FC2ブログ
伊達政宗の新地城攻略
去る6月7日(日)私は福島県浜通りの最北部に位置する相馬郡新地町を訪れた。目的は伊達と相馬の激しい攻防のあった新地城跡の探訪である。

これは南側から見た全景である。周囲はこの地方特有の長閑な田園が広がる。長閑ゆえ、とても大名の城があったとは思えないほどで、どこにでもあるような低い丘という印象である。

新地城跡をgoogle航空写真でご覧頂きたい。他の部分は最近福島県北部、及び宮城県南部で私が訪れた城址である。(但し、宮城県の内陸部の丸森町は割愛)これらは何れも伊達と相馬の争い、或いは戊辰戦争に絡んだものばかりである。
赤○:新地城跡(今回訪問)
紫○:愛宕山城(2015年5月訪問)
橙○:蓑首城(2015年5月訪問)
黄色○:駒ヶ嶺城(2015年4月訪問)
黄色□:黒木城(2015年5月訪問)
赤□:中村城(馬陵城)(2015年4月訪問)

東虎口、馬場と思われる部分に駐車スペースがあったので、私はそこにバイクを止めて徒歩で探索することにした。

新地城は1566年相馬藩第15代藩主である相馬盛胤によって築かれた城であるが、経緯としてはここから南東に1.5キロほど離れたところにあった谷地小屋要害が平城ゆえ、防御力に不安を抱いた盛胤が築城に及んだとされる。

南側から見た本丸はかなり広く見えるが実際には北館と本丸の間に堀があり、後年埋め立てられた由縁と思われる。

築城から23年後、破竹の勢いで南奥州を手中に収めようとしていた伊達政宗によって攻め落とされ、その後は伊達領となり、江戸時代初期には廃城となったとされる。

余湖様のサイトから転載(許可を確認済み)した想像図をご覧頂きたい。比高こそ15メートルと低いが用意周到に堀が張り巡らされている。但し水は引けない高さゆえ、多くは空堀と見られる。

google航空写真と照らし合わせてご覧頂ければっやイメージがお掴み頂けると思う。

西館から見た西側のアングル(林の向こうは阿武隈山地方面)である。

西館と北館の間にはこのような大規模な内堀が掘られている。深さは5~6メートルといったところであるが、往時は柵などが仕掛けられ、容易には登れないものであったと推測する。内堀跡は今はチューリップ畑となっているようである。

西館から見た北館の西端方面である。二本の木が生えているものの樹齢から言って歴史の生き証人とは言い難い。このあたりは江戸時代前期に城としての機能を失った由縁なのかも知れない。

北西部(馬場の脇)には新地城址会という建物が建てられていた。本丸跡の立て札によると、相馬側の足軽の祖先と地元のかたの有志とで結成されたものとのことであった。

帰り際に南側の相馬方面を望んでみた。ここから3キロ先には駒ヶ嶺城があった。この二つの城が1589年、伊達政宗によって攻め落とされたことになる。16代藩主相馬義胤の田村領出陣の一瞬の隙をついた出来事であった。
まさに疾風の如し。伊達政宗は各所に忍びの者を使わせ情報収集力に優れていた。

時に伊達政宗は満22歳、若武者独眼竜政宗の破竹の勢いを感じた今回の新地城跡探訪であった。
関連記事

コメント

No title

こんばんは、

轡の響きに馬のいななき、
今はのどかな田園風景ですが、耳を澄ませば伊達と相馬の戦の音が聞こえてきそうですね。
何時もながらの現地に行っての解説は、写真と相まって、分かりやすい記事になっています。
今日も有意義な内容に接し感謝しています。
ありがとうございました。

URL | ginrin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おばんです。
更新お疲れ様です。
新地城が、伊達政宗に攻略されたのが、相馬が田村領出陣の隙に行われたんですね。
その時代も情報戦が勝敗を左右していたとは、凄いことだと思います。
今回も素晴らしい記事をありがとうございます。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> かよバーバさん
へぼの横好きで歴史をかじらせて頂いております。拙い記事に感想をお寄せ頂き感謝しております。
本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
今は長閑な田園に囲まれた此の地で四百数十年前に多くの血生臭いドラマが展開されたわけにごさいますが、奥州王の政宗とて豊臣秀吉の臣下にならざるを得なかったものにごさいます。
然るに、こうした歴史に身を投じることで人間の持つ本質(煩悩がもたらす唯我独尊と共存共栄の精神との複雑な葛藤)を垣間見る気が致しております。
貴兄に於かれましては、いつも暖かいお言葉を頂戴し感謝しております。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
ご質問にお答えしましょう。戦国時代はいつ敵かたから襲撃されてもおかしくない状況ゆえ、この規模の城なら常に数十人規模の者が詰めていたと察しております。
コメントを頂き感謝しています。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
歴史探索に於いては、失われた多くの史実を己の想像によって膨らませる作業が不可欠と感じています。
よって、先賢から頂戴した資料をありがたく授かり、ある部分からは己のゾーンに入らねばなりません。
本記事は伊達側の視点で書きましたが、この新地城落城では相馬側にも武勲があったと伝え聞いております。
やはり歴史考察は一方向のみでなく、多角的に見なければ偏ったものになると踏んでおります。
ご自身に於かれましてはいつも暖かいご配慮を頂き感謝しております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ginrinさん
伊達と相馬の相克は有名ですが一つ一つの合戦にスポットを当てていくことで、初めて全体像が掴めるという気が致しております。
先賢の貴兄からはいつもモチベーションを頂戴し、大変感謝しております。
何卒、今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
天下人もそうですが、戦国の世に於いては、野望を抱く多くの権力者は情報収集に力を入れていたと察しております。
実は政宗も黒はばき隊という隠密を抱え、敵対する隣国の情報をあさっていたと聞き及んでいます。
情報を制する者は天下を制するというのが某の印象にごさいます。
貴兄に於かれましては、いつも暖かいご配慮を頂き感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

歴史を知らないで見る風景は、長閑なものですが、こうして教えていただいてから見ると、また違ったものですね。跡地が、チューリップ畑となっているところが、現在の平和を物語っていますね🎵

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
これを読んでいって。最後に伊達は情報収集能力に優れていたと書かれていたのを読ませて頂き。私はこれに尽きるのではと思いました。この頃から伊達政宗はおそらくですが。この地の者に紛れ込ませていた者を用意周到に配置して。その攻め込むチャンスをたえず狙っていたのでしょうね。これが後に伊達者は相馬から見ると信じられないと云われた所以ではと思います。おそらく武や馬の力量は相馬は長けていたが。この情報収集能力に置いては劣っていたのでは。相馬としては正々堂々と戦う。そんな気持ちがあったのではと考えます。しかし時代はもう情報戦の時代になって行こうしていたのでしょうね。そんな事を考えました。本日も勉強になりました。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

せっかく築城したのに、わずか1年で新たに城を築くとは・・・
なんともはや、もったいないというか、徒労な事でしたね。
婆と思われるところを見つけてバイクを止めるミックさん、さすがです!。
弱冠22歳・・・元服が早い時代とはいえ、早熟な武将だったんですね。
先日TVで、どこかの史跡が、長年その地に住んでいる人ですら、
そこが史跡であったことを知らないほど放置されている・・・
という事が報じられていましたが、ミックさんがいらっしゃる限り、そちらの地方では、そういう事は無さそうですね。ナイス!。

URL | シャーロック2013 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

本当にただの里山のような丘に、しっかりした土塁・空堀・廓がありびっくりしました。

このような史跡も末永く後世へ伝えていこうという、地域の方の活動にも感心しました

URL | 暇人ity ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは

若き伊達正宗の勢いを感じる攻防ですが
伊達藩 相馬藩 両方を知って行くと
めでたしめでたしという気分でもないですね。
でも これが戦国時代なのですよね。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
チューリップ畑の考察は某も同感にごさいます。日本全国の館や城にはこうした血塗られた歴史があり、これに目を背けてはならないと受け止めております。
ご自身に於かれましてはいつも格別なお引き立てを頂き大変感謝しております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
相馬は6万石、伊達は62万石ゆえ、まともに行っては相馬にとても勝ち目はございません。
しかしながら、「花は相馬に、実は伊達に」という言葉がごさいます。
その趣旨は「東奥の君主国」と呼ばれた相馬の武士道に基づいた高い精神にごさいます。
江戸時代の地理学者、古川古松軒は著書『東遊雑紀』で中村の城下町の様を「予六十余万石の武風(仙台藩のこと)に感ぜずして、六万石の相馬に武風に感ぜしなり」と相馬の武風(武士道)を随所で垣間見て、それを高く評価し、好感をもって眺めております。
ここに花は相馬にの由縁があると踏まえております。貴兄に於かれましては、いつも暖かいご配慮を頂き感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> シャーロックさん
伊達政宗があと二十年ほど早く生まれていたら天下を取れたのでは?とよく言われますが某も同感にごさいます。
ここに「奥州の仕方」なる言葉がごさいます。即ち、それまでの東北の大名はお互い政略結婚を重ねることで共存共栄を図っていたものにごさいます。
但しその常識は彼に通用しなかった。その型にはまらぬ暴れん坊振りたるや織田信長の如しと受け止めております。
ご自身に於かれましてはいつもご理解を頂き感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 暇人ityさん
貴兄は往時の城をよく観察されています。実はこのへんにお住まいのかたは伊達家臣の末裔が多いゆえ、相馬の足軽の末裔のかたとの懇親は殊の外意義深いものと捉えております。
感想をお寄せ頂き感謝しております。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
こうした知識を一つ一つ吸収して相馬と伊達との関係を明らかにしてゆくのは至福のひと時にごさいます。
それゆえ、今年の相馬野馬追いが楽しみにごさいます。姫に於かれましてはいつも格別なお引き立てを頂き大変感謝しております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは^^

伊達正宗の戦法、凄いですね。
情報収集の為に、あちこちに忍びのものを使わした。
とても利口なやり方ですね。
22歳とは、若いです。
留守の隙を狙うとは、戦術に優れた正宗ですね。
ナイス!です。

URL | Rain ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> Rainさん
とても22歳とは思えない老獪さは視点を変えれば卑怯にも受け取れます。即ち、不意討ち的攻撃にごさいます。
確かに、こうした独眼竜政宗の抜け目のなさは他の東北諸藩から忌み嫌われたものにごさいます。
今でも東北各地に赴くと政宗公のことをよく思わないかたがいらっしゃいます。
しかし、某はあえてこれを否定せず、これが真の歴史の重み?と受け止めております。
ご自身に於かれましてはいつもご理解を頂き感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)