FC2ブログ
港町酒田の興隆と日本海文化の伝播
ブログをやって良かったと思うのは日本全国のブロ友様から各地の情報が届くことをである。そのブロ友様の一人に庄内の酒田にお住まいのかたがおられる。そのかたからは藩政時代に北前船で栄えた古き良き時代の酒田に関する情報を頂き、大変感謝している。感謝と申し上げたのは、私の出身地が藩政時代に庄内酒田と同じ港町として栄華を呈した石巻だからである。

良著との出会いは人生に潤いをもたらすが、最近私は非常に良い本に出会った。それがこの本『港町にみなぎる進取の気風』である。片や日本海に面した港町酒田。片や酒田とほぼ北緯を同じくして、太平洋側に石巻という港町がある。貿易港として江戸時代に発展した二つの港町は、大変不思議なことに性格から言っても、生い立ちから言っても瓜二つなのである。酒田にお住まいのブロ友様には、ブログを通じた多くの情報の伝播が今回のこの本の読書欲に繋がったことに、この場を借りて御礼申し上げたい。

『港町にみなぎる進取の気風』は七名の著者によって書かれた本である。
赤:童門冬二著『最上川流域に庄内米と大名をしのぐ日本海文化』
黄色:橋本晶著『伊達政宗の雄志が生きる東北随一北上川の河口地』
今回紹介するのは童門冬二の『最上川流域に庄内米と大名をしのぐ日本海文化』である。

『最上川流域に庄内米と大名をしのぐ日本海文化』では酒田港の発展の礎を築いたのが河村瑞賢(酒田市の日和山公園に銅像がある)としている。

河村瑞賢(かわむらずいけん 1618~1699)
名は義道、通称十右衛門、平太夫。伊勢(三重県)出身、出羽の国酒田からの西回り航路を開拓した江戸時代の豪商。貧農の家に生まれ、土木工事の車力(人夫)を経て、漬物屋から土木建築業に身を転じる。明暦の江戸大火では材木の買い占めで利益をあげる。鉱山や新田の開発、東廻航路・西廻航路の整備淀川治水のための安治川開削などの事業を手がけ、後に旗本にとりたてられる。

とにかく河村瑞賢は先見の目があったようである。海が荒れ非常に危険とされた山陰地方沖の海路を通り長州(今の山口県)を迂回しての瀬戸内海航路の開拓が、上方や江戸への開運流通の根底を大きく変えるものとなった。伊勢出身の瑞賢がヒントを得たのは京都の豪商・角倉了以(すみのくら りょうい)であったとされる。また、興味深いことに角倉了以がヒントを得たのは備前倉敷の高瀬舟であったとされる。

このあたりには、世界史の西欧各国の「大航海時代」のヴァスコ・ダ・ガマ(ポルトガル)のインド航路開拓の縮小版のような印象を受ける。

大正2年に於ける酒田周辺地図をご覧頂きたい。(まちあるきの考古学サイトより引用)

向酒田は今でいう川南地区であるが、中世のころは藤原秀衡の妹の徳という人物が源頼朝の藤原征伐を逃れて落ち延びたとされる地域である。

これは川南地区の寺に安置された徳尼公の座像。(インターネットから転用)

徳尼には36人の家臣がついてきており、その36人の武士がやがて商人となって、藩政時代の酒田の自治を守ったとされるが、あくまでも仮説の域を出ていない話のようである。

港町石巻に関する『伊達政宗の雄志が生きる東北随一北上川の河口地』(橋本晶著)は次回以降でお伝えしたい。
関連記事

コメント

No title

酒田っていうと山居倉庫と土門拳美術館あと今の時期だとタラ旨い
ですよね。
ミックさんの読書家には頭下がります(^^ゞ
暖かくなったらバイクで月山超えとか、鳥海ブルーラインなんかも
してみたい気持ちありますねえ(^^) 近場ばかりですが(汗)

URL | とっちゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは。
全国からの情報が入り、その中でも江戸時代に発展した二つの港町にお互いの共通点を発見出来た書物に出会えたのは嬉しいですね。
開運流通の根底を変え、その先見の目が多くの開拓を
生み出した功績はとても大きなものだと感じます。
石巻との共通点も更に楽しみにしています。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは
兵庫県にも淡路島に高田屋嘉兵衛と言う有名な人物がいますよ。残念ながらミックさんのように歴史に詳しくはないですからお話しすることはできませんが。この酒田で作られた当時としては国内最大級の船をのりまわしていたらしいです。この時代栄えた北日本ですが 現在はマーケットや流通経路の変ってしまったのは残念ですね。でも本当に大変な航海だったのでしょうね。😵
今日はエリアの広い話題であれこれ昔を想像させていただきました。

URL | みっく ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

港町には、諸国の物産やいろいろな情報が入ってきますからも自然と新取りの気風が立ちあがるのですかね…。。。ともあれ、ブロ友さんとの交流からこういう本に接することになったのは、何よりでしたね…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

同じ地方の、同じことに興味がある方と知り合えるって、ネットあればこそですね♪
石巻との共通点もあるのですね。
わたしも、今まで知らなかった東北地方のこと、少しずつ分かってきました。

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
私は神奈川の陸の孤島から殆んど外へ出る事が無い男ですので。ブログのお陰で日本中の事を知る事になりました。それで閉じ篭ってい私の世界が広がったと思っております。酒田にしてもそうです。そしてミック様の住んでおられる宮城にしてもそうです。このブログによる恩恵は限りないです。行った事の無い場所に行った気持ちにして頂いております。そして今回ご紹介された人物を初めてしる事になります。自分の身を削って人のため。いや国の発展のために尽力する人がいた事を知ると本当に日本人として生まれた事を誇りに思います。そして現代の日本にそんな人が現れて欲しいと切に願うものであります。本日も勉強になりました。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様今晩は〰

ブログを通じて色々な地方の方とも情報交換出来て~
嬉しくなりますね

山形、宮城には行った事ないので・・・
桜の季節に~ゆっくり行って見たいです

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

川村瑞賢、角倉了以は高校の日本史教科書以来ですね。
事績もすっかり忘れました。
酒田も石巻も藩米の送り出し港として栄えたんですね。
今日も隠れた歴史にスポットを当てていただき感謝しています。
ありがとうございました。

URL | ginrin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
良書との出会いに興奮を感じています。某が求めていた本が見つかったという気が致しております。
それにしても童門冬二氏は素晴らしい作家と察しております。それは越後の上杉鷹山公の米沢藩財政立て直しが本間光丘に及んだ際のストーリー(若干の脚色あり?)にごさいます。

それは上杉鷹山公の家老が米沢藩のために借金を申し込んだ際、家老が「もしこの申し出が受け入れられなければ玄関先で切腹致す」との暴挙に出たシチュエーションで、光丘が「どうぞ好きになさってください」と述べたことにごさいます。(笑)

流血沙汰にはならなかったこの件にごさいますが、光丘の懐の深さ(禅の教えである「官には針を入れず、私に車馬を通ず」の極意)を感じた由にごさいます。

本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
似たような北緯によく似た性格を持つ二つの港町。これだけでなにか書けそうな気が致しております。
今は陸運全盛の時代にごさいますが、当時は水運が主役の時代にごさいます。ゆえに港町には大きなアドバンテージがあったと解釈しています。
近江商人である藤崎氏(藤崎デパートの創健者)が仙台で成功を収めたのは極めて大きなインパクトがあります。

貴兄に於かれましては、本日は御厚誼を賜り痛み入っております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> とっちゃん
東北の港町で、よくもこうして似た地域が生まれたものですね。
今昔を問わず、やはり流れに乗るか否かが最高の分かれ目と認識しています。そういえばバイクツーリングはずっと行ってないですね;

またいつかご一緒しましょう。本日もご厚誼を賜りました。貴兄のお計らいに感謝しております。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん
なるほど港町つながりなんですね。
北前船の航路もあってわかりやすいですね。
ちなみに私の町も港町ですよ。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
ブロ友様との出逢いが己の興味の範囲に大きく影響する。これはブログの大きな醍醐味でもあり、普遍性と受け止めております。
実はこの貿易網には松前の港も入っていました。公益が経済のシャッフルをもたらすのは世界共通の方程式と察しております。

ご自身に於かれましてはいつも格別なお引き立てを頂き大変感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> みっくさん
高田屋嘉兵衛に関する情報を頂き痛み入っております。その必然性により港町であった往時の酒田や石巻には、優秀な船大工が集められたと聞き及んでおります。

これだけでも何か書けそうな気が致しております。貴兄が動物や鉄道をご覧になってモチベーション高揚に至るのとまったく同じ理屈で某は、こういうお話を聞くと目が輝いて参ります。(笑)やはり人様のお話をよく聞くことから物事は始まる。ゆえに聞く姿勢とアフターフォロー(情報提供者への謝意表明)は極めて肝要と存じます。

貴兄に於かれましては、真摯な感想と情報をお寄せ頂き感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
世界史で言えば、シルクロードや大航海時代の東西公益(経済・文化の大対流)と似たようなことが我が国にもあったわけで、ここにこの本への魅力を感じております。

即ち、藩政時代に出羽の国の庄内酒田から数箇所の中継を経て貴兄の地域(近畿圏)に海運で物資が往来していたわけであり、これを偲ぶだけで果てしないロマンを感じております。

わたくし事で恐縮ですが、某の祖父が一時石巻で運送業を営んでいたいきさつもこの海運がもたらした必然性と言える陸運(馬車)にごさいます。これだけでも何か書けそうな気が致しております。

貴兄に於かれましては、真摯な感想をお寄せ頂き本日もご厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
世界史で言えばシルクロードによる東西交易、そして大航海時代の所謂、経済・文化の大対流が日本にもあったわけでここに果てしないロマンを感じています。

ロマンと申し上げたのは某の先祖が関わっていた(江戸時代初期の北上川開削時の労務、石巻の存在そのものが伊達政宗公の北上川開削事業に拠って人工的に作られた港町であった)所以にごさいます。

その石巻と良く似た港町が日本海側にも存在した。これには大きな感動を抱いています。それゆえ、布遊さんを始め、様々な情報を頂く各地のブロ友様には感謝しなければなりません。ご自身に於かれましては本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
一般的に立身出世と言えば豊臣秀吉にスポットが行き勝ちになりますが、さに非ず。荒廃しかけた農業を立て直した二宮尊徳を始め、幕末の我が国に啓蒙をもたらした吉田松陰に至るまで、江戸時代にはこうして頭角を現した多くの優秀な人物が居たわけで、私はこれらの優秀な人物の輩出があってこそ、その後の日本の経済発展があったと受け止めております。

それにしても、数名の著者によるこの著作はスケールの大きな話ばかりで、読むだけで大いなるロマンを感じています。(笑)
貴兄に於かれましては、本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
今年になってともたんさんと知り合い、金沢のブロ友様が誕生したことに、返す返すも感謝申し上げます。
歴史において経済・文化の大対流があるならば、ブログでのこうした情報交換も大対流に違いないと捉えております。

改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ginrinさん
郷土愛が講じた歴史への趣向を顧みるとき、改めて郷里が生んだ偉大な先人がたに対し、深い畏敬を感ずる昨今にごさいます。
但し、歴史を学ぶには文献のみでなく、先賢からの伝播も肝要。ゆえに貴兄からの情報には大変感謝しております。

然るに、記事に掲載した酒田からの矢印の最終が亘理の荒浜となっていることに驚くとともに、阿武隈川河口の荒浜にも、藩政時代に港町の性格が色濃く存在したと受け止めております。

貴兄に於かれましては、本日もご厚誼を賜りました。お計らいに感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
この航路は今回の記事を書く上で是非必要と察し、インターネットから引用させて頂きました。
日本全国に中継港が存在し、その港から河川や運河を通じた水運が発達し、延いては内陸への伝播になる。ここに大いなるロマンを感じます。

貴兄に於かれましては、本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)