FC2ブログ
中央大学制作ビデオ 知の回廊「志賀直哉」
阿川弘之によると、師匠である志賀直哉が広島の尾道に移り住んだのは1912年(大正元年)11月17日(日曜日)で、今日でちょうど103年目になる。

103周年を祝し、今日は彼の作家活動の原点とも言える尾道移住が彼にどんな影響をもたらしたかについて取り上げてみたい。リンク動画では1分30秒~11分55秒までが尾道関係のものである。

処女作『留女』を出版することが決まった直哉は、小説家になるのを強く反対する父直温と対立しながら、創作出版費として1000円(今の金で300万円)をもらい、東京麻生の家を出る。その目的は家族と知人の訪問も及ばない土地に住むことで大きな仕事(彼の唯一の長編小説『暗夜行路』はその後実に27年を経て完成に至っている。)を成し遂げたいとする気持ちであった。彼が尾道に移り住んだのが満29歳で『暗夜行路』の完成は実に27年後の56歳の時である。

生涯23回にも渡る転居を繰り返した直哉にとって尾道での七ヶ月は非常に大きな意味を持つものであった。長与善郎(1888~1961:作家、劇作家、代表作に『項羽と劉邦』『青銅の基督』『竹沢先生と云ふ人』など)によると直哉の尾道在住はけして順調満帆なものでなく、一向に仕事がはかどらず、焦燥に満ちたものであり、或る意味で作家人生に於ける危機と言えるものであったという。

この長屋(一番右端)が直哉が借家した長屋である。直哉は寒がりで、冬場に於いて昼夜ガスストーブを使い続け、この年(大正元年)の尾道では或る料亭に次いで二番目に使ったのが直哉だったという。

直哉の部屋は6畳一間、3畳二間で便所は共同であった。執筆に疲れた直哉にとって、大小様々な船が往来する瀬戸内海・尾道港のロケーションは活気に満ち溢れており、目を奪われながら癒されたに違いない。

直哉はここで代表作の一つである『清兵衛と瓢箪』を執筆している。直哉の父は滝沢馬琴を愛読していたが、この作品の中では、主人公の清兵衛が馬琴の瓢箪を揶揄するフレーズが見られる。これは明らかに直哉が父に読ませたい意図があったと阿川弘之(直哉の愛弟子)も語っている点が興味深い。

尾道と言えば坂の町である。直哉もこうした路地を散策し、気分転換に及んだことだろう。隣の親切なおばさんのお陰で直哉はよく炊事洗濯をしてもらったというが、夕食は洋食店に訪れ外食することも多かったという。

 ミックコメント
『暗夜行路』の中で主人公は「瀬戸内の未だ名も知らぬ大小の島々、そういう広い景色が、彼には如何にも物珍しく愉快だった。」と語っている。この動画を見るとまさに彼の踊るような胸中が溢れ出た言葉である。

阿川弘之『志賀直哉・上』によると当時の尾道の人口は約三万、現在の五分の一ほどであるが、古くから開けた港町として、風情に満ちたものであり、直哉にとってはまさに新境地だった。彼の六十代のエッセイ『稲村雑談』(いなむらぞうだん)の中に綴られている言葉で印象に残ったものがある。それは「付近の麦畑を見て、すくすくと伸びる麦を羨ましく思った。」というものである。これは執筆が滞ることに悩む彼の心境を如実に綴ったものと受け止めている。

長与善郎の言った執筆存続の危機は、むしろ尾道に限らず、直哉にとって日常的なものであったと思われる。直哉は晩年近くになって「才能を与えてくれればたとえ悪魔に身を売ってもいい。」と語っているが、往時の直哉にとっては、伸び行く麦の如く筆が進むのは願ってもないことであり、藁にもすがりたい心境であったことだろう。

そんなシチュエーションに於いて、尾道という港町としての土地柄が直哉に癒しをもたらし、名作『清兵衛と瓢箪』を生み出したのではないだろうか?二十台最後となった彼はまだまだ発展途上であったが、『暗夜行路』の前身である『時任謙作』を執筆するなど、此の地で着実な成果を挙げたことを高く評価したい。

本ブログ、志賀直哉の研究シリーズ
志賀直哉の生活信条とはhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31880028.html
志賀直哉の真の魅力【動画】http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31767062.html
志賀直哉生前インタビューhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31385305.html
志賀直哉生誕130周年を偲ぶ旅http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31505557.html
志賀直哉生涯23回の引越しの謎http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31434256.html
志賀直哉と交際のあった和辻哲郎http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32933244.html
志賀直哉が祖父直道から受けた影響http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32997340.html
志賀直哉祖父直道の相馬屋敷跡の探訪http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/33807326.html
志賀直哉「城の崎にて」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/28846600.html
志賀直哉「小僧の神様」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30176213.html
志賀直哉「清兵衛と瓢箪」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30989155.html
志賀直哉「濠端の住まい」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31743321.html
阿川弘之から見た師匠志賀直哉http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/33818382.html
関連記事

コメント

No title

さすが、坂の街だけあって、直哉の家は、石垣の上ですね~。。。見晴らしは良かったでしょうね…。。。

地元の暖かいもてなしを受けたとはいえ、一人で地方に住むのは、心細かったでしょうね…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

20年近く前になりますが、四国八十八ヶ所を自転車で回った帰りに尾道に寄りました。
志賀直哉が住んだ町なんですね。
久方ぶりにあの当時を思い出しました。
箱庭のような瀬戸内海を見下ろす風情のある街の印象が残っています。

URL | ginrin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おばんです。
家族や知人から離れて創作活動に打ち込むことは、良いことだと思いますが、いろいろと辛いこともあったと思います。
瀬戸内の景色を眺めて 様々な方々と接することで素晴らしい作品ができたんですね。
今日も素晴らしい記事をありがとうございます。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
心細かったとのお言葉に同感します。即ち、一見優雅とも思われる直哉の尾道住まいですが、直哉の心中はさに非ず。
長与善郎の言葉(危機)を聞き及び、作家として発展途上の心境を彷彿します。

但し、このような選択(自分の文学を模索するための移住)は誰にでも許されるものでない。やはり祖父直道と父直温の二代に渡る成功がもたらしたゆえの経済基盤の恩恵と受け止めております。

人も羨む生活の影に潜む直哉の不安に触れ、何かほっとする(人間らしい煩悩という意味で)ものを感じた某にごさいます。

貴兄に於かれましては、いつも記事の核心に迫るお言葉を頂戴し感謝しております。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ginrinさん
阿川弘之によると尾道と石巻が似ているというのですが、尾道に行ったことのない某には今ひとつピンと来ておりません。
貴兄に於かれましては、自転車での尾道訪問を聞き及び、それを既にお感じになっておられるのでは?と捉えております。

貴兄に於かれましては、真摯な感想をお寄せ頂き感謝しております。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
このような素晴らしい環境で執筆できる。それだけで直哉には羨望を感じますが、長与善郎の言葉を聞くと必ずしも順風に見舞われたわけでなく、多くの右往曲折もあったと捉えております。
即ち、後に小説の神様と言われた彼にも、そのような煩悩があったと聞き及び何かほっとしたものを感じています。

但し、一方で親の財産を食いつぶさずに、こうして己の文学構築に一直線に向かった直哉には改めまして、畏敬を持つものにごさいます。

貴兄に於かれましては、いつも格別なお引き立てを頂き大変感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
これ履歴を読んでいると。父との対立と書かれておりますが。私の勝手な想像ですが。幼少は祖父母に育てられている事を考えると。この父と祖父の代理戦争を行っていたのではと思うのですが。おそらくこの父と祖父は争いは無かったと考えます。しかし考え方がかなり違いがあります。祖父に育てられた直哉はどうしても祖父側の人となります。最終的に和解という形となる訳ですが。それは父と祖父との心の中での和解でもあったのではと考えるのですが。如何でしょうか。そんな事を考えました。スミマセン。かなり記事の内容と話がそれました。お許し下さい。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
いつもながら深い考察を頂き恐縮しております。長編小説『暗夜行路』にごさいますが、実はこの作品の中で主人公は祖父と母の間に出来た不義の子であり、呪われたその運命に苦悩するシチュエーションが登場します。

さすれば、主人公の祖父と父は同一人物であったことになります。このあたりに直哉のどういう趣旨があったのかは知る由もございませんが、貴兄のお言葉を拝するとこうしたことまで考えてしまいます。(笑)

恐らく、ソウルは祖父から受け継ぎ、財産は父から引き継いだ。直哉の心中深くにはそんな思いもあったのかも知れません。様々な想像が膨らむゆえ、それを考えただけで、エッセイが書けそうな気が致しております。

貴兄に於かれましては、いつも記事の核心に迫るお言葉を頂戴し感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは。
彼の生涯、多くの作品が生まれてくる中で
23回も転居をしたと言うのは驚きます。
その中でも尾道は特別、意味のある場所だったのですね。
部屋から眺める景色の素晴らしさや、
周りの住人から親切にされた事も創作意欲を
進める中で穏やかな気持ちで集中できたのでは、と思います。
父親との確執や自分の才能を表現する事の出来なかった時期の苦悩も感じられますが
色々な経験を経て、本当に良い作品を残されて
良かったと感じます。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは

金銭的には恵まれている直哉の東京からの
あるいは父親からの精神的脱出でしょうか。
お金には困らないけれど 作家として立つて行く苦悩や
葛藤は大きかったのでしょうね。
最初の地が 風光明媚な温暖な尾の道だったことは
直哉を相当癒したのではないでしょうか。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん
長屋風の日本家屋がなんとも風情がありますね。
きっとこの部屋から眺める瀬戸内海が執筆の
苦労を癒していたのでしょうね。
しかしこれほど執筆に苦労していたとは
知りませんでした。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今は、有名となった作家でも、焦るような時期があったのですね。
そんなときは、好きな景色に癒されますね。蒲郡の常盤荘にいたのは、どのくらいの時期だったのでしょう~また、調べてみますね。

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
景色のいいところばかりを移り住んだという直哉に羨望を感じますが、各地でいいエッセイを書き後世にそれを残して土地の人から感謝される。某はこれほど作家冥利に尽きることはないと考えています。
従って志賀直哉への畏敬は今後益々深まりそうな気が致しております。

ご自身に於かれましては慈しみに溢れたお言葉の数々、痛み入っております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
思い悩んだすえに、夏目漱石から依頼を受けた執筆(新聞社の小説欄への掲載の趣旨)を断ってしまった直哉の胸中に飛来したものは果たして何か?
二十代後半に大作家からの依頼を断った直哉の葛藤は、思った以上に大きかったと受け止めております。
それを紛らわすために、様々なところ(瀬戸内の島々、寺社仏閣…)を訪れ、己の内面と向き合った直哉には好感を抱いております。

創作家として行き詰らない者など居ないゆえ、これは打開へのヒントとなるスタンスと捉えております。姫に於かれましてはいつもありがたいお言葉を頂戴し感謝しております。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
二十台後半の直哉の広島尾道での執筆は如何にも優雅に見えますが、陰には大変な苦労があったと受け止めております。
直哉が煩悩を振り切るのに、寺社仏閣を巡ったり、仏像と向き合ったりしたのもこの頃?と察しております。

この後、松江や赤木山にも移り住む直哉にとって一時の滞在となった尾道にごさいますが、尾道滞在は彼がその後に大作家としての礎を築く第一歩とも捉えております。

貴兄に於かれましては、いつも記事の核心に迫るお言葉を頂戴し痛み入っております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
ご質問の趣旨にごさいますが、現蒲郡クラシックホテルの前身である常盤館を指しておらえる?と捉えました。

直哉の愛知県滞在のお話は今回が初めてのことで、即座には調べ切れなかったゆえ、恐れ入りますが、課題とさせて頂き、わかり次第布遊さんのゲストブックに返答したいと存じます。

本日は新たな研究テーマを頂戴し感謝申し上げます。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

横町利郎さん

高校生の頃
大林宜彦監督の映画「転校生」
「時をかける少女」
「さびしんぼう」など尾道三部作を
BS放送等で観て、映画のロケ地である尾道に
いわゆる聖地巡礼に行ったとき

以前、コメントした志賀直哉の旧居跡から見た
尾道水道の景色が素晴らしかったのですが
旧居跡も紹介なさっていたのですね

画像を見て、
また懐かしい気持ちにさせてもらいました

 記憶違いだったら悪いのですが
彼は千葉県我孫子にも住んでいたような...
こちらは行ったことがありません

取り留めもない話でm(__)m

URL | まりっぺ ID:-

まりっぺさん、ありがとうございます。

以前、志賀直哉のことをシリーズで記事にUPしていました。直哉の成果(石巻)は自分の生家と200メートルほどしか離れていないことがわかり、何かの縁を感じました。
私は4年前に福島県の相馬に勤務していましたが、直哉の祖父の直道が相馬藩士で中村城(相馬の本城)の傍に住んでいました。私の短編の『相馬藩士氏が直道の生き方』はそのような縁で書いたものです。

直哉のことは多く調べており、我孫子時代の住まいや我孫子で書いた『雪の日』などは好きな作品です。若い頃は尖っていた直哉も年とともに丸くなりましたが、私は直哉のようなゆったりとした老後を送るのが夢です。

我孫子の記事(直哉が住んだ住居の写真つき)は拙FC2ブログのURLがhttps://gbvx257.blog.fc2.com/blog-entry-1519.htmlになります。宜しければご覧ください。

古い記事にコメントを頂くのはブロガーとして最高の栄誉(記事が古くならない)と受け止めております。本日も厚誼を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)