FC2ブログ
 新地町の福田古館を訪ねて
ちょうど一週間前の先週土曜日(11月28日)のことだった。福島県新地町の右近清水を訪ねた後、私は自転車であてもなく県境方向に向かった。その時目に入ったのがこの諏訪神社である。今までの経験上、古くからの集落と付近に神社や寺があると古館などの史跡のようなものがあるようなことが多い。

名前は古館公園となっていたが、ここには南北朝時代に作られた館があったようだ。アングル的には北西側の駐車場から館の曲輪を見上げたものである。

拡大航空写真で位置を確認して頂きたい。
赤:福田古館
黄色:諏訪神社
福田小学校から福田古館までの距離は直線で500メートルほど(小学校から見てほぼ真北)である。

福田古館の鳥瞰図を御覧頂きたい。1は本丸と見られるが、複数の館があったと見るのが妥当?という気がする。(Pは駐車城である。)

※nifty余湖様のブログから転載可能を確認のうえ掲載(余湖様にはこの場を借りて御礼申し上げる次第である。)

白河の結城宗広は、南朝方として活躍したので、その恩賞として建武2年(1335)、後醍醐天皇から宇多庄(現在の相馬・新地地域)が与えられた。この時、宗広は一族の正光に黒木城を築かせて領地支配に乗り出した。築城年代 は、建武から興国(1334~1345)年間とも云われているが定かではない。正光は後に黒木大膳を名乗るように成る。その際、福田にも一族が配置され、福田館を築いたという。

安永8年の御用書上風土記に「諏訪古館、高十六丈五尺、東西五拾六間、南北三拾弐間」 と記されている。本丸跡とされている所を中心に四囲に段丘があり、西側と東方の水田が一段低く帯状になっ ていて、常に湿地の状態になっていたので、外濠の可能性があるまた、北方に黒木氏の氏神といわれる諏訪神社があり、南西に八幡神社、南東に薬師堂が 建っていて、舘との関係があったと伝えられている。


  ライムグリーン:福田古館
ここで気をつけなければならないのは、館によっては存在した年代が違うということである。新地城(紫)と福田館(ライムグリーン)は目と鼻の先であるが、新地城は1566年に相馬盛胤によって築城されたゆえ、南北朝時代にはなかったことになる。

教育委員会の看板を見ると相馬市大野の黒木城(今年の5月31日訪問済み)を根拠の城としたとなっているので、この館は黒木城の支城と見られる。尚、航空写真で黒木城と福田古舘の離れを測ると直線距離で約8キロであった。何れにしても、結城氏の流れをくむ黒木氏がこの地方の支配に大きく関わっていたのは間違いないようである。

ここが本丸跡(現古館公園)である。周囲との比高は約6メートルほどで、さほど広い面積ではない。

本丸から見た北北西のアングルである。写真中央やや右に諏訪神社の鳥居が見える。福田の集落が見渡せるものとなっているが、ここに館を構えた理由である「農業が盛んな土地」がわかるようなシチュエーションである。

ほぼ真西のアングルである。右側の山は地蔵森、中央の山は五社檀と見られる。こちらの方角にも豊かな田園地帯が広がっている。

南北朝時代、この新地のあたりはまだまだ相馬氏の支配が及んでいなかった。相馬氏が土豪を制圧しその領地としたのは1520年代と見られる。相馬氏の支配を経た1589年、藩主相馬義胤不在の一瞬の隙をついた伊達政宗はこの地を一気に攻略(新地城、駒ヶ嶺城を落城させる)し、手中に収めたいきさつがある。

相馬の中村城、黒木城を含め、南北朝時代から戦国時代にかけての宇多庄
(現相馬市~新地町)の動向は非常に複雑(一つの城や館を巡る相馬と在来土豪との争い、更には伊達と相馬の相克に伴い、双方に寝返りが頻発している)ゆえ、私は今後の研究課題にしたいと思っている。
関連記事

コメント

No title

ミック様へ
少し話が逸れますが。これ等を拝見していると。領地などを治める人たちはその地形を見て。即座にこの場所は城に向いていると気がつくのでしょうね。ですから時代が違っても同じような場所に城を建てる事になる。
所で伊達政宗が藩主不在を突いてその場所を取る。この男の情報網は相当なものだったでしょうね。それに驚いております。この当時から情報を素早く得た者が領地を治める。そんな気がします。いつも勉強になります。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは

最近 城跡や館跡にたまたま行くことがあるのですが
そこは公園などとして
今も きれいに保たれていることがおおいですね。

こちらも公園として延々と護られているのですね。
城跡の公園などに行きますと 何か古のエネルギーや
ざわめきを感じることがあります。
土塁や 濠跡などありますと ほんとに夢の跡何だと感じます。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
古館公園が以前の本丸跡になるのですね。
現代でも地元に住む方達は、その由来や出来事を
興味を持って接している方も多いのでしょうね。
農業が盛んな土地がわかる、と書かれているように
今でも田園地帯が広がっているのですね。
とても興味深く拝見致しました。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今晩は。
新地町の福田古館を訪ねて知る、その地に繰り広げられた
果てしなく拡がる戦国の、時々の人々への旺盛な歴史への
熱い思いに、心打ち動かされました。
寒さ厳しくなります折り、くれぐれもお身体には、
ご留意なさってくださいね、ますますのご活躍を、ナイス(^^https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s326.gif">です!

URL | きく枝 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おばんです。
お疲れ様です。
このような古館が公園になって市民の憩いの場になっていることは素晴らしいことだと思います。
史跡ということで人々から隔離して保存するのも良いように思いますが、誰でも気軽に入れるようになり、歴史に想いを馳せることができるのは良いですね。
今日も素晴らしい記事をありがとうございます。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s208.gif">館の立地については貴兄の仰せの通りと受け止めております。山城は難攻不落になりますが、費用が莫大なものとなり、水も得られ難く、何かと不便、但し平城は簡単に落城してしまう。そこで、こうした小高い地形が好まれたと察しております。

https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s209.gif">伊達政宗の新地攻略にはやはり間者(伊達では黒脛巾組と言われた)の存在が大きかったと察しております。実は政宗はこの頃仙道筋(福島県中通り地方)から会津の大藩である蘆名氏を討とうとして進撃していましたが、間者から相馬義胤不在との情報が入り、矛先を変え相馬領の新地、駒ヶ嶺攻略に臨んだと受け止めております。

まさに電光石火の早業に彼の戦上手振りを見出す気が致しております。貴兄に於かれましては、いつも格別な御厚情を賜り大変感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
記事の深層部に渡る考察痛み入っております。「つわものどもが夢の跡」とは芭蕉翁ならではの名言中の名言と受け止めております。地方豪族はその力が全てにごさいます。もちろん武力のみが力とは限りません。彼らは喉から手が出るほど強力なコネが欲しかったに違いありません。

彼らのどす黒い野望が見え隠れするのがこうした古館、古城探索にごさいますが、こうしたシチュエーションに身を置き、往時の土豪に成り切り、彼らの心中を探る。これが史跡探索の大きな醍醐味と捉えております。

ご自身に於かれましては、いつも暖かいご配慮を頂き大変感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
偶然に見つけた古館に驚くとともに何かの因果を感じたこの日の探索にごさいます。黒木城と言えば中村城のすぐ近くの平城(今年の6月2日にブログに掲載)にごさいましたが、まさか黒木氏繋がりでこの館と関連していたのにはいささか驚いています。

相馬氏の力が及ぶまでの約190年前後に渡って、この地方を治めていたのが結城氏の流れを汲む黒木氏だったということになる?と察しております。

とにかく興味が尽きないことゆえ、今後の研究課題としたいと存じます。ご自身に於かれましてはいつも格別なお引き立てを頂き大変感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> きく枝さん
慈しみに溢れたお言葉の数々、痛み入っております。郷土史の分野のマイナーな記事ゆえ、そうしたお言葉は殊のほか、大きな励ましにもなります。

よく歴史に興味がないかたからは「過去を振り返ってなんになる?」と
聞かれますが、そういう時は「歴史は哲学と同類ゆえ、過去を見つめることで未来が見え、今なさねばならないことへのヒントにも繋がるからです。」とお答えしております。

然るに、今回の探訪で少しだけ視野が広がった気が致しております。即ち、戦国に於ける土豪のつばぜり合いが今の世のサラリーマンの出世競争とあまりにも酷似しているという点にごさいます。

貴姉に於かれましては、いつも記事の核心に迫るお言葉を頂戴し感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
その昔、館だったところが公園として解放されている。こうした指向が青少年の郷土愛に繋がればこれに勝る幸いはないと察しております。今は憩いの場であっても昔は豪族の夢の跡だった。ここにロマンを感じています。

また今回の探訪が、郷土史家との新たな接点になるのも大いに期待しています。ヤフー検索でも「新地町 福田古館」でヒットするサイトがごさいます。天童丸様のサイトにごさいます。
このかたも相馬郷土研究会に入っておられるようで、お逢いできる日が来るのを楽しみにしております。

貴兄に於かれましては、いつも慈しみに溢れた対応を頂き大変感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、こんにちは。

歴史は知れば知るほど興味が湧いてきますね、戦国時代の城づくりなど興味が湧いてきました。

ナイス!です。

URL | 好日写真 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 好日写真さん
マイナーな郷土史記事にコメントをお寄せ頂き痛み入っております。一度入り込むと懐が非常に深いのが歴史にごさいます。ゆえに転勤を機会に相馬の歴史にどっぷりとはまっております。(笑)

貴兄に於かれましては、いつもありがたいお言葉を頂戴し感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

また、新たな研究テーマが出てきたようですね…。。。貴兄の研究熱心な所はいつも頭が下がります…。。。これからも、地味ではあるものの研究の積み重ねによる貴兄の躍進をお祈りしております…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
マイナーな記事へありがたいお志、大変痛み入っております。貴兄の向学心にいつも刺激され、ブログライフを己の正方向のベクトルに反映させて頂いております。

本日は御厚誼を頂戴し重ね重ね感謝申し上げます。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)