FC2ブログ

キング コットンマーチbyスーザー
リンク曲キングコットンマーチ解説byミック
武士道修得で新たに授かった私の第三の性格はともかく、息子は私の若いときとよく似ており、どちらかと言うと大人しいほうである。そんな息子を見るにつけ、時としてはがゆさを感じることがある。

例を挙げて説明に及べば、封建時代における筆頭家老が評定(会議)の場で他の者に席を取られた際(昔の評定の席は相撲の番付の如く、各々の家臣の座る位置が事細かに決まっていた)は、大喝にてこれを諌め、席を奪われるのを阻止しなければならない。この時代、これが元で果し合いにまで発展したケースはいくらでもある。

仮に、息子がこうした状況に直面した際、相手にはっきりとものが言えるか否か、私は疑問に思うのである。ここで誤解して欲しくないのは、息子に好き好んで争いごとに身を投じろと述べているのでなく、降りかかった火の粉を正当防衛の範囲で振り払うだけの度量を持っているかどうかを問うていることである。男は外に出れば七人の敵がいる。然らば、火の粉を振り払うができないと世間の荒波を渡るのは難しい。できなければ、世の普遍的法則により生き馬の目を抜かれるのが関の山と受け止めている。

そんな大人しい息子には「もっと胸を張って堂々と生きろ。」とメッセージを送りたい。スーザーのキングコットンはスポーツ番組のBGMなどにも使われ、聴いているだけでモチベーション高揚をもたらす曲である。私はこうしたスポーツ行進曲が潜在意識として元来持っていた人の快感を司る脳の中枢部を刺激し、爽快感やプライドをもたらすことを経験上重視してきている。息子には場数を多く重ね、教訓を得ながら己を啓発しその極意を取得して欲しいと思っている。昨日のAM、私は息子と数箇所を回り所用を果たした後で、仙台市泉区のゴルフ練習場に立ち寄った。(このゴルフ練習場は昨秋、ブログで紹介済み)

左利き(レフティー)の息子と右利きの私にはクラブユーズにおいて全く接点がないので、最近中古のアイアンセットを買ってやったばかりである。

息子にとって、この日で5回目のゴルフ練習場でのショットとなる。天気は早春らしく、ひと頃の冬の空と比してだいぶ濃くなってきたが、やや肌寒さを感じる。(気温は6度くらい)

やや見え難いが正面やや右側には雪を抱いた泉ヶ岳が見え、気分は爽快である。息子の目の輝きが違ってきたのが何気なく伝わってくるシチュエーションである。

息子にはやはり中古の5番ウッド(クリーク)も買ってやった。まだまだ初心者なので、打ちこなせるクラブではない。

息子とは3球ずつ交替で打って40分ほど練習した。寒いので、待機している時はジャンパーを欠かせない。

この後近くの中華料理店の丸次郎に寄った。私が頼んだのはあんかけもやし焼きそばである。昨秋、あんかけもやしラーメンと間違えられて閉口したが、今回は無事にリベンジを果たした。(笑)

2月も半ばとなり早春の気配が漂い始めた。息子とラウンドする日は案外と近いのかも知れない。
関連記事

コメント

No title

こんばんは。
息子さんとゴルフなんていいですね。
趣味が同じでないと、なかなか一緒になにかをすると
いうのは難しいです。
その点、ミックさん親子は、一緒に川べり散策したり
楽しそうで羨ましいです。

そして、武士道や人生について語り合ったりするの
でしょうね。
すごく素敵な親子関係だと思います。

URL | yoko ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おばんです。
息子さんとのゴルフ練習、お疲れ様です。
息子さんもアイアンセットをそろえられて 少しずつ上達しているのでしょうね。
コースに出る日が楽しみでは、ないでしょうか。

親から見ればいくつになっても子供は、子供です。
でも、親が思うよりも子は、一人の人間として素晴らしい人間になっているように思います。
ミックさんの息子さんも素晴らしい人間になっているのではないでしょうか。

私の価値観のようなことを語ってしまい、申し訳ありません。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
このところ勝負記事が続いていますが、姫のお計らいには深く痛み入っております。

心の病を患い、大きな人生の転機を迎えた某にごさいますが、その克服が息子への数々の助言に繋がった。心情的に捉えるならば、日頃の先祖への敬愛がもたらした因果とも受け止めたい昨今の某にごさいます。

息子には武士道の他、某の幼少時に受けた祖父母からの恩愛を伝え、それがあったゆえに今の某があると告げています。成長した彼はそれをよく理解しており、無言の中に意思疎通ができる間柄になりつつあるのを実感しています。

姫に於かれましては返す返すも大変感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> KR500Γさん
慈しみに溢れたお言葉の数々、大変痛み入っております。然るに、武士道で言う刀剣を今に例えれば思想哲学になります。これがあったから某はサラリーマンとして生き残れたと認識しています。

息子はそれを十分に理解しており、自らそういった指向(三国志時代からの中国の歴史、思想)を模索し始めたようで、これには驚いています。
また、日本ものではその時歴史が動いた「赤穂浪士」を見たと聞き及び、更に驚いています。これを見ただけで武士道がなんであるのか修得できるゆえ、是非彼に見せたかった所以にごさいます。ここだけの話、大石内蔵助と息子の主悦のような関係になってきているのかも知れません(笑)

貴兄に於かれましては、本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> とっちゃん
いきなり角田市民ゴルフ場は敷居が高いので最初は青葉山練習場の9ホールでと思っています。彼の強みは私と全く異なり、あまり距離に執着しないことにごさいます。(彼はフェードやドローなどの技巧的なことに興味があるようです。)

若い割にクールな指向は同じ親子でもまったく違う方向性ゆえ、我ながら驚いています。従って彼の性格のほうがゴルフに向いていると受け止めております。(笑)

貴兄に於かれましては、本日もご厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ginrinさん
現代社会を生きる上での策として、息子には思想哲学の吸収を勧めていますが、某に言われるまでもなく既にそれを悟っているように受け止めております。
その中で、彼なりの論理を構築し、互いを認めながら議論に及ぶのが今の夢にごさいます。

貴兄に於かれましては、本日もご厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> オールドハードロッカーさん
慈しみに溢れたお言葉を頂戴し大変痛み入っております。本日もご厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
ワンダーフォーゲル、歴史、思想、ゴルフ…様々な部分で接点がある某と息子の関係にごさいます。

貴兄に於かれましては、本日もご厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
己の背中を見て学べとは某が亡き祖父から学んだこと(74歳のとき、牡鹿半島に浮かぶ金華山で見せた見事な泳ぎ振り)にごさいます。息子の育て方の多くなヒントになった祖父の生き様ですが、これも日頃からの祖父への深い敬愛があってのものと認識しています。

近年の先祖調べにより、祖父は仙台藩下級武士の血を引く人物(現石巻市大街道地区での開拓は士族救済の策)であったことがわかってきました。それを思っただけで精神の高揚を感じます。

貴兄に於かれましては、本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
十年前、心の病を患い一度途絶えた息子との関係が再び蘇ったことについては自分でも驚いています。

これについては、某は幼少時に祖父母から深い恩愛を受けて育った経緯があり、これが子孫への愛情につながったと受け止めております。
同時に武士道で言う主君と家臣の関係(主君に命を捧げる)がこの家族愛と結びついた(家族のためなら、いつでも己の命を張れる)とも認識しています。

ご自身に於かれましては本日もご厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> yokoさん
こうした関係を築き上げるまで不安がなかったと言えば嘘になります。これには或る知人の進言がごさいました。即ち、「親として為すべきことを子に為すならば、或る年齢が来れば必ず男親のもとに戻ってくる」という言葉にごさいます。
また十年前に死を意識した己の窮地を救ったこのかたは今でも人生の師匠としてお慕いしている人物にごさいます。いつしかこのかたについて書きたいと感じている昨今の某にごさいます。

ご自身に於かれましては慈しみに溢れたお言葉の数々、痛み入っております。本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
とんでもございません。貴兄のお計らいには却ってこちらこそ恐縮しております。

精神的不調に陥った際、息子との間に溝を生じたと思ったのは、今思えば某の思い違いだった(少年の息子には某の行く末を見極める期間が欲しかった…)と察しております。

知人の助言が的中(親として為すべきことを子に為すならば、或る年齢が来れば必ず男親のもとに戻ってくる)したことについて、改めてその知人の千里眼を感じる昨今にごさいます。

貴兄に於かれましては、本日も格別なる御厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは。
息子様とのゴルフも回数を重ねるにつれ、
成長や楽しさも増してきた事と思います。
暖かくなり、コースに出られる日も楽しみですね。
息子様の背中からも力強さや内に秘めた強い意思も
これから共に育っていかれるような気持ちになりました。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

穏やかな、そしてフレッシュな休日を過ごされたようでなによりです♪

一緒にコースに出て切磋琢磨しあえる日が来ることが楽しみですね

URL | 暇人ity ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
札幌から帰ってきたばかりなのに真摯なコメントを頂戴し痛み入っております。
きょうは息子のドライバーを調達し、様々なお膳立てが揃って参りました。
ゆえにコースデビューは近いと察しております。
返す返すもお疲れの中の御厚誼に感謝しております。本日はコメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 暇人ityさん
息子は若いので某を越える日もそう遠くないと察しております。貴兄に於かれましては、いつも暖かいご配慮を頂き感謝しております。本日もご厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
息子さんの成長・・楽しみですね。
ご一緒にゴルフの楽しまれる時間もとても素敵で
お話を聞いているだけで心温まります。
あんかけもやしラーメン、とても美味しそうです!
お腹いっぱいになりそうな量ですね~♪

URL | - ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 華さん
息子が歴史に興味を持ってくれるとは思いませんでした。その時歴史が動いたの「赤穂浪士」のVTRを見たと聞き驚いています。
これによって武士道を理解し、メンタルに於いて核になる部分が形成されつつあると察しております。

本日もご厚誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

息子さんはミック様の優しいところを
引き継いでるように思われます。
裏を返せば器が大きいってことでは
ないでしょうか? ^^
親子でゴルフの練習。。。かつての
私と父のようだと懐かしく思いました。

URL | まゆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> まゆさん
息子に対して真摯なお言葉、ご助言を頂き大変感謝しております。同時に某にとっては分不相応のお言葉(器が云々)を頂戴し恐縮しております。

確かに人間は若いときに器の外郭を作っておかねばなりません。そういう意味で息子とはよく歴史や哲学について話をします。
いろいろな分野に於いて、いつしか息子と切磋琢磨しあう間柄になるのを、今から楽しみにしております。

本日もご厚誼を賜りました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)