FC2ブログ
【横町近況】
本日は文芸誌みちのく春秋への寄稿を無事に終え、晴れ晴れとした気分である。一年に渡った連載を完結できたことには達成感も感じている。そんな安堵感もあり、本日は近所の新聞販売店を訪ねて「石巻かほく」(河北新報の地方版)を入手した。「よみがえる1951・米国軍医が撮った石巻地方」と題して日曜日ごとに掲載される記事(解説は石巻千石船の会会長・辺見清二氏)が欲しかったのである。本日はそのコーナーに掲載された住吉神社鐘楼にまつわる話を取り上げたい。

これはアメリカの軍医であったジョージ・バトラー氏が昭和26年(1951年)に撮影した住吉神社(大島神社)の鐘楼である。(石巻かほく2018年11月4日発刊より引用)鐘楼の柱の脇に立っている人物はバトラー氏の友人の歯科医である。バトラー氏は医師でありながら、こうした日本文化に興味を抱いた人物であったらしく、数百枚にも及ぶ写真には彼の日本贔屓の心とエスプリを強く感じる気がする。友人の歯科医とは戦後間もない石巻について、いろいろと語り合ったのではないだろうか?

本日はこの住吉公園の鐘楼にまつわる思い出を自叙伝風に綴ってみた。本作品のベースになったのは2011年12月23日に更新したサンタルチアのチャイムと共にである。現在のブロ友様各位で既にこの記事をご覧頂いたかたはJ様一名のみであるのを最初にお断りしておく。画像の背後に見える川は旧北上川である。

あれは0年以上話である。小学校一年で人見知りが激しく引っこみ思案だった私が二年生になった、ようやく一人の親しい友達ができた。彼の名は板橋、ある秋の土曜日の放課後だった。私は板橋をいつものようにジャングルジムの上段に上がってむきになって追いかけていた。

それはけしていじめではないが決まって私は鬼役だった。それは地上約1・8メートルほどのジャングルジム周回を駆ける速度が彼よりも遅いことから来る必然的な理由だった。もしジャングルジムの上でつまづいて転んだら大けがをする恐れがあるだろう。ズック靴を履いてジャングルの鉄の棒に足を掛け、上方のジャングルに掴まりながら、相当なスピードで蟹のように横走りするこの遊びはスリル満点だった。

運動神経の差だろうか?私が左回りしても、右回りしても、或いは鉄棒から足を踏み外すほどリスクを冒しても板橋に追いつくことはけしてできなかった。負けず嫌いの私はそれが悔しくて悔しくて仕方がなかった。そして週末のこの日もいつものように私は彼をついに捕まえることはできなかった。校舎につけられた大時計が午後一時を回ると、その日の放課後を告げる「サンタルチア」のチャイムが校庭に響き渡った。
Enrico Caruso Santa Lucia
今でさえ「半ドン」という言葉はなじみがなくなってしまったが、あのころは土曜日と言えば会社も学校も半ドン(学業や勤務が午前中で終わること)が多かった。私にとって土曜日の放課後に聴くサンタルチアのチャイムは「ああ、今週もやっと一週間が終わったんだ。明日は休みなんだな。」という安息の気持ちをもたらすものだった。今聴けば哀愁を感じるメロディだが、当時の土曜日の午後このチャイムを聴くと子供心にも私の胸は高鳴ったものである。 ちなみに住吉小学校は父や叔父、叔母も巣立った学校である。(画像はバトラー氏撮影の住吉小学校旧校舎・昭和26年撮影)

「君たち、帰るんだろ?」私と板橋はこの日の宿直らしき若い男の先生に催促されて校門を出た。それは阿吽の呼吸だった。「板橋、きょうもやろうぜ!」「ああ。」私と板橋はいつものように校門から50メートルほど離れた旧北上川の河畔道路に向った。私と板橋は拾った木の切れっぱしをそれぞれ川に浮かべると拾った石ころを投げて自分の舟(細長い木っ端)を進めようとひっちゃきになった。

後にこの遊びは付近の住民の「川に石を投じている子供がいる」との通報により禁じられた遊びになった。このゲーム、ルールはなんでもありだった。相手の船にぶつけて進行速度を遅らせるのもありだった。この「小舟レース」なる遊びはジャングルジムでの鬼ごっこと違って私にも勝機が十分にあった。勝ったり負けたりといった感じだったろうか?私には非常に熱くなった小舟レースだったが、このスリル満点な遊びはいつもきまったように住吉神社の鐘楼の前で打ち切られた。

※船レースのゴールとなった住吉神社の鐘楼(2011年9月撮影)

だが今思うにこの川沿いを下るコースは彼の帰り道のルートから大きく外れており、かなりの遠回りだった。それでも彼は私にいつも付き合ってくれた。そして大人だった彼は負けず嫌いの私に、時として花を持たせてくれた…、これは今になって思うことで当時の私にはそれを推し量るだけの度量さえなかったのである。板橋こそが生涯初めてのライバルであり、かつ良き友でもあった。その後互いの家を訪問しあったりして友情を深めた。

そしてそんな中、3年生の3学期、突然私の転校が決まった。それは私にとって非常に辛い別れでもあった。私は4年生の進級を期に仙台の小学校に転校して、彼とはそれ以来五十数年会っていない。それは長い人生でたった2年間の付き合いだったが、今思えば彼は人生の中で私に「人付き合いとは一体なんなのか?」を教えてくれた最初の人物だったに他ならない…

横町挨拶
今思い起こせば、自分と比べて板橋君は大人でした。勝負事に負けるのは誰しも辛いわけですが、彼は少年ながらその痛みがわかる人物でした。よしんば、世に自分の逢いたい人物との面会をかなえてくれるものがあるなら、迷うことなく彼に逢いたいと思います。念願かなって彼との面会がかなった際、私が開口一番彼に告げる言葉はこうでしょう。「あの頃は幼くて君の厚意がわからなかった。Hard to Say I'm Sorry(素直になれなくてご免)」

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事
[タグ] 住吉鐘楼

コメント

No title

こんにちは

素敵なエッセイですね。清々しいです。
幼い頃のお友達
それも2年間だけだったのですね。。。
横町さんの絵がほのぼのとして良いですね。再会が叶うと良いですね。
板橋さんも 横町さんと同じことを考えておられるかも知れませんよ。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは~
子供時代の良き思い出ですね。
板橋さんにいつか会えると良いですね。
フルネームが判っているのでしたら探してみてはいかがでしょうか?
意外と近くに居ることもありますよ。

URL | ☆シーマン☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今晩は

子供の頃のいい思い出 板橋君との出会い良いですね

またひょっこりと出会えるかもしれませんね
ナイス☆

URL | 62まき ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

久しぶりに会った友達と旅行の思い出話をしていて、
お互い全く違ったものを見ていて、覚えていることも、
感想も一致したところがなく驚きました。

板橋君も、横町さんと一緒に遊ぶことが楽しかったと思います。いつの日か出会えて、思い出話ができると良いですね。

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

子どもの頃の思い出の場所の古い写真に触れられて、感無量ですね…。。。

同窓会等で、板橋君と会えればいいですね~。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは!

文芸誌への寄稿をそれも連載の完結を済まされたとの事でほっとされて今夜のお酒も格別美味しい事でしょう。

住吉鐘楼にまつわる小学校時の思い出を事細かく覚えていらして横町様の記憶力の凄さ、何時も乍ら感心させられています。板橋君が、このブログを見られると良いのでが・・・横町様の思いが以心伝心で、何時か叶えられる様に思ったりしています。

URL | suisyou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
寄稿お疲れ様です。無事に終わり形になるのが楽しみですね。
昔の写真を見ると懐かしい思い出が浮かんできますね。
板橋君が今はどう過ごされているのか、当時の懐かしい話なども一緒に話せる日が来ると良いですね。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

横町様こんばんは~
幼いころは危険な遊びほど楽しいですね
とても良い思い出話をありがとうございました
何時の日か板橋君ともお会いできると良いですね

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫日記さん
ありがとうございます。自分の心の中に仕舞っておくにはもったいない。自叙伝の一部として、死ぬ前に披露したいと思っていることをまとめてみました。主観に走りすぎた前回(2011年12月)よりは、若干ながら客観性が増したと踏んでおります。

そのお言葉を頂いただけで更新した甲斐がございました。重ね重ね感謝申し上げます。おはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ☆シーマン☆さん
様々な出来事が走馬灯のように廻る昨今、まだ書けるうちにこうした昔のことを綴り、後世に残して行きたいと考えています。同校の卒業生や在校生の目に止まればこの上もなく幸いと考えています。

未熟だった自分が浮かび上がる。2011年では単なる事実の羅列に過ぎず、エッセイの域に達していませんでしたが、それから8年経ち、昨今ようやくそんな心境に達した自分にございます。

なるほど、FB等文明の利器を駆使する価値はありそうです。ご助言に深く感謝しております。本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
なかなか味わい深い絵ですね。
子供の頃の思い出には、いつまでも残っているものが有って不思議ですね。

URL | motoyoshi ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 62まきさん
以前書いた記事が子供の日記の域を出ていない為、見直してみました。子供は遊びの中から社会のルールやマナーを学び成長する。その頃の自分にはそんな意識が全くなく、恥ずかしい限りです。いつしかこうした日記的なことを繋いで自叙伝を書きたいとも考えています。

おはからいにより、今回も有意義なご意見を聞かせて頂きました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
興味深いお話を伺い、益々板橋君と会いたくなって参りました。お互いの主観は違っても、客観が二人の思いを取り持つ。昨今はそんな気持ちも湧いて参りました。会えば積もる話を交わさねばなりませんが、このような誼を少年時代に交わせたこと時代、一生の宝と認識しております。

お陰様で、今回も有意義なご意見を聞かせて頂きました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
ジョージバトラー氏の写真が毎週日曜日、石巻かほくに掲載され、地域に話題をもたらしています。解説は石巻千石船の会の会長で、間もなく同会の総会でお会い出来るものと考えています。この企画に乗じてこのような懐かしい思い出を記事に出来ればと認識しております。

同時に、この記事が郷土史の先賢や同校の卒業生、在校生などの目に止まれば、この上もない幸いと受け止めております。おはからいにより、本日もお志を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。、

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> suisyouさん
振り返るに、二人は性格的に正反対なところがあったのでしょう。往時の板橋君は幼いながら、付き合いというものを意識していたと考えます。

自分はただ負けず嫌いなだけで、取り得のない小学生で恥ずかしい限りです;いつか再会を果たせたら、そのあたりを熱く会話したい気が致します。この鐘楼は地形が変わる(公園全体の嵩上げ)為、一時的になくなるようですが、このような随筆が、先人の思い出話のきっかけになれば幸いと考えています。

お陰様で、今回もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
2011年以来の七年数箇月ぶりの二度目の感想に深く痛み入っております。七年数箇月前の作品と異なる点は
※単なる日記的な記録だったのを改め、主観と客観を取り入れた。
ことです。これによって自分の未熟さが浮き彫りになって参りました。恥ずかしい限りですが、この反省が次の作品を生み出す原動力になると考えています。

間もなく千石船の総会開催となりますが、それを前に「我がルーツと大河北上」の完結と本エッセイの見直しが出来て良かったと考えています。おはからいにより、本日も真摯なお言葉を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
歴史小説だけだと堅苦しくなりかねないので時折、こうした軽いものも織り交ぜたいと考えています。そう仰って頂き、見直した甲斐がございました。

昨日は販売店で古い新聞を求め、本作を見直すきっかけが出来て良かったと考えています。来月開催される石巻千石船の会総会では様々な話で盛り上がりたいと考えています。お陰様で、今回も有意義なご意見を聞かせて頂きました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> motoyoshiさん
この絵を書く気になったのは板橋君と会いたいという一途な気持ちと読者の皆様に小舟遊びの真意を知って頂きたいと考えた所以にございます。

彼もこの遊びを覚えてくれていればいいのですが。おはからいにより、本日も慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは 横町さん

更新お疲れさまです。
訪問が遅くなり、すみません。

寄稿、お疲れさまでした。
半世紀も前の想い出が横町さんの頭の中に置かれているんですね。
板橋少年とは濃く短いお付き合いだったのでしょうが、良い想い出が残っているのでしょう。
今でも横町さんが会いたいと思われている事、板橋少年に伝わるといいですね。
生きていればいつかは巡り合えるのではと思ってます。
素敵なお話をありがとうございました。

URL | ヤスミン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ヤスミンさん
兄弟の居ない自分にとって特別な存在が友人板橋でした。そう言えば彼も一人っ子でしたが、自分と違って変に大人びたところがございました。ジャングルジムの鬼ごっこでいつも負け、悔しい思いは避けられませんが、今となって見据えるべきものを見ると、彼は人の付き合いの在り方を悟らせる存在だったと捉えています。

但し、これは還暦を過ぎた今となって初めて感じることで、よしんば往時の自分が彼の考えがわかるような人物だったら、全く別な人生を歩んだ気が致します。ほろ苦い少年時代の未熟さとともに、彼の屈託のない笑顔を自分だけの脳裏に留めて置くのはあまりにも忍びない。そんな気持ちが今回自分の背中を押してくれました。

板橋に関する思い出はまだ他にもございます。雪球遊びもそうでした。こうした作品(自叙伝)をブログの新たな移転先にもと踏んでおります。本日も真摯なお言葉を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)