fc2ブログ
 Blog中級論
今から書くことにこれでもブログ中級?と思うおかたがお在りになれば、何卒読み飛ばして頂きたい。これは少なくとも私にとっての中級ゆえ、人様から見ればそんなことなどは常識(序の口)と思われるのかも知れない。

ブログを長年続けていくと無意識のうちに同じネタを拾ってしまう。これは昨今私が顕著に感じてきていることで、或いは一部のブロ友様も同じことを思われているのでは?と思っている。但し、それは人様から直接聞いたわけでなく確かに私の考えでしかない。

少数派と言われるかも知れないが、私にとっての人様のブログのネタはあくまでも交歓への媒体であり、そのかたの最新記事に触れいろいろと対話させて頂くのを本分としている。ゆえにそのネタが古かろうが新しかろうがまったく関係ないのである。

それと、お付き合いさせて頂きブロ友様に親近感を持つことで、自分に興味のないことでもすんなりと受け入れられるようになる。謙虚な姿勢で教えを受ける者の立場でいろいろな知識を授けて頂く。「知るは楽しみなりor地の回廊」という言葉が存在するが、私にとってはブロ友様の更新した記事が自分の分野であろうがなかろうが一向に構わないのである。

さて話が前後してしまったが、更新を数百、数千と重ねていくうちに、過去に於いて自分の更新した意中の記事を探し出そうとして四苦八苦されるかたや諦めるかたもお在りになる?と察している。そんなことへの対応などは常識という上級のかたには容赦願いたいが、その方法はさほど難しくない。本日はその方法を具体例を挙げて説明したい。

今の私が人座右の銘としているものに「ナイルの水の一滴」という言葉がある。それは尊敬する作家・志賀直哉の『琵琶の花』に出てくるフレーズであるが、これを自分の過去ログから探し出す際は検索エンジン機能を用いて「KR500レプリカの部屋 ナイルの水の一滴」と打ち込めばよい。そうすれば簡単に探し出せるのである。また、これはブロ友様のサイトで過去の記事を探し出すことにも使える方法である。

但し、この方法はある程度更新を重ねてきたサイトに於いて使える方法であり、始めたばかりのブログや更新頻度の低いブログでは使えない(ヒットしない)ので万能とは言えない。初級を経て中級以上に達したブログに限って使える方法と言えるのかも知れない。

こうして過去の記事から引用して全てをパクることなく(此処がポイント)、新たな近況などを加えてオリジナリティを出して、新たな記事を作成すればOKと感じている。(下記の記事は一昨年の4月4日に更新した記事である。)

返す返すもこうしたことは知っていて、既にやっているというおかたは勘弁願いたい。そういうかたは私から見た場合は立派なブログ上級者である。

 まとめ
Blogは人の世の縮図と受け止めている。さすれば様々な個性が混在して当たり前である。大多数のかたはブログを通して自己主張をしたいと考えているしフランクな関係を望むかたも多い。但し、フランクとあしらい、冷やかしは紙一重(言った本人がフランクと思っても受け取るほうはあしらい、冷やかしと取る)ゆえ、私の方針は石橋を叩いて渡るスタンスとなる。

即ち、礼節の履行と相手への表敬、己への謙譲である。これは快適なブログを楽しむために不可欠なものと考えている。時には知っていてもわざと知らない振りをすれば相手様の面子を潰さないで済む。また語りたいことがあっても人様の更新記事の中ではほどほどに留める。これが良好な関係を続ける極意と思っている。

私はそうしたことを常に心がけ、これからもブロ友様と楽しいブログライフを続けて行きたいと思っている。きょうはいろいろと書いたが、まだまだ悟りの境地に至れない未熟な私にとって「ブログ上級論」は永遠に書けないことと感じている。

皆さん、私のブログが中級なのかどうかの自信はございませんが、皆様とはこれからも誠意をもってお仕えしたいと心得ています。今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)