fc2ブログ
子を思う気持ちはツバメも同じ
人は動物によって癒される。これは震災後にペットで救われたトピックスを見て新たに知ったことである。きょうはこのことについて或る微笑ましいトピックスをお伝えしたい。

ここは私が朝夕の通勤で訪れるJR亘理駅である。実はこの駅の周辺に猫(飼い猫か否かは不明)が居て、慌しく通勤、通学に向かう人々の心を和ませてくれている。これについては機会があったら後日紹介することにする。



今回紹介するのは駅の待合室に巣を作ったツバメである。朝の出勤時にはこうして雛に餌を運ぶ親鳥の微笑ましい姿を見ることができる。多くの人々がこの巣を見ながら電車や代行バスに乗り込んでいくのを見るとき、ツバメの巣に目くじらを立てることのないJRの寛大なる対応に触れ、暖かいものを感じる。親鳥の愛情を受け、日増しに成長する雛には元気に巣立ってもらいたいものである。



先週末、私は朝から清々しい心持になってツバメマークの入った相馬行き代行バスに乗り込んだ。きょうは何かいいことが起こりそうである

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)