FC2ブログ
近世の相馬を救った二人の偉人の墓を訪ねて
去る5月31日(日曜日)私は中村街道沿いの相馬市北部の小高い丘を訪ねた。ここは相馬市西部ここには幕末の相馬を救った二人の偉人の墓が存在する。但し、これは単なる結果論である。実は此の地を訪れたのは本命である黒木城を探しかねたゆえの偶然であった。

これを単なる偶然と捉えるのか、因果と捉えるのか私には定かでない。但し、一つだけ言えることは私が尊敬して止まない小説家志賀直哉の祖父である志賀直道が従事した偉人が此の地に葬られていることである。

google航空写真をご覧頂きたい。
赤:高蔵院跡
黄色:愛宕神社

ここは高蔵院を開山した陰山和尚の墓である。開山は1673年~1680年頃とされる。実に開山から340年近くの歳月が経っていることになる。

ここが陰山和尚が開山した高蔵院跡地である。

観音堂:1703年渡航安全のため相馬22代藩主、相馬叙胤公が建立した建物と言われる。

愛宕山史跡の略図をご覧頂きたい。陰山和尚の墓は⑧、観音堂は③である。

現存する建物の由緒をご覧頂きたい。実に190年近い開きがある。藩政時代6万石と言われた相馬がこうして長きに渡ってその名を幕末まで残したのはそれなりの大きな由縁があった。

地蔵堂:1866年建立、地蔵堂は二宮尊徳ら三名を祭ったものである。

これが近世の相馬を救った二人の偉人の墓(左:慈隆、右:二宮尊徳)である。

二人の生き様は今でも相馬の人々の心中に生きている。また、その志は現在に於いて一つも色褪せないものであり、相馬藩史上に敢然と輝くものとなっている。

二宮尊徳の墓には「誠明先生墓」と刻印されていた。生涯を農政に捧げ、誠に生きた彼らしい命名である。

ここで小説家志賀直哉の祖父である直道と二宮尊徳の関係について触れたい。
(以下そうま広報ウェブより引用)安政元年(1854)、二宮尊徳に入門し尊徳のもとで2年間にわたり二宮仕法を学び、尊徳が亡くなると藩主の命により、尊徳の子尊行を補佐して日光仕法を推進するため、家族で今市(現栃木県日光市)に移住した。明治維新後は、相馬藩権知事などを歴任し、旧藩主を補佐するため東京の相馬家の家令となった。

あまり知られていないが「西の吉田松陰、東の慈隆」と称される。彼は戊辰戦争で相馬の保身を第一に考え、相馬を火の海とするのを阻んだ第一人者とされる。

二人の墓を見た後、私は松林越しに南側のビューを望んでみた。

今年で開山から312年、宇多川越しには南相馬の大平原が望める。この景色を見て多くのかたが煩悩から救われたことだろう。私はこれを心に刻んで次の目的地である黒木城に向かった。
関連記事

コメント

No title

ミックさん
ここ最近の記事でこの地は本当に歴史を大事に
する土地柄だと感じます。
古を訪ねて大事にする精神が息づいていますね。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

所在地をこのように綿密にいろいろ取材するミックさんの姿勢に共感を覚えます…。。。そして、ますますその地の歴史に詳しくなられていることを共讃したいと思います…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
二宮尊徳はこの地を訪れていない筈ですよね。それでも相馬はお世話になったという気持ちがある。遺髪を頂いて墓にする。これは凄い事です。それほどの思いがある。救われたという気持ちがある。そして慈隆の墓。
この相馬の人たちの気持ちに私は救われるような想いがあります。決して恩を忘れない。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

2人の偉人のお墓を訪れることができたのは、偶然ではなく必然だった思います。
この地を訪れたことのない人を手厚く葬るって、相馬の人の義理堅さを感じます。
すばらしい景色にも出会えて良かったですね♪

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おばんです。
相馬は、今でも野馬追いなどが行われる歴史ある土地だと思っていましたが、ミックさんの記事を読ませていただき、改めて相馬は歴史ある土地だと知りました。
福島県の同じ浜通りに住んでいながら 相馬のことをあまり知らずにいたように思います。

慈隆、二宮尊徳・・・・勉強になりました、ありがとうございます。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

相馬の地に、吉田松陰と並び称される人がいらっしゃったんですね。
ミックさんが書かれなければ、私は永久に知らなかったかも?。
ミックさんご自身が、郷土を愛する方であるように、
相馬を訪れた事の無い二宮尊徳翁を、大切に奉るお土地柄・・・
仁・義・礼・智・信、何れも備わっていて、素晴らしいと思います。

URL | シャーロック2013 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
この地を訪れ、相馬が現代まで生き残った由縁を改めて知った思いが致しております。

貴兄に於かれましては、いつも暖かいご配慮を頂き感謝しております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
こちらこそ貴兄の記事からモチベーションを頂戴し感謝しております。
貴兄との情報交換に期待しています。
本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
昨夜は深酒に及び至らぬところ多数の記事にコメントを頂き感謝しています。
今回は相馬の恩人とも言える二人の偉人を紹介させて頂きました。貴兄に於かれましては、慈悲深いおはからいを賜り感謝しております。
本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
先祖は敵対した間柄なれど相馬には親しみを感じる昨今にごさいます。ありがたいお言葉を頂戴し感謝しております。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
昨晩は酒気を帯びながらの掲載ゆえ、至らぬところ多数の文章&返しコメントを露呈し大変失礼しました。
相馬に関し貴兄からありがたいお言葉を頂戴し感謝しております。
本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> シャーロックさん
相馬に対し儒教の志を感じていたゆえ、ご自身のお言葉身に浸みております。
吉田松陰と並び称される慈隆の生き様については今後の記事にも取り上げたいと存じます。
いつも格別なお引き立てを頂き大変感謝しております。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます

黒木城の直前にここを訪れられていらしたのですね。
相馬を救った 二人の偉人の墓。
墓の作りも心がこもっているように感じられます。

相馬のひとの心の奥底を流れる清冽なものを感じることができます。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは。
相馬のお二人に対する深い気持ちを
感じる事が出来るお墓ですね。
この地を訪れていない二宮尊徳に対しても恩の深さを
大切にされる気持ちも素晴らしいと思います。
南相馬の大平原の眺めも清々しいですね。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

通った小学校の校門前にも二宮金治郎の像がありましたが、今は片隅に追いやられています。
子供に労働をさせるのはいけないという○教組の考えらしいですが、トンでもない事ですね。
昔も今も美徳でしょう。
今日も感動する記事に接する事が出来感謝しています。

URL | ginrin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは~。

実際に歩かれて歴史を感じながら・・色々な思いになりますね。
充実した時間がとてもよく伝わってきました。
またまた勉強になる記事をありがとうございました♪

URL | - ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s208.gif">二宮尊徳のほうは我が国のあちこちに銅像が立っているゆえ著名な人物ですが、慈隆和尚のほうは知名度が低い?と捉えております。
それでもお二人の墓は仲良く並んで立っている。ここに相馬人の慈隆への只ならぬ尊敬を感じます。
お二人とも近世の相馬を救ったには違いない人物であり、今でも慕われている証と承りました。

https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s209.gif">志賀直哉の祖父と師匠である二宮尊徳の関わりは阿川弘之氏「志賀直哉」に詳しく紹介されています。このあたりはさすがに野間文芸賞を受賞しただけあると受け止めております。
ご自身に於かれましてはいつも暖かいお言葉を頂戴し感謝しております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
この丘の一番高いところに墓がごさいますが、この二人に対する相馬のかたの崇拝振りがうかがえる墓の造りと受け止めております。
当然ですがこの二人には多くの弟子が仕えました。
凡人の某には遠い存在にごさいますが、やはり歴史に名を残した人物はどこかが違うと捉えております。
ご自身に於かれましてはいつも格別なお引き立てを頂き大変感謝しております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ginrinさん
多くの小学校で尊徳(金治郎)の銅像は一時撤去されたりまた戻ったりしているようです。
実は今の住まいが近い亘理小学校の校庭でも金治郎の銅像を見かけました。
百姓に学問は不要と言われた時代に黙々と働きながら本を読む姿勢、これは非常に尊いゆえ、彼の銅像の撤去はしてほしくないと受け止めております。
貴兄に於かれましては、いつも暖かいご配慮を頂き感謝しております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> hana*さん
やはり相馬のような小藩が生き残るのは大変なことと捉えております。それゆえ、偶然に見つけた二人の墓に何か引き込まれるものを感じました。
尊徳の爪の垢を煎じて飲み、いくつになっても勤勉を尊ぶ精神は持ち続けたいと存じます。
ご自身に於かれましてはありがたいお言葉を頂戴し感謝しております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)