fc2ブログ
ブログ棚卸しで何が得られるのか?
2月半ばと、8月半ばにブログの棚卸しを始めて一年半が経つ。本日は今回を含め4回に渡る棚卸しで何が得られたかについて述べたい。

今回も前回同様にデータを羅列しながら考察に及びたい。先ずはこの半年間の記事数であるが合計106記事(一日当りで0.58回)である。最近は突発的なことがない限り休日では土曜、日曜、祝日、有給休暇日、平日では火曜、木曜を更新日と定めている。











お気に入り(私が人様に対して行うもの)は現在164人(半年前172人)で12人減である。
またファン(人様が私に対して行うもの)が現在184人(半年前172人)で12人増となっている。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
次に訪問者数とコメント数の分析である。前回(2015年2月15日)が左、今回(2015年8月15日)が右である。
半年間の訪問者数は36,185で一日平均で198.8人である。
ここ一年半の推移を見ると
2014年2月~2014年8月が約213人/日
2014年8月~2015年2月が約193人/日
2015年2月~2015年8月が約199人/日
となっている。
コメント数は2,774(但し自分のコメントも含む)なので一日平均で15.2コメントである。前回が17.5コメントなので9パーセントほど落ちている。
尚、トラックバックは半年で10となっている。











これは2015年2月15日時点の書庫の累計である。

こちらがきょう現在の書庫累計である。「自作エッセイ集」が15を数え、相馬転勤に伴い「常磐スタイル」や「伊達と相馬の研究」がこれに続いている。また数年前から取り組んできた先祖調べの進行に伴い「我がルーツ」も若干記事数をカウントした。傾向としては、更に文学歴史志向に寄ってきたものと捉えている。

次にカテゴリーの分析である。
これは2015年2月15日時点のカテゴリーである。

こちらがきょう現在の書庫累計である。半年間では
①ノンフィクション、エッセイが21記事
②歴史が14記事
③自伝、伝記が5記事
増えている。これも昨今の文学歴史志向を裏付けるものである。

次に、一昨日(8月13日)に於けるアクセス解析を公開したい。検索ワードはバイク関係や文学、歴史に関するものが多くなっているが、DIYやグルメ関係などの検索もよく見受けられるようである。

性別は男女比率はほぼ3:1となっている。年代は相変わらず50代と40代が多いようだが、60代以上や30代、20代も見られ、比較的幅広い年代のかたに読まれていると受け止めている。

また、アクセスランキングは当然ながら新しい記事で注目度が高く、たまに文学や歴史関係の記事にもアクセスを受けているようである。このあたりは運営者としてこの上もない幸いと考えているが、一方で自分の書いたエッセイや小説の多くはあまりアクセスされてないようである。厚意にさせて頂いている一部のブロ友様もこうしたことを過去に聞いたことがあるが、不特定多数がアクセスできる環境では知名度、認知度から言ってもこのあたりは致し方のないところなのかも知れない。

最後にこの一年間でコメント頂いた方のランキング(1位~23位)を掲載する。
訪問者様、コメントを頂いたかた、ナイスを頂いたかた、トラックバックを頂いたかた、ファンになって頂いたかたにはこの場を借りて感謝申し上げたい所存である。

ミック挨拶
皆さん、本ブログは今後も掲げた独自のポリシーを貫き、人様から愛されるブログを目指して参りますので宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。


関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)