対して深く感謝しております。

何卒今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 好日写真さん
創作活動はモチベーション低下との戦いにごさいます。ゆえに貴兄のお計らいには大変感謝しております。

貴兄に於かれましては、本日も格別なる御厚誼を賜りました。何卒、今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> みっくさん
みちのく春秋の編集者であられる井上様のお計らいで顧客を紹介して頂き感謝しております。
最近は相馬郷土研究会のご厚意で歴史エッセイを寄稿させて頂いています。
これらのコネクションを大切にするとともに、常に前に出るスタンスを心がけたいと存じます。

貴兄に於かれましては、分不相応のお言葉を頂戴し恐縮しております。本日も格別なる御厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
今思い起こせば、二年数カ月前の執筆時にスランプに陥ったことがごさいました。
発想が枯渇して、まったく筆が進まなくなったのです。その時にご自身からかけて頂いた激励ほど嬉しいものはございませんでした。本当に感謝しております。

これからは新作に向け、新たな意欲を養って行きたいと考えております。ご自身に於かれましては本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ミューズさん
分不相応のお言葉を頂戴し大変恐縮しております。某はしがない文筆業の端くれにごさいますが、人様の様々な趣向、ご趣味に触れさせて頂き、これを己の糧にしたいと心掛けております。

ご自身に於かれましてはいつも暖かいご配慮を頂き大変感謝しております。改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日も格別なる御厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 103さん
もったいないお言葉を頂き恐縮しております。某は人様との接点を殊のほか大切にしております。

貴兄に於かれましては、改めまして、今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> きく枝さん
慈しみに溢れたお言葉の数々、痛み入っております。某は実生活やブログでの様々なかたとの接点を大切にしております。
即ち、あらゆるものにアンテナを向け、これを己の糧とし感性を磨かねばならないと心得ています。
貴姉に於かれましては、ブログを通じて様々なことをご教示頂き大変感謝しております。

改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日も格別なる御厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 暇人ityさん
以前河北新報の記者とは名刺交換をしたことがごさいましたが、今回のことは思いもよらぬことであり、大変感謝しております。

ブログを通じた貴兄との出逢いが某に新たなるものをもたらすのを感じています。改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

このたびは〰おめでとうございます

ミックさんはすごい方なんですね~
私の様なブログに来て頂けるとは有りがたいですね

音楽もクラッシックは分らないのでコメントは出来ないですね~

歴史もテレビで見るくらいですが~
ミックさんの活躍は楽しみにしております。

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
某自身もクラシックはあまりわかりません。但し、全体像の一部でもご理解頂ければいいと思い掲載しております。
ともたんさんに於かれましては、浅学の某に一筋の道標を賜れば何よりの幸いと受け止めております。

以前東西交易の大対流に例えたこのお付き合いが今後とも末長く続くことを祈念しています。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、おめでとうございます。
私まで、嬉しくなってきました。
ブログの中だけではなく、たくさんの方々に、ミックさんの文章を読んでいただけるんですね。

これからのご活躍を楽しみにしています。

URL | yoko ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> yokoさん
今はようやく第一歩を踏み出したと受け止めております。正念場はこれからにごさいます。それにはフットワークを軽くしなければなりません。さすれば、革靴よりもスニーカーの似合う男で居たいと存じ上げます。

これまで現地取材を振り返れば計り知れない恩恵(落ちがちになるモチベーションを取り戻せた)がごさいました。ゆえにこれからも文献のみに頼らない取材重視のスタンスを貫いていきたいと考えます。

yokoさんに於かれましては本日も格別なる御厚誼を賜りました。改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん~~

おめでとうございます。

ミックさんが雲の上の人になりつつある・・・
でも、それはとっても嬉しいことです♪
これからも素晴らしい小説を書いていってください。
((・´∀`・))ンフッ♪

URL | ミント ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ミントさん
雲の上とは滅相もございません。ようやくスタートラインに立てたと受け止めております。
ミントさんに於かれましては、二年数カ月前の執筆時に何度かお励ましを受け大変感謝しております。
改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日もご厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)