fc2ブログ
皆様へ、新年のご挨拶
新年おめでとうございます。ブロ友様、読者様、訪問者様に於かれましては日頃のご愛顧に大変感謝しております。今年も宜しくお願い申し上げます。
JR代行バスから見た初日の出
今に始まったことでないが、私は昔から元日に出て歩くことが多かった。昨年まで家族一緒に暮らしていたときは子供への情操教育上、正月に餅やおせち料理を食べたりしていたが、昨年から単身赴任生活となり、まして家に帰らない年越しとなれば、正月だから何を食べたいという欲求はまったくない。だからと言って寝正月を決め込むというわけでもない。行動派を自認する私としては、元日ならではのアドバンテージをフルに活かし、一年に一度しかないこの日を心行くまで堪能したいのである。

即ち、元日は365日のうちで最も交通量が少ないし、店舗関係の多くが閉まっているシチュエーションに逆の意味で魅力を感じるのである。一口で言えば好奇心が高じた変わり者以外の何者でもないが、今の私から好奇心を取ったら何も残らない。そんな物好きを絵に描いたような私は、まだ暗いうちに家を出て亘理駅に向かい、JR代行バスの相馬行き始発(6時10分発)に乗り込んだ。その気分は遠足に向かう小学生のわくわくしたものと全く変わりのないものである。

浜吉田を少し過ぎた辺り、東(太平洋側)の空がだいぶ朝焼けに染まってきた。ちなみにきょうのバスはHINO製の比較的新しいタイプで90年代の同社のバスに見られがちな低速時の荒々しい振動やエンジン音は陰を潜め、陸のクルーザーと言っていいほどの乗り心地で、十分満足できるレベルであった。

県境を越え福島県に入り、駒ヶ嶺駅の近くまでくると、いよいよ日の出が近い状態となった。或いは、海岸に居る人は一足先に初日の出を見ているのかも知れない。

駒ヶ嶺駅の待合室越しに見えたのがこのロケーションであるが、これが私から見た今年の実質的な初日の出(6時57分頃)である。

時刻は7時を回った。国道6号線からこの交差点を右折すれば4、5分で相馬駅着となる。

相馬駅に着くとすっかり明るくなっていた。正面の相馬図書館も休館である。

JR常磐線の跨線橋から見た初日の出である。海岸までは数キロある。

このあとウォーキングのため国道6号線に出た。吉野家とコンビニは年中無休なので元日は殊のほかありがたい。

とりそぼろ飯(¥290)を注文した。やや物足らない感は否めないが家で軽食を取ってきたのでこれで十分である。

さあ、これから何処を歩こうか?私は元日の心地よい朝日を浴びながら時間がゆったりと流れる相馬の郊外に足取り軽く繰り出した。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)