FC2ブログ
戦国の世に垣間見る黒木城の数奇な運命
一昨日の5月31日、相馬市北西の郊外にある黒木地区を訪ねた。主な目的は黒木城跡地を訪ねることである。相馬駅方面から県道228号線を北西に約3キロ強ほど行くと小高い丘(写真中央部:実際は比高10メートルにも満たない)が視界に捉えられる。

相馬市街地から黒木城城跡に向かうにはこの黒木郵便局が大きな目印となる。

広域航空写真で位置を確認して頂きたい。(約1.8倍に拡大可能)
赤:黒木城跡
黄色:中村城跡
オレンジ:駒ヶ嶺城跡

黒木城は平城ゆえに地上からその全容を捉え難い。(約1.8倍に拡大可能)

現在、城ノ内には二件の民家が存在するが北側の家を訪ねたところ、親切にも文献を拝見させて頂き、いろいろとご先祖様の由緒をお教え頂いた。同家は一年に一回、今でも一族のサミットを行う名門の家柄と聞き及んだ。同家の由緒はなんと南北朝時代に遡るが同家と黒木家の関わりは今ひとつわからなかった。

但し、これだけで一つの研究テーマになりそうなほど奥行の深さを感じた。これは同家敷地に現存する往時の黒木城の堀跡とのことであった。

以下城郭放浪記より引用
築城年代は定かではないが建武年間(1334年~1338年)に黒木大膳亮正光によって築かれたと云われる。

黒木氏の発祥は定かではないが、在地土豪説あるいは北畠顕家家臣説があるという。建武3年(1336年)黒木入道一党が南朝方として挙兵し、霊山城落城後も南朝方の防衛拠点として北朝方の攻撃を防いでいる。その後中村城を本拠とする中村氏と対立しつつ相馬氏に属する。そして黒木弾正信房の頃には中村城に弟黒木大膳義房(中村大膳)を置いて宇多郡をほぼ支配するに至る。

しかし、天文年間(1532年~1555年)に至り、伊達氏の天文の乱で伊達晴宗に組した黒木氏は伊達稙宗方の田中城を攻めて失敗し相馬盛胤、義胤父子に滅ぼされ、黒木弾正は伊達輝宗臣下となり岩出山に逃れる。

相馬氏は青田信濃顕治を城代して置いたが、永禄6年(1563年)青田氏一族が離反して伊達氏に走り、代わって相馬三郎胤乗、続いて黒木中務宗元が城代となったが、天正4年(1576年)黒木中務は弟堀内四郎と謀叛を起こして伊達輝宗の元に走った。
その後城代となった門馬上総介貞経は天正18年(1590年)駒ヶ峯城奪還戦で中村城代相馬隆胤などとともに討死して佐藤丹波信綱が城代となったが後に廃城となった。

※想像図は余湖様のHPより転載可を確認の上掲載。
B地点は廃城後に埋め立てられた平地と思われる。厳重とも言える幅の広い二重の外堀の中には蜘蛛の巣状に張り巡らされた幅の狭い堀が複雑に配置される。比高10メートルにも満たない平城はいつ落城してもおかしくない。従って、このあたりは城と運命をともにしなければならない城主の悲壮感にも似た心の叫びを感ぜずに居られない。

相馬側の城主の数度にも渡る伊達への寝返りの心理を推し量るに、平城の定めとも言えるこの城の防御力の低さは密接な関係があったのではないだろうか?

航空写真から想定した外郭~外郭は東西で約300メートル、南北で約330メートルと推定される。(約1.8倍に拡大可能)

私は城の西側を歩いてみた。余湖様の図で言えばB地点に当たる部分である。林の途切れる左の部分には或る地蔵が祀られていた。

地蔵の前にある説明書きと城の配置図は経年変化ですっかり色褪せていた。地蔵はこの説明書きの陰にひっそりと祀られている。

通称「ぽlっくり地蔵」、付近の人の話によると一人逃れた黒木弾正の残された家族(女子供)は相馬側の闇討ちに遭い、多くが斬殺されたという。ぽっくり地蔵はこれに対する供養とされる。

相馬駅に戻る際、私は中村城の方角を遠望に及んだ。民家の庭からはウグイスの囁きが聞こえる。心地よい薫風が半袖から覗いた二の腕を撫でた。これは海に近いゆえの浜風が為せるものなのだろう。

道が続く限り田の畦をどこまでも歩こう。栄枯盛衰は人の世の定めなれど、往年の黒木氏は中村に至るこの道をどんな心境で望んだのであろう?周囲の現在の長閑な田舎ぶりは戦とは縁のない佇まいゆえ、寝返りが頻発した往時の定め(弱肉強食)に因果応報を感じた今回の訪問であった。
関連記事

コメント

No title

平城というの、一種の砦みたいなものなのでしょうかね…。。。でも、大きさからいえば、城主家臣が定住していたのですかね…。。。

石垣等も無かったのでしようか…。。。敗れても戦の都度に造り直されたのかもしれませんね~。。。

今日もいろいろ勉強になりました。ありがとうございました…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
今は長閑な所に見えますが。この時代は群雄割拠というか。殺すか殺されるかの時代でもあったようですね。沢山の血が流され今がある。そんな気がします。ある意味今が一番落ち着いているのかなと感じた次第です。勉強になりました。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おばんです。
黒木城は、小さな城故、生き残るために伊達、相馬の間を行ったり来たりしたのでしょうか・・?
戦国の世は、やはりたいへんな世の中だったようですね。

ぽっくり地蔵・・・悲しい出来事があった場所のようですが、今でも花を手向ける方がいるようで亡くなった方々も癒されているのではないでしょうか。
今日も素晴らしい記事をありがとうございます。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
この平城の複雑に巡らされた堀に驚いています。ここに城主となった者の只ならぬ恐怖感(いつ攻め落とされるかわからない)を推し量るものにごさいます。
貴兄に於かれましては、感想をお寄せ頂き感謝しております。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
貴兄の仰せの通りこの血では多くの血生臭いことが繰り返されてきたと踏んでおります。
目を閉じると今でもつわものどもの怒号が聞こえてきそうな気が致しております。
某は相馬かたの多くの武将が伊達に寝返ったことに強い衝撃を受けています。
ここに歴史の普遍性を感じます。
貴兄に於かれましては、いつも暖かいお言葉を頂戴し感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
戦国の世に生きる武将はいかに厳しいものだったのか、十分理解できたこの日の探訪にごさいます。
この平城には異常なほどに複雑に堀が巡らされています。ここにこもった者は恐らく大変な恐怖だったと思います。
寝返るしか生き残る道がないとなれば、彼らの心境がよくわかります。

貴兄に於かれましては、ありがたい感想をお寄せ頂き感謝しております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは。
城後の図をみると、複雑な感じがしますが
詳しい方がみると防御力の低く感じるのですね。
寝返る事は当時、いつ起こるかわからない選択だったのでしょうが苦しさを感じます。
今の場所は平穏な感じがしますが当時の事も
随所で思い出されますね。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

過ぎ去ってみれば、何の為の戦だったか?という事も有るのでしょう?。
劣勢と見れば、機を見て敏!とばかりに大樹に寄り添う人も・・・。
50年の間、戦をしていない年の方が少ないという、戦ばかりの時代に生きた人たちが、現代のこの景色を見たら、なんと思うのでしょう。
ミックさんの歴史探訪の日記を拝見させていただいていると、
色々な事を考えさせられます。いつもありがとうございます。

URL | シャーロック2013 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん
まさに往来の要所のような場所で激しい
つばぜり合いが続いた場所なんですね。
この城は自然の土地の形をうまく利用して
出来ているのを感じました。
詳細な資料に感服しました。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

由緒ある家柄の方は、興味を持って話を聞いてくれる人の存在を嬉しく感じていらっしゃることでしょうね。
長閑な風景の土地にも、悲しい過去があるのですね。
今日もまた、知らないことを教えていただきありがとうございました。

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
防御力が低いと感じたのは某の直感にごさいますが、根拠として
https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s208.gif">兵糧攻めや水攻めに弱い。
https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s209.gif">標高もなければ、館に石垣がない。
という点にごさいます。黒木弾正は伊達に寝返ろうとしているうちに相馬から闇討ちに遭ったとされますが、ここに強者、弱者の縮図を見る思いが致します。
長いものに巻かれろという言葉がありますが、黒木城跡は戦国武将の生き残りの厳しさを如実に物語る激戦の跡と受け止めております。
ご自身に於かれましてはいつも暖かいお言葉を頂戴し感謝しております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> シャーロックさん
ご自身に於かれましてはつい最近フランス国歌La Marseillaisehttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s436.gif">に感想を頂いたばかりにごさいますが、これは遠い国の出来事に非ずと受け止めております。
それは我が国に於いて多くの古城や古戦場を訪れる都度、今日の和平の陰には如何に多くの血が流されてきたかを実感する由縁にごさいます。

ご自身に於かれましてはいつも記事の深層部に迫る考察(高察)を頂ききました。歴史関係の記事はモチベーション低下https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s236.gif">との戦いに常に晒されるゆえ、追い風になるお言葉を頂戴し感謝しております。
本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
最初、この館跡を見て標高のなさに驚きました。従って防御力を少しでも上げるために堀を複雑に張り巡らせたと受け止めております。
相馬側から伊達への寝返りは我が国の多くの史実と共通するものを感じています。
小豪族が戦国の世で生き残る厳しさを改めて実感したこの日の探訪でした。
貴兄に於かれましては、いつもご理解を頂戴し感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
結びの言葉を「群雄割拠の戦国の世の因果」としたのは、世の中の栄枯盛衰ぶりを暗喩した由縁にごさいます。
転じて「現代人の環境である和平はけして得たものでなく、尊い先祖から授かったものである。」という心境に至るべしと捉えております。
ご自身に於かれましてはいつも格別なお引き立てを頂き大変感謝しております。
本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。

相馬の伊達への寝返りが何度も繰り返されたとは、驚きました。
戦国時代は、大変な時代だったのですね。
「ぼっくり地蔵」のいわれ、余りにも残酷なお話しですね。
しっかり供養したい、そう思いました。
私には遠すぎて出来ませんが、よろしくお願いしたいです。
この日、こんなに沢山のお花がお供えしてあって、嬉しいですね~!!
今日も相馬を知ることが出来て嬉しいです。
ナイスhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s317.gif">

URL | Rain ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> Rainさん
長州にお住まいのご自身からこのようなコメントを頂き感謝しています。
某の先祖はかつて長州と敵対した仙台藩にごさいますが、今はラグビーで言う「ノートライ」と受け止めております。
ご自身とは今後も意義のある交歓を望んでいます。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

黒木19代目です。読ませて頂きました。小さい頃に黒木城跡には一度足を運んだことがありましたが、そういった歴史があることは知りませんでした😵近々20代目と探訪します。

URL | 黒木 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 黒木さん
初めまして。某は仙台在住ながら相馬郷土研究会に所属し、史実を追いながら歴史エッセイなどを執筆しています。創作に携わる者としてそのような読者様のお声掛けは大きな追い風になります。
誠心誠意頑張りますので今後とも宜しくお願い致します。本日は心暖まるお言葉を頂戴しました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)