FC2ブログ
 島育ち/田畑義夫(若い頃のステージ) 

リンク曲について
毎年寒くなると、あの時の思い出が甦ってくる。あれは16年前のことだった。一月半ばの厳寒期を迎えた頃、仕事で奄美大島出張を命ぜられたのである。苦しいことが圧倒的多かった現役時代、奄美大島出張は数少ない、夢のような思い出である。
奄美大島は鹿児島から350キロ、沖縄よりは北だが、文字通り「南国の楽園」である。

奄美大島と聞いて真っ先に思い当たる曲が田端義夫の「島育ち」である。この島ははっきり言って秘境である。なぜ秘境なのか?それは記事と画像をご覧願いたい。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
今宵は2003年1月18日に奄美で拾った石を肴に週初めの美酒に酔っている。こんなに丸い石(実際は楕円)を見たのは生まれて初めてだった。



石を拾った場所はホノホシ海岸である。アイヌ語にゆかりのある地名はカタカナのものが多いが、ホノホシ海岸はアイヌの土地とは対照的に日本の南の端にある。辺境と言ったら現地のかたに失礼かも知れないが、このカタカナの地名こそが、秘境を連想させるに十分なものがある。



ホノホシ海岸は外海に面している。太平洋の荒波が絶え間なく押し寄せるスポットである。ちなみにこの石を拾った1月18日の最高気温は22・4度であった。寝るときはシャツ一枚で十分であった。この日の仙台との気温差は何と13度以上になる。




 奄美大島 ホノホシ海岸 
幸運にも、私は仕事で奄美大島に出張するということに遭遇した。本日リンクした動画はホノホシ海岸の様子である。動画を見て気付いたかたもおられると思うが、この海岸は玉石だけの海岸である。珊瑚礁で囲まれた砂浜の多い奄美大島の海岸で、何故ホノホシ海岸がこうなったのかはわからない。本日は私のつけた当時の日記を掲載し16年前を振り返ってみたい。
黄色:三週間近くに渡って宿泊した名瀬市(現奄美市)
赤:2003年1月18日訪れたホノホシ海岸



2003年1月18日の日記
ホノホシ海岸は直径5cm~10cmほどの丸い石だけの非常に珍しい海岸である。駐車場から浜に向かう途中カメラを持った人にすれ違った以外は1時間ほど誰にも会わなかった。(普通の観光地ではとても考えられない)この日は前日にも増して1月とは思えない南国特有の強い日差しで、気温は22・4度まで上がった。薄いジャンバーでも汗ばむほどであった。

奄美大島には島時間という言葉がある(本土での一時間が倍の時間くらいに感じられる)が、ホノホシ海岸では、内地とはまったく違った濃密で、且つ至福の時間が過ぎていった。
ホノホシ海岸の丸い石は面白い音をかもし出し、秘境に吸い込まれようとしていた私を更に魅了した。(この音を例えればヒュヒュヒュヒュヒュ…ヒューンというような音である)

それにしても本土とは空と海の蒼さが全く違う。南国の日差し、澄んだ海の成せる技なのだろう。この爽快感、開放感は例えようがない。童心に帰って時間も忘れて、できるだけ丸い石を拾い集めることに専念した。(ようし、お土産に持ち帰ってやろう)…丸くて平べったい石を拾う。



山川さら著、㈱星雲社「ムンユスイ」より引用

外海である太平洋の荒波が岩を削り、石を転がす 
 
そそりたつ岩に挟まれた海岸に 波音は唸りのように反響し
 
引き波とともにさらわれる玉石がぶつかりあい
 
地中に吸い込まれていく泡が音をたてる
 
目を閉じれば地球というコンサートホールに拍手の嵐が渦を巻く
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 
本日の晩酌



横町挨拶
奄美大島には三週間弱の滞在でした。仕事で訪れなければ奄美大島に行く機会は恐らく一生なかったことでしょう。短期間の出張でしたが、その後の私の人生に与えた影響は多大なものがございました。厳寒期であっても仙台とは気温が10度以上も違う奄美大島。これは沖縄ほどでないにしても、東北人から見れば冬がないのも同然です。

その後仕事で様々なところに出張しましたが、奄美大島出張を凌ぐような場所はありませんでした。東北北部の厳寒期の寒さは身に堪えますが、この島に行きさえすれば、例え真冬であっても楽園が待っている。いつしか私の脳裏にはそのような考えが根付き、この年の奄美大島訪問が辛い冬を乗り切るための特効薬となっていったのです。

定年退職を果たしてセカンドライフを歩む私ですが、未だに冬場になると「あの日をもう一度」と考えるのです。再訪の夢が叶うかどうかはわかりませんが、夢にまで見たその日が来るのを信じて今冬も頑張りたい所存です。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


関連記事

コメント

No title

ほんと!
丸い石ですね。
5~10cmの丸石の中では、大きい方ではなかったですか?持ち帰るのには、重たくなかったですか?
それでも、この石を肴に美味しいお酒を飲めるのならば、最高のお土産でしたね。

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

現役時代の良き思い出の地なのですね。
いつかまた再訪できるとよいですね。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

横町様こんばんは

奄美大島の丸い石は見ているだけで
心も温まりそうですね

セカンドライフ終えた後は
ゆっくりと行かれると良いですね

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

前記事は、よく覚えていますよ…。。。私もいつの日か奄美大島を訪れてみたいと思っております…。。。
あらためて拝見しますと、結構大きな石ですね…。。。この石を眺めながら、島に打ち寄せる波の音を思い出すことができますね…。。。
本日も、郷愁漂う記事をありがとうございました…。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ヤスミンさん
人生、苦あれば楽ありと申しますが、欝を患う前に「自分にもこのようなことがあったんだ」と今更、自問自答し、感慨深いものを抱いています。

この体験がその後の人生に大きなものを与えたと認識しております。即ち、定年まで頑張ろうというモチベーションにございます。二度目の奄美訪問がかなうもかなわないも自分次第ですが、これを夢と終わらせない為に、もう一度ファイティングポーズを取りたい所存です。

本日も記事の趣旨に触れて頂きました。また励ましも頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 62まきさん
厳寒期でも20度を越す温暖な気候(平均は15度前後ですが)には癒されました。大阪の冬ともだいぶ違うと思います。
歌詞の「朝は西風」の西とは実際北風のことですが、歌詞の通り、夜は南から暖かい風が吹く。このあたりが楽園と考える所以にございます。島時間をもう一度味わってみたいと思います。

本日もお志を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
この時はカルチャーショックでした、同じ日本にもこんな場所があるのかという感じでした。人情も素朴で人懐っこく沖縄本島ほど都会擦れしてないのも魅力です。

この石は一生の宝と思っていたので重さは覚悟での帰路の搭乗でした。今でも厳寒期を乗り切る原動力になっています。(笑)

本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
夢のような、幻のような18日間でした。でも石を見るとけして幻でなかった。昨夜はそれを思いながら美酒に酔いました。

おはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
奄美には仙台から直行便がなく、沖縄に行くより割高になります。敷居が高いのですが、それでもここだけは別格。夢が実現するよう頑張りたい所存です。

記事の趣旨を捉えて頂き感謝申し上げます。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
人間不思議なもので、視覚と聴覚の両方で感じたものは一生脳裏に焼きつく…それを痛感する16年前のホノホシ海岸訪問でした。
貴兄の奄美行きが是非実現することを祈っています。そう言えば伊丹空港からは直行便が出ていますね。観光シーズンは結構観光客が来るとのことで、季節的には冬~春先がお勧めです。

本日も格別なる追い風を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます!
以前にもコメントしましたが本当にきれいな石ですね。
是非再訪されることを願っています。https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s376.gif">

URL | 黒猫のママ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは

数個丸石を持ち帰られたのですね。
ほんとうに平べったい丸い石ですね。
この丸石を見ながらの晩酌 思いは南の奄美大島に飛びますよね。
暖かい気候というものはそれだけでリラックス出来るような気がします。
そのように海岸の石が丸いと言うことは相当な荒波もご覧になったんでしょうね。

またきっと行くチャンスはあると思いますよ。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今日は、

奄美大島への出張でしたか、
バタやんの「島育ち」は50数年前に大ヒットでしたね、
この曲で紅白出場も果たしましたね、
綺麗な丸い石が自然の力で出来るのも不思議です、
紙面が海に囲まれた我が淡路島の海岸にも同じ様な真ん丸い
石が沢山ありますよ、

思い出の石を見ながら16年前が思い出されるでしょうね、

URL | 雲MARU ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 黒猫のママさん
どうしたらこのような丸い石が出来るのか不思議です。あの時の余韻が寒い冬を乗り切る原動力に繋がっています。人生で愉しいことは少ないですが、この体験は一生の宝です。

本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫日記さん
この海岸は急に深くなっているようで、これが丸い石と何らかの関係があるのかも知れません。太平洋からの荒波が土手(海岸)にぶつかるような独特の音だったと記憶しています。カタカナの地名も秘境を髣髴させるのに十分な雰囲気がございます。再訪できることを夢見てセカンドライフを頑張ります。

お陰様で、本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 雲MARUさん
田端義夫の歌う「島育ち」は懐メロとなりましたが、奄美大島を代表する歌ですね。情感を込めて歌うところが大ヒットの要因と受け止めております。

丸い石は一生の宝ものです。この石を見る度に、奄美大島に行ったのは夢でなかったと実感しております。歌詞に「夜は南風…」とありますが、奄美に滞在した際は厳寒期でもこれを体験し、暖かい冬に感動を覚えました。

本日もお志を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは~
「奄美大島で拾った丸い石」にそそっかしい私は
コメントしてしまいました。波にもまれる石の音
まん丸い石に驚きです。自然のなせる業
不思議です。見てるとエネルギーが湧いて来そうですね

以前のブログにコメントしました事お許しくださいね
いつもありがとうございます。

URL | ボタンとリボン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ボタンとリボンさん
とんでもございません。過去の記事にコメントを頂くのは光栄極まることで、本ブログの目指すところでもございます。これだけで大変感謝しております。

似たような記事を何度もと思われるかも知れませんが、人様のポエムやその時の情感を取り入れ、マンネリ化しないよう努めて参ります。
奄美にはマングローブもあり観光の目玉となっていますが、通はホノホシ海岸を薦めているようです。それはもっとも奄美らしいスポットという意味です。
本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

荒波に揉まれてみんな丸くなる
ホノホシ海岸あこがれます☀
それはこの地球の理想でありましょうか🌱

URL | 花やっこ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 花やっこさん
初コメントを頂き感謝しております。山川さらさんの「地球というコンサートホールに拍手の嵐が渦を巻く」は冥セリフと受け止めております。
本日は厚誼を頂戴しました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)