fc2ブログ
本日は最近自分のブログに何が起きているのかを客観的視点で語りたい。それは数(訪問者とコメント数)が一時期と比べて減ってきたことである。但しだからと言って焦燥に駆られたり、やけになっているわけでない。今は静かに成り行きを見守っている状態で、亀であれば手足や頭を甲羅に引っ込め、冬眠しやがて来る春をじっと待っている状態とお考え頂きたい。

自分はブログの敷居をわざと上げている。それは土足で座敷に上がられる(中傷やからかいの類)ことのないようにしているからだ。その跳ね返りとして、自ずと訪問者数とコメント数は少なくなる。二箇月ほど前にピークを迎えたトピックス(バイク関係の記事への集中訪問)が途絶えてから、その傾向が一層出てきた気がする。

ブログは長い目で見なければならないものであり、一喜一憂するべきものではない。これは今、自分自身に語りかけたいことでもある。モチベーションを維持する上で確かにブロ友様の存在は大きい。但し長年続けていると、大きな上下(上げ潮と引き潮)があるのがわかる。多くは語らないが、今は引き潮の時である。これには他のSNS(FaceBookやツイッター、インスタグラム等)への分散も関わっているのかも知れない。

とにかく今はこらえ時である。次にいい波が来ることを信じて、モチベーションを落とすことなくブログを運営して行きたい。

横町挨拶
継続は力なりと申します。それを脳裏に焼き付け、これからも自分の持ち玉である文学歴史指向を主に、強かにブログを運営して参りたい所存です。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)