fc2ブログ
Opera Carmen-Toreador
オペラカルメン闘牛士の歌和訳
友よ祝いの酒を愉快に飲もう!
我らは皆戦いに命をかけるつわものだ
見よ! 闘牛場は針を立つ余地もなく
沸き返る歓呼の声、どよめく幾万の人々

手を打ち足を踏み、互いにひしめく
今日こそ待ちに待った武勇の祭りだ
行け!今だ!さあ行け!ああ

闘牛士よ進め!闘牛士!闘牛士!
黒い瞳が待っているぞ
愛の瞳が待っているぞ
愛する女を想うのだ!












年末年始休暇二日目のショッピング
あれは2013年の2月末のことであった。名取市で歌劇カルメンの講演が行われ、私は生まれて初めて生のオペラの大迫力に酔った。http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31546140.htmlその余韻は時として今でも蘇ることがある。

人にとって名誉は大切である。日常生活でそれが感じられなくなった時、オペラを観て非日常に身を置くことで、取り戻すことができる。ゆえにオペラ鑑賞は人にとって名誉がけして失ってならないものであることを再認識させてくれるものである。もちろんこの時の私はオペラ観劇によって大いなる自信を獲得し、翌朝は自信を持ち胸を張って職場に出勤した記憶がある。

年末年始休暇二日目私はJR常磐線で館腰駅を訪れた。本日の目的はショッピングである。

日差しはあったが最高気温は10度くらいで、この時期としては平年並みといったところである。私は目的地である名取市せきのした地区を目指し仙台バイパスをひたすら北に向かった。

イオンモールの前を通って仙台空港アクセス線沿いに東に向かった。

館腰駅から約45分ほど歩いてコーナンPRO名取店に到着した。

以前から愛用していたスニーカーが擦り切れたため、同じ型の色違いをオーダーした。私が選んだのは上から二番目の右側のシルバーである。転勤と同時に赤いスニーカーを履いていたが、このセーティースニーカーは軽くて履くときに靴べらも不要で、足に馴染んだゆえ手放せなくなったのである。

私はこの赤いスニーカーを履くことでテンションがアップし、あちこち歩き回ることができ、お陰で健康を維持することができた。納品は年明けになりそうだが、オーダーしたシルバーを履く日を今から楽しみにしている。

この後、イオンショッピングモールに寄って家電店でプリンターのインクを購入した。

帰りに亘理の図書館で年末年始に読む本を借りた。
上の段左から『みやぎの戦国時代 合戦と群雄』紫桃正隆著
      『石巻まるごと歴史探訪』石垣宏他
      『石巻地方の史談と遺聞』紫桃正隆著
下の段左から『図解雑学武士道』岸祐二著
      『航路をひらいた人々』瀬田貞二著

『みやぎの戦国時代 合戦と群雄』紫桃正隆著は今まで何度も借りているが新たな歴史エッセイ執筆のための布石である。私は年末年始休暇(10連休)を一日とも無駄にしないよう過ごしたいと思っている。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)