FC2ブログ
平成27年7月25日相馬野馬追中村城出陣式
 相馬中村城跡を訪ねて
ほぼ終日に渡って薄曇りの天候に見舞われた本日、私は或る古城跡に足を運んだ。それは薩摩藩とともに一回も所領替えをされてない大名の城である。戦国時代から幕末に至るまでの間、一回も改易(所領の移動や削減、没収)されてない大名はたった二藩のみである。

これは1590年に書かれた豊臣秀吉の朱印状(写し)である。北条氏討伐の小田原城攻めの後に出されたもので、小田原攻めに参加した相馬に対して所領の安堵(四万八千石、後に六万石)を認めたものである。

相馬氏が中村城を本拠地とした(本丸築城)のは1611年(当主:相馬利胤)である。但し、坂上田村麻呂の蝦夷征伐から何と800年ものインターバルがある。この800年の間には在来土豪同士の様々な争いがあったのは想像に難くないが、今回は記事の趣旨上、他方向に風呂敷を広げる傾向になってしまうゆえ、敢て割愛させて頂きたい。それにつけても、本丸築城後から四百余年しか経てない現在を察すると、この八百年という年月は実に驚嘆に価するものがある。

JR相馬駅から南西に向かうと中村城の外堀に遭遇する。

これは中村城二の丸の北東部の内堀である。中村城は数百年を経た今もさほど往時と変わっていない。これは極めて希ということである。

これは1702年於ける中村城である。(相馬市の文化財NO,6より)

平面図だけではややわかりづらいので鳥瞰図をご覧頂きたい。(余湖くんのブログより転載許可を確認のうえ引用)

次に航空写真をご覧頂きたい。現在は中堀部分の大部分が埋められ、往時の面影はなくなった。それを踏まえ現在の航空写真に往時の堀を記入することにした。
(鈴木啓著「ふくしまの城」を確認の上作成。)
赤:内堀
オレンジ:中堀
青:外堀
何と三重に張り巡らされた堀。それにしても備えが厳重である。中村城は殊の他、北に対して強い城と言う。それは坂上田村麻呂の蝦夷への備えであり、第17代相馬家当主・相馬利胤に於いては北の強敵伊達家に対する備えでもあった。

大手一の門は1649年に建てられたものである。

これは中の門の脇(西側)である。本丸跡に行くにはここからのアプローチとなる。

これは東二の丸の丸土張(馬出)である。有事にはここから騎馬が出された。

東二の丸は今は野球場になっている。

東二の丸は江戸時代中期には藩主の邸宅があったところである。

1611年に建てられた本丸は167年の落雷で消失し二度と建てられることはなかった。中村城に本丸が存在したのは僅か59年の期間であった。

これは鈴木啓氏による平面図再現である。私は一目見て、6万石の大名にしては非常に広い城構えと思った。

相馬中村城
平安時代初期(800年頃)に坂上田村麻呂が奥州鎮撫のために城を築いたのが最初と伝えられており、南北朝時代から戦国時代初期までは中村氏の居城であった。その後、相馬氏の勢力が増すと、中村氏を滅ぼした相馬盛胤(奥州相馬家第14代当主)本城である小高城に加えて、この中村城に城代(相馬隆胤)を置いて伊達氏と抗争を繰り返し

1611年(慶長16)、盛胤の孫である相馬利胤の時代に、本城を中村城に移転した。現在は馬陵公園として整備されており、大手門のほか石垣や土塁、堀が現存する。公園内にある相馬中村神社では毎年7月末に行われる総大将出陣式が行われる。

 考察
相馬は鎌倉時代に奥州相馬家の始祖とされる相馬重胤が移り住んでから一回も国替えされることなく、幕末まで存続に至った。相馬中村城は堀が三重に巡らされるなど、非常に守りの固い城という印象を持った。

幕末時の戊辰戦争では小藩ゆえ、新政府軍に転んだ相馬であったが、これも生き残るには止むを得ない選択と捉えている。

私は祖先を伊達の下級武士とする身であるが、ライバル相馬には畏敬を感じている。相馬は「東奥の君子国」とも呼ばれるが、平家の血を引く同家に相応しい形容詞と受け止めている。
関連記事

コメント

No title

こんばんは

相馬中村城址に行かれたのは初めてなのでしょうか?

ミックさんから相馬藩のことを熱く伺っているので
どうもそんな気がしません。
立派な城址ですね。特に堀が3重にもなっていたり。

国替えがつきものの時代に 薩摩藩とならんで
1回も国替えされなかったとは 驚きです。
何か変えられない生き方があったのでしょうね。

それにしても よい1日でしたね。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん
やはり相馬は戦国時代を生き抜いた武将だけ
あって築城も戦に対応した堅牢な作りですね。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

明治に至るまで、1回も改易されていないとはすごいですね…。。。
生き延びる手腕もさることながら、城郭の造りもよく考えられているのだと思います…。。。

また、これらのことから伝統的な武家行事が色濃く残っているのですね~。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
一回も所領替えをされてない大名の城とは凄い事ですね。造りを見てみると堀が三重にされている事など
考えられていますね。
古城見学をされ、そして多くの資料と突き合わせ
多くの喜びを得られた事と思います。
素晴らしいですね。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
一度も改易する事が無かったというのは本当に凄い事ではと思います。それはこの藩自体が常に纏まっていたという事かと思います。それを考えると野馬追の一糸乱れぬ動きも納得がいくものとなります。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おばんです。
相馬藩は、一度も改易されていなかったり、現在でも野馬追が行われている凄い藩なんですね。
ミックさんにいろいろと教えていただき、あらためてそのような素晴らしい歴史ある藩が私が住んでいる福島県にあるのを誇りに思いました。
相馬藩のことを詳しく紹介してくださり、ありがとうございます。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

「改易」という言葉すら知らない無学を恥じます・・・。
したがって、改易をされた藩はどの位数を重ねたのかも知りません。
坂上田村麻呂は、この地の方だったんですね・・・汗
3重のお堀も初めて知りました・・・堅牢な守りのお城ですね。

書けば書くほどボロが出て恥ずかしい限りですが、
ミックさんの郷土愛や、己を知るために敵を知るという姿勢には頭が下がります。

URL | シャーロック2013 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
中村城は通勤ルートからはやや外れていますが定期券により相馬は自分の庭同然ゆえ、中村城に足を運ぶこと数十回に及んでいます。

中村城は相馬の散策や野馬追の出陣式で何度も画像に表していますが、城としてスポットを当てた記事はございませんでした。実はこの動画の大観衆の中に某の姿も映っています。(上下黒ずくしの衣装)

ご質問の件にごさいますが、「変えられない生き方があった」とはまさに仰せの通りにございます。それだけ、此の藩が領民と藩主が一体化しているため(藩主は領民があってゆえの藩主ゆえ、けして領民を見捨てない)と受け止めております。ここが相馬が「東奥の君子国」と言われる所以にごさいます。

姫に於かれましてはいつもは格別な御厚情を賜り大変感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
厳重に張り巡らされた堀もそうですが、本丸の平面(予想図)を見ても、中村城は相馬の主城に相応しく非常にしっかりと造り込まれているという印象を持ちました。

某のブログに何度か登場した「東奥の君子国」にごさいますが、藩主と領民のずば抜けた信頼関係があった所以と受け止めております。即ち、藩が財政危機に陥った際、藩主は領民より質素な食事を摂り倹約の模範を示したとされます。

貴兄に於かれましては、いつもありがたいお言葉を頂戴し感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
山椒は小粒でもピリリと辛い。某はこれほど相馬の在りようを捉えた言葉もないと察しております。また結束力という点に於いて秀でたものを感じる相馬にごさいます。

然るに、「君子国」と言われるのはよほどのことがないと言われません。江戸時代中期の地理学者・古川古松軒は相馬に足を運んだ折、隣国の大藩である伊達よりも相馬の武士道の徹底ぶりに感動したとされますが、まさにここに「東奥の君子国」たる所以を感じています。

貴兄に於かれましては、相馬の本質に迫るお言葉を頂き痛み入っております。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
実はこのYOU TUBEの動画の中に某も映っております。テントの左端にいる黒ずくし、黒キャップが某にごさいます。(見づらくて申し訳ございません。)

こうして、総大将である相馬行胤公(第33代相馬家当主相馬和胤公ご嫡男)や相馬野馬追執行委員長(南相馬市長)、軍師、副軍師らの訓示を改めて見るとあの日の感動が蘇ります。この感動を更なる探訪や創作の意欲に繋げたいと考えています。

ご自身に於かれましてはいつも追い風になるお言葉を頂戴し大変感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
「東奥の君子国」相馬に対し、相応しいお言葉を頂戴し痛み入っております。
某は貴兄から相馬に対しお寄せ頂いたお言葉の中で殊のほか印象に残っているものがごさいます。
それは「山椒は小粒でもピリリと辛い。」という言葉にごさいます。これほど相馬の在りようを比喩した言葉はございません。貴兄の洞察力の深さをに畏敬を感ずる所以にごさいます。

相馬は隣国の大藩伊達に屈することなく、堂々と幕末まで生き延びて参りました。幕末時には二宮尊徳の御仕法(別名:興国安民法)もごさいました。御仕法には同藩にとって必要なものが含まれていたと察しております。

貴兄に於かれましては、いつも格別なお引き立てを頂き大変感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
大変徳のあるお言葉を賜りました。確かに藩主と領民がこれだけ一体化している国もないと受け止めております。
ゆえに相馬は今でも「東奥の君子国」と言われております。然るに相馬は伊達のみでなく、隣国岩城とも鎬を削っております。
機会がごさいましたら、お伝えしたいと存じます。

貴兄に於かれましては、いつも激励のお言葉を頂き大変感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> シャーロックさん
ただ今、Wikipediaで坂上田村麻呂を調べて参りました。
田村麻呂(758~811)が若年の頃から陸奥国では蝦夷との戦争が激化しており、延暦8年(789年)には紀古佐美の率いる官軍が阿弖流為の率いる蝦夷軍に大敗した。田村麻呂はその次の征討軍の準備に加わり、延暦11年(791年)に大伴弟麻呂を補佐する征東副使に任じられ、延暦12年(793年)に軍を進発させた。この戦役については『類聚国史』に「征東副将軍坂上大宿禰田村麿已下蝦夷を征す」とだけあり、田村麻呂は四人の副使(副将軍)の一人ながら中心的な役割を果たしたとされる。

田村麻呂に関しては某にはコメント出来る自信がございません。何卒平にご容赦頂きたい所存にごさいます。

ご自身に於かれましてはいつも格別なお引き立てを頂き大変感謝しております。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

大きなお城ですね。
伊達家に所縁のあるミックさんが、畏敬の念を持たれるって・・今にも伝わる特別なものがあるのでしょうね。相馬ってどんなところか行ってみたいものです♪

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
何よりのお言葉を頂戴し痛み入っております。相馬の稀なる生き残りにはサラリーマンの処世の極意を感じる昨今の某にごさいます。

本日も慈しみに溢れたお言葉を頂戴し、感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)